Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋なんてひとつあればいいんですよ。
一億円を渡すのはどうかと思いますが、
まあ、男ならありますよ。なぜ今ごろ、不思議だなあ。
女性も女性だし、みなさん、遊ぶときはスキッと遊びましょう。
ぼくは急性蓄膿症が完治せず、頭痛が少し、スキっとしません。

ぶらっと遊びにいった『ラムジーズ』でフォルヒの廉価版の
ドレットノートをみつけましてね、空きっ腹にひびくチェコのギター
の低音に一時的に恋をしたり。恋なんてあちこちに転がってますよ。
でも本当の恋なんていうものはひとつでいいんですよ。
ひとつあればいいんですよ。


ほーぼー
ペニーレインでバーボンを。
パンでも買おうかと平岸街道を歩いてますと、
今、自分がなにをしていて、本当にこれでいいのかと、
なんだか少し面倒になりましてね、
からっと乾いた8ビートに乗っかって空のむこうに飛んで
行きたくなりましたよ。好き勝手なことを言いながら。



拓郎が乗りに乗っていた時代の曲ですね。
このあたりからどこの街でもペニーレインという飲み屋が
できはじめました。北見のペニーレインにタラちゃんという女性
バーテンがいました。階段の踊り場でいきなり「スキだす!」
と言われ、「ぷっ!」と吹き出し笑ってしまった少年HOBO。
次の日からタラちゃんは店に来なくなりました。


ほーぼー
リスクをしょえない人は幸福を選択する資格なし。
思えばぼくはリスクとともに生きてきました。
いちばんの親友かもしれませんね。
一歩踏み込もうとすればかならずそこにはリスクがつきもの。
たとえばひとを愛すること、駆け落ちでもするような勢いのひとは
社会人としては道を逸脱しているのかもしれません。
なりふりかまわず周りに迷惑心配をかけてでも愛するひとの
そばにいたい。一緒になってもいい家庭が築けるかどうかはなんの
保証もないのです。

なにかを始めようとするとき、たとえば支障面ばかりを並べ
前に進めずそれを他人のせいにし文句ばかり言っている人がいます。
そこまではできない、そこまでしてやろうとは思わない、
最後には幸福になんか興味がない、なんて言う具合に開き直る
わけです。
お金がある人が「金だけが全てじゃない」といえばカッコいい。
学歴のある人が「学歴が全てじゃないですよ」と言えば説得力がある
わけです。まったくもって貧乏臭いんです考え方が。

お腹がかなりでてきましてね。
でも中につまっているものがちがうんですよぼくの場合。
ため込んだ愚痴だとか妥協することだとか折り合いをつけること
だとかそんなセコいモノが詰まっているお腹ではないんですよ。
54歳になりましたがね、ぼくは平気でリスクと向き合っていますよ。
なんの保証もないどうなるかわからないがそれが自分らしい、
まるで子供のようなぼくですよ。社会のみちからはみでている非常識
ともいえるぼくは少年ですよ。お腹がでてもなかに詰まってものが
ちがうんです。

あのですね、
リスクをしょえない人は幸福を選択する資格なんてないんですよ。
そうぼくは思います。


ほーぼー
ライブのこと
24日のライブ映像、アップする予定はありません。
そのかわり、ギブアップです。


ほーぼー
トップセールスは感じが悪いからトップなのです。
感じのいい営業マンなんか信用しませんよ。
感じがいいだけではモノは売れません。
むしろぼくの経験から、感じの悪い営業マンほど満足を売って
くれるんです。
ここはなかなか理解に難しい誤解の多いコメントですが
ぼくはそう思います。
まちがいなくトップセールスは感じが悪いからトップなのです。
なにかご意見があれば、ぜひ!


ほーぼー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。