Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅にちょこんと腰かけて。
 なんか今年は雪が多いように思いますねえ。ぼくが十勝から
札幌の出て来て30年経ちますがここ数年雪が多くなっているよ
うに感じるのは歳のせいなんでしょうかね。朝おきて外をみると
もっそり雪が降っていると、身震いするほどイヤですもの。
厳しい冬。そして道路にまく塩カル。どうしてくれる!
せっかくの愛車が錆びてしまうじゃないの!

 古い車が好きなんですよ。昨日なんかも1970年のビートル
を車庫から出しましてね、旭川まで行きましたよ。朝早く出たん
ですが途中猛吹雪にあいまして高速は通行止め。下を走りました
が渋滞。おかげで車中音楽鑑賞という文化的なHOBO。ぼくの
i-podには10000曲ぐらい入ってましてね、洋楽邦楽民謡。
不思議だなあ、というか気づいたんですよ。音というのは空間で
できあがるもの。たとえば、1970年の車に装備されている
当時のスピーカーから流れる音はとても良かったのです。
どんなジャンルの曲でもどんな楽器の音でも声であっても、
1970年の車で1970年のスピーカーで聴く音は1970年
の音になってしまうということに気づきましてね、ちょっと
感動してしまったんですよ。音楽というものは出力が充分でなく
てもすこし歪んでいてもすこしこもっていても空間でできあがる
それは素晴らしいのひとこと!
ぼくは身震いするほど感動してしまったのです。新しいモノが
すべていいとはかぎらない。ぼくたちもどんどん古くなって、
パーツ交換が必要になる年頃ですね。1970年どころか195
8年製のHOBOはとてもシワガレていますよ。でもいいんです。
ぼくの内側から新しい言葉がどんどんどんどん溢れでるんですよ。
それに曲がついて1958年製のヴォイスがそれを奏でるんです
ね。言っておきますがねHOBOの声はいいんですよ、自分で言っ
てますよ。自宅にある最新の録音機材で録った音。真空管を
随所にいれますがね。それを古い車の古いオーディオで鳴らして
みたいなあ。音って空間が創るものだったんだなあ。いまごろ
気づいたわけでもないんですがね、それにしてもすこし頼りない
あの空間に流れる音は最高だな。

 不思議ですね、ぼくはたぶん1970年製のビートルに乗って
1970年を旅しているんだろな、そう思います。過去を振り返
らないなどとイキガっていながらぼくはちょこんと1970年に
腰かけている。ぼくらは着実に古くなっていますよ。でもそれが
いいんですよ。昨日より今日、そして明日はもっとカッコいい
んですよ。

さあ、
函館に行きますよ。
仕事だ、仕事だ!
今日は1988年製のゴルフにしよう。
塩カルめ!


HOBO
コメント
この記事へのコメント
そう。新しくって性能がいいから、いい音楽が聴けるとは限らない。
オーディオに疎い私ですが、その感じはすごくよくわかります。
その人が求めるものがいつも新しい機器によって得られるという
わけではありませんよね。
HOBOさんのこのときの感動。
いいお話ですね。^^
なんだか私も嬉しくなってしまいます。
雪に閉ざされていても、慣れ親しんだ愛車の中で、親しんだ曲を聴く。
なるほど。車が70年代ということは、搭載されたスピーカーも
70年代のもの、ということですものね。^^
HOBOさんの歌。もっと聞かせてください。
2011/12/14(水) 01:10:58 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん

函館からいま帰ってきました。
コメントありがとうございます。
ボクの書く記事のなかにもこういった感性のものがたまに
あると思いますが、〈いいお話〉と言ってくださるコメント、
彼岸花さんはボクの感性の記事には必ず〈いい話〉と言って
くださる。さすがです。音楽は感性に響くものだということを
理解できる彼岸花さんはさすが彼岸花さんだと思います。
1970年製のオーディオ、1970年製の車、1970年を旅する
少年。思い出すものがあるんですね、しっかりと、くっきりと。
右脳の引き出しに詰まったいろんなものがボクの感性に響くわけです。
信号待ちでにやにやしてますとね、へんなオジさんですよ、笑。
とにかくボクはやっぱり表現者でありたいですし、そのためには、
日々感じ上手にならなければと常に思っています。

彼岸花さん、
いつもありがとう、
ボクは少し疲れていますが、
いつも彼岸花さんに助けられてばかりですね。
12月です、

HOBO
2011/12/14(水) 19:28:28 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。