Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
媚びた歌ばかりだ。
 媚びた歌ばかりだと思いますね。こころに来ない歌。本物の歌は
いったいどこへ行ってしまったんでしょうか?売れればそれでいいと
いう売る側の姿勢なのか、買う側のレベルの低下なのか、どちらに
してもひどすぎますよ。またここでぼくが具体的に歌い手の名前を
あげたりすると大変なことになりますのでそれはしませんが、おそらく
本物の歌い手さんは泣いてるでようね。やりきれないですよ。

 年末になるとレコード大賞だとか、(今もレコード大賞っていう
んでしょうかね?興味がなくなったからわからないですが)紅白歌合戦
とか、いろんなのあるじゃないですか?威厳がないというかなんというか、





 ん~、今もこうやって記事を書いていてもなんか、伝わらないんだろう
と思いながら書いているHOBOです。やめた、書くのやめました。
今度また気がむいたら書かせてもらいます。
『本物』を聴いたり読んだりしないと駄目だと思いますね。角をたてずに
記事を書こうとすると書けないですわ。
ではまた、この件につきましては、、、、


HOBO
コメント
この記事へのコメント
あら。途中でやめてしまうんですか、HOBOさん!
もっとお叱りの記事、読みたかったなあ。
それでは、続きはまたいつか、ということで、
私の意見を一つ。

あんまり今の歌、聴いてないので何とも言えないんですが、
平凡な歌詞、平凡な曲が多くなった気がしますね。
そして、歌手の声が特徴がなくなりました。
例えば、古い話だけれど、三橋美智也と村田秀雄と三波春夫の
声はまるで違って三者三様に巧かった。あ。好き嫌いは別です。
例えば、ジョン・レノンとボブ・ディランとエルトン・ジョンの
声…。
でも、今の女性演歌歌手。いっぱいいるけれど、声に特徴がない。
作曲もひどいですね。前奏がみな似てる。
ちゃんちゃら~か、すちゃらかちゃっちゃ、すちゃらからっちゃんちゃん!
…リズムまで判を押したように同じ。次のフレーズの出だしの音まで予測できる。
なんだかマニュアルで作ってるみたい。

若い子の歌は知らないから語りません!(笑)
歌唱のうまい子もいるけれど、全般的に言えることは、
声が幼くなりましたね。あれはいったいどういうことなのかなあ。
男も女も20歳を過ぎ、25,26となっていけば、だんだん深い大人の声に
なっていくはずなんですが、歌声聴くといつまでも変声期前後の
少年少女の声のようですね。SMAPとか…。
大人になんてなりたくない、若さこそが価値であって、歳をとったら
おしまい、というような世の中の価値観が、そうさせているのかな、
と思いますね。それは大人の責任ですね。
大人がすてきでないから。大人がむしろ若いものに媚びてるから。
これは何も歌の世界だけでなく、ファッションもテレビ番組などもそう。
若い子向けのはあっても、年寄りが着るお洒落なもの、見るに耐える
番組はほんとに少ない。女のひとの服なんか、若い子向けの薄い
ふりふりの服から、一挙に婆服になるのよ。婆服の色と柄とデザインったら!
だから私は、40年変わらず、ひざ下丈のタイトスカートに、ぴしっとした
ジャケット姿!(笑)でも、最近、ジーンズはくこと覚えたの~♪
少しだけ選択肢が広がりました~!ジーンズはスキニーとまではいかないけれど
、ほっそいタイプのものです。

音楽の話から、脱線しちゃいましたね!^^
2011/11/16(水) 14:04:09 | URL | 彼岸花さん #-[ 編集]
彼岸花さんへ

素敵なコメントありがとうございます。
札幌は雪が積もっていますよ。
風邪などひいてませんか?

記事を書いているうちになんかイヤになってしまいましてね。
ここで力説する価値がないというか、こちらのほうが投げてしまった
というか、ここに響く歌がないんですよ。
でも彼岸花さん、じつはそうではないのかもしれないですよ。
結局ぼくたちがいちばん感受性の強い時期に聴いた曲がこころを
作っているわけで、こちらの感受性がトボシクなっていると考えたほう
がいいのかもしれないですし。

声の印象については唄いかたに特徴がないといったほうが正しいような気
がしませんか?声を生かす唄いかたができていないというか、本当の自分の
トーンを知らないというか、上手い人はそれを知っていますからね。
まあ、売れればいいという考えですから、『川の流れのように』の作詞者が
AKB に関わっているのですからあきれてしまいます。異常ですよ。

あこがれのスタイルが明確じゃないんですよ、きっと。
目の奥に焼き付いた明確なスタイルがない。自分の完成形をイメージできない
んだとおもいますよ。ぼくは彼岸花さんがジーンズをはいている姿をイメージ
できますよ。自信のある女性のひざは真っすぐですから。じつはタイトスカート
にしてもジーンズにしてもポイントはひざだと勝手に思ってるんですね。
ひざから下が真っすぐな女性はジーンズが似合うのです。

自分の声を知ってもらいたいですよね。
どうすれば自分の声がこころに響くのか、
ぼくは、、、
聴き手のレベルの低下だと思いますよ。
申し訳ないが、女性や子供に受けることを狙った歌は響かないんですよ、
かゆいんですよ。
ここでいう女性に彼岸花さんは入りませんのであしからず。笑

HOBO
2011/11/17(木) 15:27:53 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。