Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスクをしょえない人は幸福を選択する資格なし。
思えばぼくはリスクとともに生きてきました。
いちばんの親友かもしれませんね。
一歩踏み込もうとすればかならずそこにはリスクがつきもの。
たとえばひとを愛すること、駆け落ちでもするような勢いのひとは
社会人としては道を逸脱しているのかもしれません。
なりふりかまわず周りに迷惑心配をかけてでも愛するひとの
そばにいたい。一緒になってもいい家庭が築けるかどうかはなんの
保証もないのです。

なにかを始めようとするとき、たとえば支障面ばかりを並べ
前に進めずそれを他人のせいにし文句ばかり言っている人がいます。
そこまではできない、そこまでしてやろうとは思わない、
最後には幸福になんか興味がない、なんて言う具合に開き直る
わけです。
お金がある人が「金だけが全てじゃない」といえばカッコいい。
学歴のある人が「学歴が全てじゃないですよ」と言えば説得力がある
わけです。まったくもって貧乏臭いんです考え方が。

お腹がかなりでてきましてね。
でも中につまっているものがちがうんですよぼくの場合。
ため込んだ愚痴だとか妥協することだとか折り合いをつけること
だとかそんなセコいモノが詰まっているお腹ではないんですよ。
54歳になりましたがね、ぼくは平気でリスクと向き合っていますよ。
なんの保証もないどうなるかわからないがそれが自分らしい、
まるで子供のようなぼくですよ。社会のみちからはみでている非常識
ともいえるぼくは少年ですよ。お腹がでてもなかに詰まってものが
ちがうんです。

あのですね、
リスクをしょえない人は幸福を選択する資格なんてないんですよ。
そうぼくは思います。


ほーぼー
ライブのこと
24日のライブ映像、アップする予定はありません。
そのかわり、ギブアップです。


ほーぼー
トップセールスは感じが悪いからトップなのです。
感じのいい営業マンなんか信用しませんよ。
感じがいいだけではモノは売れません。
むしろぼくの経験から、感じの悪い営業マンほど満足を売って
くれるんです。
ここはなかなか理解に難しい誤解の多いコメントですが
ぼくはそう思います。
まちがいなくトップセールスは感じが悪いからトップなのです。
なにかご意見があれば、ぜひ!


ほーぼー
なんてオモロくない日曜なんだ。
 プロ野球はセパ交流戦、いまやってますよ。今日は機嫌が
悪いんですよ。キライなよさこいでワガモノガオばかりだし、
マナーが悪すぎるんですよ、全員だとは言いませんがね、
よさこいに夢中になるひとはある意味〈人種〉だと思います。
ナニナニ系っていうんですか?好き嫌いが完全に分かれる
イベントですよ。だいいちなんで〈よさこいソーラン祭り〉
なんでしょうか?あれは祭りじゃないですよ、お祭り騒ぎです
けど。〈よさこいソーランコンテスト〉とか、〈よさこい
ソーラン大会〉だったらわかりますよ。北海道人の7割ぐら
いが反対してるとききますが、まあどうでもいいですわ。

 セパ交流戦は我が巨人軍が首位ということで気分はそう
悪くはないんですがね、それでも原監督のオヤジ顔が最近気
になりますねえ。メガネがセンス悪すぎですよ。落ち着いた
らオモロくないんですよ。それと、なんで亀梨だかなんだかが
解説やってるんでしょうねえ?わけわからんですよ。江川だっ
て、このまえ齋藤ユウキ投手を「息のながいいい選手になる
でしょう、いい選手です」なんて言ってましたが、さすが
元祖公務員投手江川卓ですよ。けして無理をせず無難に渡る、
それこそ野球を仕事だからやってるひとと、生き方として
本能でやってる選手とではオモロさがちがうんですよ。
江川やユウキに言わせれば、見ている人のオモロさより、
自分の安定なんだと思います。江川はユウキの比ではないいい
ピッチャーでしたがタイプ、カテゴリーは同じなんだと思いま
すね。ミスター長嶋さんなんかは、そんな感じしませんでした
よ、ただ好きだからやってる少年みたいでした。なんかオモロ
くないなあ。オモロいことないかなあ。オモロいことってなに
かなあ。子供の集団に投票したりこの国の大人たちはオモロ
くないですよ。儲かればなんだっていい日本という国はオモロ
くないですよ。あ~、オモロくない、なんてオモロくない最低
な日曜日ですわ、ほんま。

あ~あ。


ほーぼー
なにげにそっとパスしてください、ここ。
わたくし、
とりあえず病院の外に出ました。
心配してくださったみなさまにはなんとお礼を
申し上げたらいいのやら。
ライブにむかってごーごーですが、全曲半音下げで
いこうと思います。
おそらく24日のライブは震えるような叫びを
聴くことができるはず。ぼくは魂のかたまりになったのです。
そろそろナイロン弦を張り替え、乙山さんのいうように
カラオケボックスに入り浸ろうと考えていますよ。

じつはぼくがコーヒー屋をやるときに豆を焙煎してもらおうと
思っていたマスターも膵臓がんと戦っています。
抗がん剤と放射線、大変だろうと思います。
でもぼくはお見舞いにも行かないし激励の言葉も贈るつもりは
ありません。
なぜ?って?
泣いてしまうからですよ。
わかりますから、かれの気持ちが。
でももしもぼくがもう一度入院することがあったら、
みなさん、一度だけ顔を見せにきてください。

ぼくはまた飛んで歩きますよ。
できるだけビートルに乗って子供たちのおうちまで。
笑顔がいちばん似合う明日のぼくは、
まあるいメガネです。

ははは
みんなありがとう!


ほーぼー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。