Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dylan's Children
 Dylan's Childrenと呼ばれるアーチストをあげればきりがないな。
Bruce Springsteen、Neil Young、Tom petty、など切りがないので
もうよすが、日本人アーティストにしても、吉田拓郎、桑田圭祐、
佐野元春、尾崎豊、浜田省吾、Mr.HOBO、これまた切りがない。
 それはDylanの影響下にあるということ、また、スタイルの継承、
尊敬を表明するといった意味があると思うが、どちらにしても彼の
与えた影響は計りしれない。そうだそうだ、Jackson Browneもそう。

 最近、オーストラリアの音楽に凝っていて、Jack Johnsonが好きと
いうこともあり、かれのブレーンの音楽を聞きあさった。
Ben Harperはデビュー当時から注目していたし、G.Loveなんかとても
カッコいい。ある意味、どれをとってもDylanのスタイルを継承していて
笑ってしまう。要するにぼくはこのスタイルに憧れ、これからもそうで
あろう、尊敬を越えた域にある。

 Pete Murrayもぼくが愛してやまないシンガーで、Cole Clarckのギター
を抱えやさしくシャウトする。そのスタイルにぼくはちょっとポップな
Dylanを見るのだ。

 ぜひ、かれの「Saving Grace」を聴いてほしい。




コメント
この記事へのコメント
安心するね。。。
ああ~落ち着いて聞けるね~!
これ以上おとなしくもなく
ウルサくもなく シンプルでいいね☆
彼自身の youtube channelには驚いたね
2009/07/31(金) 23:05:35 | URL | orangecounty #-[ 編集]
akki へ。
この歌手好きなんだ。
シンプルで、フォーキーで。
ギターベースでこんな音にできたらいいな。
GIBSONが似合うだろうな。
そう思わないか?


2009/07/31(金) 23:43:03 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。