Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MATON GUITARの実力
 経緯は話せないが、あこがれのMATONのギターを手にいれた。808ア
ーティストというモデルで、ピエゾとマイクをブレンドできるタイプのエレ
アコだ。ぼくは今まで後付けのピックアップを好きなギターに取り付け、そ
こそここんなものかと思いながらやってきた。最近のピックアップの実力は
そうとうなもので、当時、バーカスベリーをガムテープで貼付け、ハウリン
グの連続というPA泣かせの時代は終わった。とにかく最近のピックアップは
どのメーカーも素晴らしい。
 
 いつもは何本かのGIBSONラウンドショルダーにフィッシュマンのブレン
ダーを取り付け、やはりそれもマグネティックとマイクをMix。
エアー感のあるナチュラルな音にわりと満足。インブリッジのピエゾだと音
がプリプリしてどうしてもタカミネやオベーションのいやらしい音を思い出
し、やりきれない。プリアンプの現状を考えると使えないこともないが、耳
につくプリプリはどうも。思うが、ライブで使い倒すならエレアコに軍配が
あがると思っているぼくはまだまだアマいのだろうか。

 コールクラークのギターにしてもMATONのそれにしてもルックスの好き
嫌いはさておき、出音は非常にナチュラルだと思う。もともとギターはバカ
みたく鳴る必要はなく、バランスの良いギターのほうが扱いやすい。最近の
フィンガーピッカーたちのようにエフェクターを多用し、ギター本来の木の
温もりのない表現をぼくは好まない。できれば良質なコンデンサーマイクで
生音を録れれば一番だがそんな腕のあるPAマンは近くにはいない。箱に入り
、ギターにシールドをぶち込み、ガンっと一発という乗りの方が面白い。は
ね返りの早い硬質ではあるが独特なトーンをもつMATON 808、ぼくはもう
これなしでは生きられない、のりピー状態のギターライフである。

 おそらくオーストラリアの自然環境のなかで、木材のセレクトについては
自国独特のこだわりは感じ取れる。MATONやコールクラークはポリシーの
あるメーカーだ。ジャックジョンソンやベンハーパーが使うMATONの音を
聞いて、良い音だと感じるひとはいるだろうか?良い音というよりは独特な
トーンももつギターというイメージか。ぼくはこの、人の声のような出音が
たまらなく好きなのだ。低音が少しつぶれ、針金のような不器用な音のする
高音。鈴のような音のするMARTINよりも針金の音の方がそれらしくていい。
 先日、親友GONと食事したが、かれはこう言った。「メーカーや値段は関
係ない。良い音を出そう思うこころと技術があれば、聞く人を感動させられ
る」と。弘法筆を選ばずといったところか。たしかにライクーダーにしても
デビッドリンドレーにしてもメーカーのわからない日本のギターを使ったり
する。筆を選ばずではない、きちんと選んでいる。こだわるところはメーカ
ーや値段ではないとGONは主張するのだ。

 ぼくは高いモノがほしいわけではない。自分だけのトーンがほしいのだ。
プカプカのなかに出てくる男好きな喫煙女じゃないが、ぼくは周りの人がな
んと言おうが、あいつはやめとけと言われようが、ぼくにとって必要なトー
ンだと思えたらそれを手にいれるだろう。好きな女が泣いているトーン、笑
っているトーン、いつもぼくのそばに置いて、ぼくだけの君でいてほしい。
ぼくの横にあるMATONをながめ、「末永くよろしく」と、こころの奥でそっ
と手を合わせるHOBOだった。

 きみにとってぼくは
「きみだけのトーン」なのだろうか。

コメント
この記事へのコメント
ふむふむ...ふむ...
GONらしいかもね
俺は考え方がそうじゃないけどね
人それぞれで良いと思うけどさ
自分的には 女性と一緒かな?
こんなこと言ったら非難浴びそうだけど
誰でもよいわけじゃない
まして 値段じゃ メーカーでもないさ
スタイルや 顔じゃない 
ただ そこには 彼女にしかない
個性があるわけだ ギターにだって
一本一本個性があるわけで
どれが良いとは言わないけれど
どのギターが好き 自分の音ってのは
そのギターじゃないと出せないものがあると思うし
実際ギターを変える事によって
曲のイメージが変わったり
創る曲も変わったりする事もある
新しいイメージが わいたりするのも確かなのだ
決して否定はしない 一本のギターで
すべてこなせるのだから...そうも思う時もある
でも
妻は一人で良いが 
個性豊かな素敵な音色の女性に包まれて
居たいのかな~? ぎゃ 本音
この曲にはこのギターって
この曲にはこの女性のイメージが合うで
決して浮気ではないのだ セレクトなのだ☆
2009/09/03(木) 22:19:28 | URL | akki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/03(木) 23:56:31 | | #[ 編集]
ふむふむ
ヴインテージギターはお婆ちゃんだな。笑
枯れてて。
ただギターからみれば、弾いてもらいたいんだと
思うな。それにしても単板のギターは育つと思う。
毎日鳴ってくるのがわかるもの。このMATONは
当たりだ。かみさんにブログ見られたら怒られる
ぞー!笑  修羅場だ。

2009/09/04(金) 00:05:47 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/07(月) 23:56:36 | | #[ 編集]
ロマンティックなエッセイですね。
まるでロバートウエラーの書く文章のようで
ちょっとびっくりしました。
2009/09/08(火) 10:03:39 | URL | banban #-[ 編集]
banbanさん
ロバートJ ウォラーのことでしょうか?
であれば嬉しいです。かれのエッセイには何度
泣かされたかわかりません。なにげない日常を切
りとったかれの文章には影響を受けていると思い
ます。
いやー、さすがですね。
ぼくもチョットびっくりしました!
2009/09/09(水) 00:21:27 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。