Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
返せ!北方領土!?
 また古い車に乗りたくなっている。しばらく離れていたのに
昨日も会社の裏にある本屋に行ってヴィンテージVWの本を何冊
も買ってきた。悪い病気だとは思うがやめられないのだ。周期的
に趣味の波動が変わる。だいたい一年ぐらい凝ったらまた次のもの
へと見事に移行するHOBOの趣味、それもとことん行っちまうの
だから困ったもんなのだ。飽きやすいのではない。時計、カメラ、
車、バイク、楽器、洋服やメガネは年がら年中、このサイクルで
常に廻っているのだから怖いでしょう?

 ヴィンテージに魅せられたのは、この前も書いたがリーバイスが
最初。その頃ぼくはBMWの320に乗っていた。ガクッとフロント
に角度のついた、そう、あのBMW。しかし、ぼくは半年で320に
飽きてしまう。飽きたというよりワーゲンに出会っちまったから。
ぼくは札幌新道のちかくにあるVW専門店で若草色の58年のビー
トルを見つけた。というかぼくを呼んでいるように思えたから。
フルオリジナルのビートルだった。右ハンドルのヤナセ物。若草色
のぼくと同い歳のビートル。縁だと思った。すぐにBMWを売り払い
「これください!」
ぼくはビートルでどこにでも行った。ビートルの中で寝たことも
ある。「なんでBMWからビートルなの?それもこんなオンボロ」
みんなに言われた。シルバーのBMWはカッコ良かったからな。
当時はナンバーを希望できなかったのに、5555なんて。
でも、ビートルに乗った瞬間、吹っ飛んじまった。
「なんだ!これ!」って思ったね。
真っすぐなフロントガラスにちっちゃいワーパー。バサバサと地を
這うように走るまあるい個体。ビートルにはダウンベストが似合う。
リーバイスが似合う。チェックのシャツが似合う。ヤンキースの
キャップが似合う。スニーカーが似合う。ぼくは毎日が楽しくてし
ょうがなかった。自分らしく生きていられた。

 ぼくがビートルを降りたのはちょっと事情があったんだ。ここで
は言わない。でもすぐまた例の周期がやってきて、いまは何台かの
古いワーゲンを所有している。タイプ1、タイプ2、タイプ3。
いまガレージから出して乗ろうとしているのはタイプ3のファスト
バックと呼ばれる名車で、ぼくのファストバックはヤナセが最初に
輸入した66式の極上車だ。15年ほど前に小樽のあるドクターが
所有していたものを無理言って譲ってもらった。最近そのドクター
が亡くなられたと聞き、ムラムラとまたワーゲン熱が。なんとかこ
のタイプ3をこの世に甦らす必要があると、ぼくは思う。当時ドク
ターがこの車のサイドウインドウに貼ったと思われる『返せ!北方
領土!』のステッカー。ぼくはこのステッカーを貼ったまま平成の
道を走りたい。6Vのタイプ3。なんてロマンテックなんだろう!
最近仲間入りした88年のゴルフの横で誇らしく笑う66年ヤナセ
物。返せ!北方領土!返せ!ぼくの青春!そしてドクターの青春!


 YouTubeを見ていたら、Dr.ワーゲンとまったく同じ、
1966年タイプ3ファストバックのコマーシャル映像を発見!
こんなん、どうでっか?


コメント
この記事へのコメント
初めての訪問ですが…個性的な方ですね。年齢など聞いたらタブーですかね?携帯からはテンプレートもカテゴリの一曲も伺えません…残念。携帯でもパソコンと同じように見れるように出来たら楽しいかな~お願いします。パソコン故障中でして… 私はホルックスワーゲン大好きです。なのにチェロキーに乗ってますが…
2011/09/06(火) 10:05:51 | URL | 海ガール #-[ 編集]
海ガールさん
チェロキーは初期の頃のがいいな。グランドチェロ
キーではないスポーツの白とか。ほんとはそれと平行
して1990年頃まで作っていたグランドワゴニア
は大好きな車のひとつですねぇ。新しいプラスティ
ックパーツの車は海には似合わないと思います。
水色のビートルにボードを積むと絵になるのになあ。

HOBO
2011/09/06(火) 10:39:31 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。