Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌があったんですよ。
前の記事で
ギター一本のあなたが好きでした、、、みたいなコメントを
いただきました。
ん~、まあ、ぼくは基本的に一人ですから、というか、
『弾き語り』はあくまでも演奏スタイルでして、ん~、というか
なんというか、ぼくはキャリアが永いんですよ、弾き語りの。
歌も演奏も自分でやるわけですからね、そりゃあどちらも上手く
なりますよ、少しは。
そうですかあ、ぼくの弾き語りはいいですか、そんなに。えへん。

ギターという楽器は覚えやすい楽器だと思いますよ。
ぼくは最初、ガットから入りましたね、YAMAHA の8000円くらい
のをその当時いた義理の父親に買ってもらいました。この前まで
押し入れにあったんですがね、いつのまにか無いんですよ、変ですねえ。
小学5年生のときにはもうフォークギターですよ、早熟でしたからね
え、HOBO、ハーモニカも覚えましたよ。スリーフィンガー、
カーターファミリーピッキング、アルペジオ、ストロ―ク、指が切れる
まで練習しましたよ。中学に入るとすぐにオリジナル曲を作りましてね、
『心の故郷』だったかな?ちがうかな?というDから始まるミディアム
テンポの。
その10年後1979年全国フォーク音楽祭北海道大会で優勝しまして
ね、日比谷の野音で全国大会、勝てませんでしたけどね。
クックドールという大阪のブルースバンドに優勝をさらわれ、
そこのヴォーカルはヒロスケですよ、兵藤ゆきの旦那の。
まあ、プライベートのことを書いたのは初めてですがね、
ぼくの弾き語りを評価してくれる人がいるということは、あきらかに
その時代のぼくを知っているということですからね。
恥ずかしいですね。
あ、はい。

和田アキ子さんがコマーシャルであ~とかう~とか唄ってますよね。
あれってあきらかに音程がずれてますよね。みんな、歌が下手だとか
キモイとかネットで批判してますが、あれはですね、明らかに練習不足
で声が出ていないからなんですよ。わかるんですよ、じつはぼくも
そうだから。毎日のように声出しをしているとそんなことはないん
ですね。一度声がつぶれ、そして喉ができてくるんです。そしてまた
つぶれ声にツヤが出るんです。そしてさらに唄い込むとドスの効いた
深い声になるんです。上から下まで太い声が出るようになるんですよ。
でもそれは毎日やるから効果がある。いつも仕事なんかで忙しい
HOBOはライブで本来の声作りに成功したことがないんです、最近。
べつにゴスペルにこだわっているわけじゃないんですが、
ゴスペルソングはこころの歌なので、叫びたいので、ブルースなので、
シャウトできるので、来年はゴスペルチームに入りたいと思ってるん
ですよ。ん~、自分で作っちゃおうかなあ?なんて考えたり。
誰か、ぼくとチームを作りませんか?20人ぐらいで地方の刑務所や
施設なんかをボランティアで廻りましょうよ!

なーんてね。

声が出来上がるとぼくは一人に戻るんですよ。
最強のぼくのバックバンドは自分の弾くギターですからね。
下から上まで同じ太さのぼくのバリトンは決してぶれないですよ。
ささやくように唄っても、決して細くならないぼくバリトン。
ぼくはバリトンにあこがれるんですよ、それはバリトンではないか
らです。なーんか変ですね、ぼくはバリトンではないんですよ。

そうですか、
ぼくの弾き語りはそんなに良かったですか?そうですか、、、
でもね、ぼくはあれから色んなことを学びましたよ。
泣いたり笑ったりの毎日でした。
どん底にいたこともありましたよ。
温かいんですよ、歌って。
歌はいいですよ。どんなときも、どんなことがあっても
ぼくのポケットにはいつも
歌があったんですよ。


コメント
この記事へのコメント
HOBOさんの打ち明け話。なんだかいいですね。
そうですか、そんな経歴をお持ちで。
すごいです!

なんだか嬉しいな…。
いろいろいろいろあったんでしょうね…。
喜びも悲しみも、高揚も挫折も、恋も喪失も…。
その深さは、HOBOさんのお書きになる詩に表れてますけれどね。

人間の声…。ほんとに使わないと出なくなりますね。
私も、小さい頃歌の世界にいけたら、なんて思ってたこともあったくらい
なんですが、東京に出てから歌を忘れ…。まったく声が出なくなりました。初見でどんな歌でも歌えてたんですが、その能力もなくなってしまい…。今はひよひよの細い声でカラオケさえ情なくって出来ません!(笑)
歌手も、急速に声が衰える人がいますねえ…
あれはやはり、日常の声の鍛え方によるものなんでしょうか。
和田アキ子、相良直美…歌の実力はありましたが、ほんのちょっと音程が低いんですね。逆にオペラ系統のひとは、微妙に高い。でもどちらかというと、高くなるより、低い方が聴きやすくはありますね。
相良直美の『いいじゃないの幸せならば』は好きです~。

http://youtu.be/z5x5V7O9RL0

HOBOさん。ギター一本のさすらいの歌びと。
そのこころを忘れないでくださいね。忘れようがないかな?(笑)
1979年のその時の音源、残ってないのでしょうか…
聴いてみたいです!
2011/12/01(木) 11:05:42 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん

そうそう少しフラットするんですよ。
これがやっかいなんですよねえ。
そうそうそうなんですよ
フラットぎみのほうがまだ聴ける、そうだそうだ

やはり常に鍛錬しているひとはスゴいですよ。
ほら、昔の歌手が出てきて唄う番組なんかでもなにもしていない人と
鍛錬している人はぜんぜんちがいますものね。でも、顔がぼこぼこに
なって声もまったく出ない人は出てきてほしくないですね。
歌とか声って衰えないと思っています。それは経験がプラスするから
です。身体は衰えていきますが、常に努力をすればいい歌が唄えると
信じているHOBOであります。

昔の映像はですねえ、あるんですよ何本も。笑
テレビ出演のものやラジオのトーク、レコード会社のレコーディング
デモテープ、でもですね、昔のぼくは捨てたんですよ。
なんとなくご理解いただけますよね?
つねに進化していたいということです。
『MY HOME TOWN』だけが少し、少しですよ、
許せる範囲かなとおもってアップしてるんです。
79年ライオンフォークビレッジ、谷村新司さん司会の番組でした。
1983年のポプコンの北海道大会の映像は近日アップしますよ、
というかビデオをデジタル変換しかたがわかんないです、おせーて!笑

HOBO
2011/12/01(木) 13:05:05 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
ビデオをDVDにする…。
この間ね、調べてみたんですよ。こんなのあるんですけどうなのかなあ。
http://www.iodata.jp/product/av/capture/gv-usb2/

わたしね、機械に弱いので、これでどうにかなるものなのかどうかが
わからない。HOBOさん、ご覧になれば、おわかりになられるでしょうか。
昔の歌、聴きたいからね、ふふ、調べてみたんですよ。^^
だから~~!、昔は振り返らないんだって、言ってるでしょ!って
HOBOさんに笑われそうだけど。
2011/12/04(日) 22:43:56 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん

これでできるのかなあ?いろいろ調べてやってみますね。
わざわざありがとうございまあす、彼岸花さん。

納得できないとイヤだというのは彼岸花さんには理解いただける
と思います。ワカゲのなんだかですよ。
昔より今のほうが綺麗だと思ってますよね?彼岸花さんだって!笑
半端な栄光があったからですよ、ぼくがイヤなのは。
よく場末に「だれだれの店」とかいって飲み屋なんかあるじない
ですか?きらいなんです、ああいうの。みっともない。
昔なんてどうでもいいんですよ、いま、どういう歌が唄えるか、
そこなんですよ。過去があるから今がある、そりゃあそうですよ、
だからそれを今の作品に見てもらいたいじゃないですか!
いま輝けるスーパーくそおやじ、それがHOBOなんだと思います。
がはは

HOBO
2011/12/05(月) 11:47:21 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。