Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝日の昼間から。
 まあ、あまり大きな声では言えませんがね、V9時代が強すぎた
んだと思いますよ。何がって? 野球のことですよ、巨人。
なんでもナベツネさんが悪いとか言いますがね、HOBO、そんなに
キライじゃないんですよ。だいたい会社なんてものは結果がいいほう
に出ていればオーナーはなにも言いませんよ。とくにナベツネさんは
そうだと思いますよ。常勝巨人とか言いますがね、たまに最下位でも
がはははって笑って飛ばしますよ、「オモロい、オモロい」って。
 ナベツネさんが読売の野球部門に入ったのは1989年ですから
そんなに昔のことではありません。実質、ぐいっとものを言わせる
ようになったのは1995年ぐらいからだと何かの本に書いてありま
したよ。どこの会社でも業績が思わしくなければ人事の見直しだって
しますし、幹部に力がないとみたら現場に口を出すようになるのは
当然だと思いますね。結局ですね、スターがいないんですよ。オーナー
っていうものは現場のスターが好きなんですよ。だから、澤村投手な
んか信用あるじゃないですか。カリスマ性っていうのかな?ナベツネ
さんを言いなりにさせるスターがいなくなったんだと思いますよ。
弱いだけじゃない、面白くないから機嫌が悪くなるんですよ。権力者
は子供ですから。ナベツネさんがああしろこうしろって言ってそれに
ただ従うようなイエスマンでは駄目でしょうね。だから清武さんでは
役不足なんだと思いますよ、誰が見たって。弁護士連れてケツをまくる
んですからね、スポーツマンのすることじゃないですね。爽やかじゃな
いですものね。
 とてもわがままなオーナーっているじゃないですか?家庭にだって
わがままなオヤジっているじゃないですか?でも、それを黙らせる
ようなもっとわがままな2代目がいないからそうなるんですよ。
野村監督や落合さんだってそうですよ、とてもわがままだと思います。
でも、それを黙らせる奥様がいますよね。なにがいいのかHOBO,わか
りませんがね,ナベツネさんが、「わかった、わかった、オマエに任せ
るよ、すきにやってくれ。」って言えるぐらいのスターがいないんです
よ。ナベツネさんがそうさせたんじゃないですよ、そう思ってたら
駄目ですよ。それはですね、『巨人』だからですよ。ぼくは長嶋さんが
身体を震わせて怒ったという気持ちがわかるような気がしますね。
あのスター長嶋さんでさえ首を切られたんですからね。しっかりせえ!
って言ってるんですよ。そう、しっかりせえよな!

 ってなことをですね、ぼくはおふくろの前で力説するんですね。
おふくろはぼく以上に巨人ファンですから。
「わがままねえ、、、オマエがやればいいのに、巨人の監督」
ですって。

がははは

HOBO
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。