Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あこがれのスタイル。
 こんにちは、HOBOです。
枝幸町から帰ってきてすぐ旭川、昨日は標茶町まで行ってきましてね、
今朝5時頃着きましたよ。ご苦労様です、自分。笑
まあ、こうして北海道全域、色んな町のいろんな子供たちやそのご両親
と面談させていただきますとね、ああ、やはりこれは天職なのかなと
思ったり。子供って可愛いですよね、夢見るドラえもんだ、なんだって
できますよ、若いって素晴らしいな。と思う今日であります。

 子供たちにはデッカイ夢を持ってもらいたいと思いますね。まだまだ
これからですものね。あと何年好きなことができるのかなあ?ボクみ
たいに逆算し始める人生は淋しいですよ、ああ、いいなあ、もう一度
中学生に戻りたい、マジ、そう思いますよ。全国、全道の子供たちよ、
幸多かれ!と祈ります。とりあえずボクはいまトーストをかじりながら
この記事を書いています。コーチャンフォーまで本を買いに行って
今日は車庫の整理でもしようかなと考えているHOBOのライフスタイル
であります。


 みなさんは人生の逆算なんてしないでしょうね?いままでボクは52
年生きてきましてね、53年目に入っているんですよ。たぶんボクは
病気の宝庫ですから80歳まではちょっと無理のような気がしてるん
ですね。あと25年ぐらいしかないんですよ。そのうち好きなギターを
弾いたり車に乗ったりできるのはせいぜい20年ぐらいしかないじゃ
ないですか?まあ、ボクより歳の上の人には申し訳ないと思いますが、
最近そんなことばかり考えているのです。ボクはよくこのサイトでも
書くんですがね、みんな泣きながら仕事をするんだと、表現が極端かも
知れませんがね、一生懸命だということですよ。死んじまったらどこに
行くのか知りませんが、働いて働いて働いて、そしてリタイヤしたあ
との人生が待っているんですね。せめてボクは好きな空間に身を置きた
い、ここからが差がでる本当の人生なのかなと思っているのです。
リタイヤなんて言葉が悪いですね、ここからですよ、ここから!

 緑色のワーゲンの出物がありましてね、1973年のヤナセ物。
あとからちょっと見てこようかなと思ってるんですよ。好きな車に
乗らないと。ジーンズのすそを少しまくりましてね、ネルシャツにダウ
ンベストを着るんですよ。あこがれのスタイルってあるじゃないです
か?丸いメガネをかけてワッチキャップをかぶるんですよ。よく手入れ
の行き届いた年代物のビートルに乗って『HOBO'S CAFE』まで行く
んですよ。好きな曲を好きな音で聴いて好きな人たちと話をする。
好きな本の話や映画の話、カメラの話や家族の話、、、
あこがれのスタイルを持った人たちとボクは生きていきたいな。
あこがれのスタイルのない人生なんてつまんないな。

 あこがれのスタイルですよ。


HOBO
コメント
この記事へのコメント
人生の逆算。とっくに始まっています!(笑)
あと十年あるかな、なんて考える。
その割に自覚なく、時間は無為に過ぎて行っていますけれどね。

そっかあ。あとそのくらいしか、ないのかあ。
もうちょっと時間の使い方考えなくちゃなあ…
娘にもうちょっと、服を作りためておいてやろう…

憧れがある人はいいですねえ。
HOBOさん。いいことですよ。憧れのスタイルがあるって。
私は、いい意味での自分の現世欲って、昔からほとんど無いんです。
欲しいものがない。
一つ希望があるとすれば、ヨーロッパを旅することかな。
…今の状況じゃ無理だな。
でも、そう決めつけず、自分の残りの人生、もうちょっと
考えてみよう。
まず、髪でも切ってくるかな♪

緑色のワーゲンですか。可愛いでしょうね。
HOBOさんはHOBOさんらしく、自分の流儀を貫いてくださいね。

あっ、そうそう。前のコメントの続きね。
そうそう。膝がポイント。私もそう思います。
日本の女の子ね。綺麗でおしゃれになったなあ、と思うんですけれど、
あれはハイヒールを履く姿勢じゃないなあ。膝がね、なんか
曲がってるの。膝が曲がるとね、顎が前に出てくるの。
ハイヒールはいたら、ピンと背筋と膝、伸ばさなくっちゃ。
顎をぐっとひいて、プライド高い姿勢でいなくっちゃ。

そうそう。私もそれを忘れないようにしなくっちゃ。
HOBOさん。ありがとう~。
 
2011/11/22(火) 08:41:47 | URL | 彼岸花さん #-[ 編集]
彼岸花さん、
こんばんは、いつもありがとうございます。
まあ、ぼくの書いていることを見ると、おそらく『モノ』のことばかりだと
思う人の方が多いのではと思いますよ。そうでもないんですがね。
ぼくは知ってしまったんですね、モノにはこころがあるということを。
徳が低いのかもしれないですが決して人にどう思われるかという観点では
ないんですね。昔はそれでもあれもこれもだったんですよ。でも、ほら、
ぼくには伴侶がいないじゃないですか?友に生きる相棒には大きな想いが
あるのです。車だとか楽器などは不思議ですよ、来るところを知ってるんですよ。
きちんと人を選ぶんですね。彼岸花さん、ぼくは車の中で寝ることがあるんで
すよ。へんでしょう?車庫のなかにランプをつけて、毛布にくるまって
寝るんですよ。匂いがいいんですよ、ワーゲンはとくに、なんていうのかなあ、
内装の匂いなのかなあ、塗装の匂いなのかなあ、ん~、時代の風というか
、新しいものにはないロマンがあるんですよ。ぼくはモノに執着しているのでは
ないんですね。ずっと一緒にいたいって言ってるんですよ、かれらが。笑
へんでしょう?変なんですよ。

プライド、、、
そうなんですよね、
みんななにを楽しみに生きてるのかなあ?
楽しそうに見えないんだなあ。
彼岸花さん、ありがとう
ぼくはですね、
外側ではないんですよ、いつも内側を見ています。
緑色のワーゲンは、ぼくを呼んではいなかったです。
えんがないということですわ。
内側です、内側。


HOBO
2011/11/23(水) 02:44:24 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。