Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 声は歳をとるのだろうか?
とると思う。
なんでそんな老けてるの?と思うほど年寄りのような声。
いつまでも少年のように張りのある声。
いろいろ。
 どんなんだろうね、声って。
内面、心のあり方、気の持ち方、などが声を作るような、
じゃないか。んー。
歳をとると声も出なくなるし、なんか歌も下手になるような
そんな歌手が多いように思うのですがどうでしょう?
どうしても全盛期に比べると声が、とか、よく言うもんね。
全盛時ってなんだろうね。いちばん良かった時期?
 ぼくは、今が全盛期で、明日はもっと全盛期。笑
声も歌も、内容も技術も、実は今がいちばんだと思ってるし、
っていうかそうありたいと思ってるというか、そのー。

 たぶんね、内側のありかた、これが重要で、気の若い老人は声も
若い。なんたっけ、麻生さんと一緒に総裁選に出た人、なんたっけ、
地味な声出す人、んー、イライラするぐらい地味な声でしゃべる人さ、
なんたっけ?迫力ないもんな。あれじゃ駄目だ。
 Jackson Browneだって凄いよね。上手いし。初期のアルバムの
声と何も変わらない、というか、今のほうが素敵だ。
おそらくジョンが生きていたら、やっぱりそうなんだろうなと
思うし。
 おじいさんになっても唄っていたいな。
 GIBSONを抱いて、ブルースを。
あくたれついて、捕まらないスレスレの楽しいことして!
イエー!
 
 おやすみなさい。
 ここは函館、湯の川でした。
 HOBO。
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/07/17(金) 10:52:21 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/17(金) 23:17:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。