Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギターの弦について。
 HOBO、ギターの弦については正直あまりこだわりはないのです。
毎日ステージをやってたころは頻繁に弦も交換しましたが、最近は張りっ
ぱなしのほったらかし。ギターは湿度の管理さえしておけばいいと。
甘やかすとクセになりますから、しかし常に触ってやらないと鳴らなく
なるので困ったものです。なんか女性と似ているような気がしてなりま
せん。
 ギターは弦の音ではなく木の音がするんですね。いや、実際は弦の音
なんですが鳴っているのは木であるべきなんです。というかぼくは好きなん
ですよ。だから控えめな音のほうが優雅な感じがしますし、ギシギシして
いるのは疲れてしまいます。まあ、なんていうかそのお、フォスフアー
ブロンズよりブロンズ弦のほうが好き、なんていうかそのお、温かい音
がするからです。フォスファー弦は派手な音がしますが、なんていうかそ
のお、深みがないような気がします。あくまでも個人的な意見ですので
ハゲじじいなんて言わんといてください。

 なんていうかそのお、弦は古くなるとまずチューニングが合いにくく
なります。でもそのギリギリのところがとても美味しいというか、なんてい
うかそのお、死ぬ寸前の音がいちばんギターらしい響きなんだと思います。
以前になにかの本で読みましたが吉川忠英さんも同じようなことを言ってま
したね。弦はめったに替えないらしい。たしかに彼の演奏した録音などを
聴いても、なんていうかそのお、こもってるような音がしますもの。
また勘違いされたらイヤですから言っておきますがぼくは忠英さんのファン
でもなんでもありません。でも普通の弾き方ができる普通のギタリストという
意味ではけっこう好き。なんていうかそのお、ベーシックなワーゲンみたい
な。まあ、なんていうかそのお、素材がいいかどうか、そこなんですね。
鳴るギターは弦を選ばない。そんなふうに思います。
なんていうかそのお。笑



ん~、
山本潤子さんはいいですねえ。
そしてサポーターとしての忠英さんも、なんていうかそのお、
普通すぎる弾き方が素敵なんです。上手いひとは基本、弾かないんですよ。
ちなみに、今回はギターの弦の記事でしたから書きますが、いまのところ
ダダリオのEJ-11がよろしいのでは、と。


ハゲじじい
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
山本潤子はいいですね。でも、それだけでは追わなかった。こお曲の後のYouTubeは「イムジン河」、「友よ」・・・、と続いているんですよね。岡林の「山谷ブルース」は最高でした。
HOBOさんの弦と懐かしいフォーク、30分も滞在しちゃって・・^^; やっぱりフォークが漂っているブログっていいですよね。
2012/02/27(月) 19:20:46 | URL | しげちゃん #-[ 編集]
しげちゃんへ
おひさしぶりです、しげちゃん。
あくまでもどこまでも個人的な記事にコメント
ありがとうございます。まあ、なんていうかそのお、
アコギと歌って、安心するというか、いいんですねえ。
ギターは生きていますから、呼吸もしてますし、
感情もありますし、なにより手軽ですし。
最後まで共に生きるんだろうなと思います。
インフルエンザのあと気管支炎になったようで調子が
あがりません。しげちゃんも風邪ひかぬよう、気ぃ
つけてくださいね。
もうすぐ春、
まだすこし遠いかなあ。

HOBO
2012/02/28(火) 08:41:13 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。