Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OLD SONG
22歳の時に書いた作品です。
声が若いというか未熟というかお恥ずかしい!
こんなHOBOもありでしょうかね?
演奏、歌、全部当時のままです。
古いカセットテープからakkiが復活させてくれました!





MY HOME TOWN
  詞•曲•歌 Mr.HOBO


仕事が終わりベルが鳴ると
あの娘の待ってる店へ行くのさ
作業着のポケットにしまい込んだ愚痴たちを
今夜あの娘の前で一つずつ消していくんだ
あの娘の笑顔で

オイラの働く小さな工場は
街のはずれの川のふちにある
ここではオイラも動く機械のネジさ
社長の顔色を気にしながら生きてる
貧しい心で

このままじゃイミテーションの指輪も買えない
ささやかな夢さえ押しつぶされる場所さ ここは

I'm going out of my mind
いつかここからきっと
I'm going out of my mind
さよならだね my home town



あの娘はオイラの夢の叶う日を
自分のことのように待ち続ける
だからボス!オイラはそこにはもう戻らないよ
あんたの子分どもにヨロシクと伝えてくれ
貧しい心で

このままじゃイミテーションの指輪も買えない
ささやかな夢さえ押しつぶされる場所さ ここは

I'm going out of my mind
いつかここからきっと
I'm going out of my mind
さよならだね my home town

このままじゃイミテーションの指輪も買えない
ささやかな夢さえ押しつぶされる場所さ ここは

I'm going out of my mind
いつかここからきっと
I'm going out of my mind
さよならだね my home town

さよならだね my home town

さよならだね my home town

さよならだね my home town






コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/07(水) 22:51:07 | | #[ 編集]
こんばんは。
何十年も前の楽曲とは思えませんね
いいものは、時を経ても光る
詩の内容と反して曲調はビートがありHOBOさんの歌唱力、HOBOさんの独特の感性が見えてきて
いいものは いいのですね
 ゆっくり 聴いてみます
 また、感じたことコメント致します
2009/10/07(水) 23:19:57 | URL | t.gray #-[ 編集]
t.grayさんへ
お恥ずかしい。
こんな時もありました。
でも、多感な時期に書いた作品はいろんな意味で
尖ってる。ひくところがなくて疲れますね、聴いてて。
早いものです、30年。ぼくの歌たちも歳をとる。
いくつもの場面がよみがえります。懐かしむだけの過去は
いらない。ここから始まる歌こそがぼくのブルースだ!

HOBO
2009/10/08(木) 01:08:06 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/08(木) 02:42:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/08(木) 14:21:11 | | #[ 編集]
DVD で来ましたので...
ご希望があれば HOBOに言って下さいませ
2009/10/09(金) 01:55:25 | URL | akki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/09(金) 21:59:16 | | #[ 編集]
やはり言葉を大切にするロックンローラーだったの
ですね。どこか当時のフォーク出身のひととはちがう
頑固なルーツが見え、頼もしいかぎりです。骨がある
というか、らしいというか、わたしたちの年代にはたまらな
いスピリットがあります。あなたのまわりに強力なスタッフ
がつけば、今からでもいけるのではと思ってしまいます。
若いものに灸をすえるつもりで、がんばってほしいと
思いますね、本気で。すばらしい。そしてありがとう。
ソングライティングの力は才能でしょうね。
2009/10/09(金) 22:39:50 | URL | ハリー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/09(金) 23:03:00 | | #[ 編集]
おお~!いいですねえ!
若々しい声。鮮やかな演奏。
そして何より、曲がまたいいですねえ。
歌詞も若い反逆心に満ちている。
HOBOさんの原点を見せていただいたような気がしました。
今の、大人になって、数々の悲しみや喜びを知った、
渋みのある歌を書かれるHOBOさんもすてきですが、
その底に、こういう時代があったのですね。
この心を失くさないでください。と言うと生意気なようだけど、
自分への反省も込めて、敢えてそう言わせていただきます。
肉体や周囲の状況が老いていくのは仕方がないけれど、
精神の若さは失っちゃいけないと、あらためて思わされました。
聞かせていただいて良かったです。
鮮やかです! 
2009/10/18(日) 22:18:00 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん
スピリットだけで生きているHOBO。
昔見えなかったものが今見えますよ。ぎゃくに昔見ようと
していたものと今見ているものの差がないか、そのことを気
にしながら生きてます。モノ作りに妥協はなく、さらに執着する
HOBO。あした見る夢の色は今日の自分が決めるのです。
いつもありがとうございます、彼岸花さん。

HOBO

2009/10/19(月) 02:13:32 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。