Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミュゼットという音楽。
 ぼくの会社の前に流れている創成川をひょいとまたいで歩いて
いると夜な夜なこんな音楽が聴こえてくるんですよ。



〈ミュゼット〉フランス地方の大衆というか、民族音楽っていうんでしょうか?
演ってくれているのはみんな主婦、らしいです。
やってくますよねえ、好きなんでしょうねえ、フランス。
技術がどうとかあーだのこーだの言いませんが、なんか楽しい。
札幌にこんな店があるんですよ。


ほーぼー
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
HOBOさん。おはよう。
おかげんいかが。

これ!これね!同じ曲じゃないんですけれど、
毎日のように私が行く、大きな綺麗なスーパーに、こういうのがかかってるの。
新しく出来たところで、大きな駐車場があり、ショッピングモールというほどじゃ
ないけれど、いろいろな施設がある。
そこにいつもこういう曲がかかっていて、フランス風ということはわかるんだけれど、
なんて曲かなあっていつもいつも思ってました。
これ聴きながら、店内を回っていると、とってもこころ楽しいんだけれど、同時にまた
なんとも言えない、なんというんでしょう、叶えられない憧れに似た悲哀感、
せつなさのようなものに全身が包まれて、いつも、胸がきゅんとします。
自分でも家で探し出して聴きたいなあ、と思っていたけれど、どういう種類の
音楽と言って探せばいいのかずっとわからないでいました。
それがHOBOさんのおかげで、今わかったわ!
ありがとう、HOBOさん。
…こんなお店、あるんですね。^^
2012/06/03(日) 10:36:36 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん
そうなんです!
この雰囲気がたまんないす。
フランスが好きなんでしょうねえ。においがありますよ。
アコーディオンとこれはオーボエですか?クラリネットか、、
おのおのチューニングをわざとずらすようなことをするようですね。
そして楽曲につけられているタイトルがまたいい、
〈ミステリアスな女〉とか、〈最後の最後〉とか、
雰囲気ありますねえ。
この楽器構成でアコースティックなライブができたらいいなあ、
なんて考えてしまいます。表現とは奥の深いトライだと思います。
音楽はいい!


ほーぼー
2012/06/03(日) 18:31:38 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。