Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天井を眺めていたら飛んでしまった。
 書店をぶらついているとYMO(イエロー•マジック•オーケストラ)
の3人が写っている表紙の雑誌をみつけた。とくべつ彼らのファン
ではないのだが、彼らの歳のとりかたが素敵だなと思いながらHOBO、
雑誌を手に。坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣、このひとたちはとても
お洒落だと思う。坂本氏のかけているメガネはおそらく英国のカトラー
&グロス、幸宏さんがかけているのはおそらくアメリカの老舗ブランド、
アメリカンオプティカルのものだと思われる。彼らはもの選びにも決し
て妥協せず、選ばれることの素敵さを知っている。だから音楽にも強い
オリジナリティを発揮できるのだろう。

 美しいものを追求すると『ヴィンテージ』に行き着く。これはぼくの
個人的な意見ではあるがヴィンテージは素晴らしい。素晴らしいのだ。
ぼくは代官山にある古着屋で初めてヴィンテージに触れた。24歳の
ぼくはリーバイス501のXXのデットストックを何時間も眺め、インデ
ィゴの匂いを嗅いだ。当時、501のAやSはたまに見かけたが、XXの
皮パッチのデットなどはまず出てこないレアものだった。まだブームに
なる前だったので20万円ぐらいで買えた。ぼくはジーパンに20万円
もかけられる身分ではないと思ったが、結局作ったばかりのJCBカード
で購入。W34インチL31インチ、いまはちょっときつくてはけないが。
それからは557のGジャンやオール綿糸のリーバイスをアメリカまで
行って探したり。洋服だけじゃなく、時計、カメラ、車、バイク、ヴィ
ンテージの虜になったHOBO。物欲のそれとはちがう、世界を知ってし
まったのだ。

 古い真空管のアンプやJBLのスピーカーをチョイスした店を創ろうと
計画実行中のHOBOだが、そこは店ではなく世界なのだということを理
解してもらえるだろうか?マネーがあれば買えるヴィンテージだが、お
そらく金持ちはこの手のヴィンテージは買わないだろう、しかし金がな
ければ買えないのだから厄介だ。だからずっと今まで投資してきた。
ヴィンテージのある暮らし。ぼくの暮らしのなかにあるヴィンテージは
決して高級なものではない。新車のトヨタを買おうと思えばワーゲンの
バスぐらい買える。古くなったらまた買えばいいという考えはぼくには
ない。壊れたら直して使おうじゃないの。ヴィンテージにはそんな哀愁
がある。中古のそれとはちがうのだ。古くならないものがいい。人間も
最初から古いひとがいいな。本質を抱きしめて歩くひとはとても古い。

 ぼくはいま頑張っている。ぼくの世界を創るために。ぼくは店は創ら
ない。世界を創るのだ。そしてこの世界に集まるひとは世界のなかのぼ
くについてくる。ぼくが人として、まっすぐ歩けるようになったら、こ
の世界はぼくの暮らしになるのだと思う。ぼくは必ずぼくになる。ぼく
がすこし痩せたら34インチのリーバイスをはこう。ペンドルトンのシ
ャツを着てワーゲンのバスに乗るのだ。


HOBO
コメント
この記事へのコメント
No title
おはよう。HOBOさん。

すてきですねえ。
店を作るのでなく、世界を創る。
きっとそれは、素晴らしく豊かな世界。
きっと、わかる人が集まってきますよ。
いいだろうなあ…

私も眼を丸くして、少女のように頬を染めて
そっと椅子の一つに腰かけたいな。
2011/08/31(水) 06:42:48 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[ 編集]
こんにちは。
店を作るのではない。世界を創るのだ。
自分自身のアトリエのようなお店ですね。イメージするだけで、とてつもなく素敵で、何かコワイ感じがしますね。

私も頑張ろ、自分のそばから
2011/08/31(水) 14:16:24 | URL | t・gray #-[ 編集]
彼岸花さん
いくらいい店を創ったとしても主人の人間性が備わったもので
ないと意味がありませんよね。ずいぶんこのような老舗が姿を消した
ようです。それは景気だとか世情だけのせいではないと思います。
よく、何十年も継続できている店や会社のオーナーの話を聞くと、
最初から同じことをくり返しただけ、と言います。おそらく、みんな
初心を忘れてしまうからなのか。自分自身へのマンネリとか。
更に磨かれていく自分が日常であれば、そうなのかなと天井を眺めて
いたら飛んでしまいました!
彼岸花さん、いつもありがとう。

HOBO
2011/09/02(金) 11:07:39 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
t.grayさん
ん~、
アトリエというより隠れ家に近いかもしれませんん。
札幌には意外に古くていい物件が少ないように思います。
『世界』は創り上げる部分とすでに出来上がっている環境の調和など
も成功のポイントかとも考えます。そこには充分な資金と、協力者と
タイミングもそうですし、人望という才能とか。ぼくは一匹オオカミ
ですからねぇ、大変だぁ。
大好きなギターをとって、ポロ~ンと鳴らすと、いっぺんにそこに
いけますよ。妄想ではありません。イメージする力は生きる源になるの
だと知っているひとはそうはいません。そうなんですよ。
t.grayさんも頑張ってくださいね。ここからですよ、

HOBO
2011/09/02(金) 11:25:58 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。