Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MATON GUITAR BANZAI
 「MATON」というギターのことについて書いてみたい。
オーストラリアのメーカーで、日本で言えばYAMAHAあたりの大手の
ブランド、しかし日本ではまだ知名度は低い。Tommy Emmanuelが使
用することで有名な、例のあの、傷だらけのギターがそうだ。ぼくは彼
のフアンでもなんでもないが、このギター、じつに素晴らしい音がする
のだ。
 オーストラリアのギターといえばCole Clarckも有名だが、そこの社長
さんがMaton出身で、たしかによく見ると似通ったところが多い。まず、
現地の木材を使用している、ピックアップの性能がすこぶる良い、作り
が悪い、等。最近の特に個人の制作家のギターのように、育っていく感
じはまるでなく、逆に手作業が少ない分、製品のばらつきは無いのかな、
と感じた。あくまでも「道具」として使い倒すなら、手持ちのギターに
後付けのピックアップをどれにしようかあれこれ迷うより、ぼくなら、
Maton EBG808 ARTISTか、EMGAというモデルにする。実際、いつも
アドバイスをいただいているラムジーの店長さんにお願いし、取り寄せ
てもらい弾いてみたが、正直ビックリした。だれが弾いてもいい音がす
るギターではない、弾き手を選ぶ不思議な個体。ヘタッピが弾くと申し
わけないが、国産の5万円と変わらない難しいギターだと思った。

 ぼくは正直、この808 ARTIST に参っていて、毎日カタログ持参の
不良会社員と化している。欲しくてたまらない。EBG 808 TEというTo
mmyのシグネーチャーがあるがそれはNOセンキュー!誰かのシグネー
チャーは大嫌いで、たとえそれが大好きなクラプトンのMartinでも興味
がない。
 ボディー厚がドレットノートと同じぐらいあるから、00サイズから
は考えられないパンチの効いた音がする。Micとピエゾがブレンドできる
優秀なピックアップ、類を見ない正確なピッチ。この808ARTIST、ぜ
ひ、ラグタイムブルースを転がしてみたいものだ。チープでありながら
主張が強い実に魅力的なギターに出会ってしまった。


 BEN HARPERの弾くMaton CW80の音を聴いてみるといい。色んなギ
ターを所有したことのある人ならわかると思うが、本当の音とはシンプ
ルさにあることに気ずく。弾き手を選ぶ難しい楽器、上等じゃねぇか!

 欲しいな、これ。

 参ったな、HOBO。

 誰か買ってくれーッ!

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/06(木) 21:19:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。