Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリジナルのビートルなんてそうはない。
 レストアされたビートルはざらにありますがね、オリジナルの
ばんとしたビートルなんてそうはないんですよ。
 
 ぼくが空冷ワーゲンに乗り始めたころは本気で探せばヤナセ物の
いい個体があったんでしょうが、いかんせん専門のショップが北海道
にはなかったんですよ。インターネットなんかもそれどころか携帯も
なかった時代でしたからねえ。情報がない。富山からタイプ3を買って
きてみたら外側と中の色がちがっていたり床が抜け落ちていたりで大変
でしたよ。だからどうしても程度の悪いものを新しくするという発想
になるわけですよ、レストアですね。でもフレームアップする金も
ないですからせめて全塗装とついでにシートや内ばりを張り替えるぐら
い、でもけっこうそれでもこぎれいになったり。高年式、いわゆる
1968年以降のタイプ1をバケロク、6ボルトルックにしたりする
のが流行りましたがそれならホンモノの6ボルトがいいと65年を
買ったり、楽しかったなあ。でも結局、レストア、作ったものは新しく
なったように感じるがつまんないんですよ。ほら、ジーンズでも
革ジャンでもアンティーク加工したものが出ていますがあれは駄目。
いくら上手に加工しても所詮、歴史がつくった味とロマンは真似できん
とです。できるだけ当時の塗装やメッキのままで内装の生地にしても
ヤレていてもオリジナルの程度のいいのを探す。あるんですねえ、
たまに。

 昭和から平成に変わるぐらいから、並行輸入のワーゲンが日本にぞく
ぞく入ってきたんですよ。ほとんどがカリフォルニアカーとよばれる
アメリカ仕様のもの。気候が日本とちがいカラッとしていますから、
サビがほとんどないんですね。1954年のオーバルウインドウを見つけ
てきまして好きなパールホワイト(Lー87)に色替えしたり。オーバル
にはパールホワイトなんかないんですがね、好きなことができるんですよ。
ここでいうパールホワイトというのは日本でいうパールが入っている白
ではないんです、田舎臭いアイボリーがかったいい純生色なんですよ。
エンジンなんかもガドロンのツインキャブにしたり1640ccにボア
アップしたり車高を落としたり、やったんです、いろいろ。でも仕上が
っちゃうとつまんない、愛着がわかないんですよ、つくりものだから。
例えは極端ですがほら女性にしても、整形美人は駄目ですよ。素材という
か、多少ブスでもオリジナルがいいんですよ。ごめんなさいね世の中の
整形美人サマ。そのまんまそれなりに歳を重ね、磨きこんだ美しさには
かなわないのですよ。

 例えばHOBO、最近は高年式のビートルを探してまして、74年までの
ヴォルフスブルク工場で作られた1200スタンダード。67年から
73年までのシングルバンパーの1200でもいいんですが、まあ、
個人的には1974年のビックテール、プレスバンパーがいいなと思う
んです。1200スタンダードというのはもともとワーゲンの廉価版とい
うか、当時100万円以下で買うことができた入門編というか、シンプル
なモデルなんですよ。内装なんかもちんけで鉄板のむきだし部分が多く、
ボディーのモールや窓枠のゴム類なんかもそりゃあもう貧乏臭いというか
チープというか、いいんですねえそれが、シンプル伊豆ベストです。
実は74年だけのアイテムもありまして、黒いバンパーだとかフロント
のダッシュが鉄板だったり、ですからビックテールとプレスバンパー、
ダッシュ鉄板の組合わせは1974年だけなんですわ。
ぐわははは。

 あったんですよ、それが、某所に、某所にですよ。オリジナルですよ。
サビもない、改造もなし、色替えなし、欠品なし。なんて運がいいボク。
衝動買いだっ!またやっちまった!


HOBO


追伸です、
みなさん、オリジナルの良さってわかりますか?
もう40年も経っている個体ですよ。それがほとんどオリジナルのままで
残っているんです。だまって車庫に入れていても10年でサビはあがって
くるものです。もしもこのようなオリジナル車両があったとしたら、
どうでしょう?よほど大切に扱われていたこころの入ったものだという
ことなのです。〈こころ〉がなくただ放置されているものだとあり得ない
もの。〈愛情〉がこもったもの。そしてそれを受け継いでオリジナルを
維持していく責任。わっかるかなあ?わっかんねえだろうなあ。
ロマンなんですよ、それが。


こんどこそ
HOBO
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。