Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝できんならやめちまえ!
 なんて無愛想な店だ。そんなに面白くないなら閉めてしまえばいいのに。
まったく信じられないカレー屋だったな。アンビリバボーだぜ、ったく。
士別に行ってきたんすよ、おれ、仕事でね。前から気になっていたカレー屋
があってね。行ってみようかな~なんて思って。行きましたよ。なんかいや
な予感っていうんですか?ズ~んとくるような空気。入り口に入ったときわ
かりましたよ。いやな店だって。

 まず、店が汚い。だらしない。臭い。カレー臭ですか?いや、ちがう。心
をもてあそぶような、なんか脅迫めいた雰囲気をかもしだす。ここまで心を
粉々にするカレー屋は札幌にはない。かつてポールタウンにあった伝説の店
『バンバン』も無愛想だったが、ここはおそらくギネスに載るんじゃねぇの
かと思うほど超無愛想な店、おれは見たことない。珍しい経営感覚。これで
も成り立つ商売、尊敬に値する。素晴らしいと思う。
 まず、おれはこの店の人と一言も口をきかなかった。注文はシーフードカ
レー。もちろん、「いらっしゃいませ」なんて言わない。「シーフードね」
と言っても店員は返事もしない。おれは「はいぃ?」って感じで店員の顔を
見ても不機嫌そうにきびすを返す。「おい!聞いてるのか?おまえ!」と言
ってやろうかなと思ったが、もしかしたらここは伝説の店で、味で勝負する
店なのかもしれないのでHOBO我慢。しかし30分も待たせやがって、シーフ
ード?これ、イカが一切れとなんかの貝が2個。うっそ~!《5時までにカ
レーを注文したお客様にはサラダとコーヒーがつきます》なんて書いてある
のを発見。時計を見たら5時30分。30分待ったので注文した時刻はきっ
と5時前かもしれない!おれは「サラダとコーヒーはつくんですか~?」と
店員に訊いてみた。店員、おそらくここの店主だと思うが手をクロスして、
「ダメぇ~!」壁の時計を指さして。なんて意地の悪い顔。モアイ像みたい
な。おめぇは口がきけんのか!ったく不愉快な店だ。最悪だ。最低。
 きっとこの店主は身体障害者かなんかでそれでも頑張るのがこの店の売り
なんだなとおれは本気で思ってしまいましたよ。「きっとそうなんだ!」と。

 おれは会計を済ませ階段を降りて駐車場に向かった。会社に電話しようと
上着のポケットに手をやると、「ない!」。携帯を忘れたことに気づいた
HOBO、急いでカレーショップに逆もどり。店の扉を開けると、中でモアイと
コックがタバコを吸いながらゲラゲラ笑ってやがる!な~んだしゃべるんじ
ゃねぇかよ!

 どうなんだろうね?感謝の気持ちっていうんですかね?モアイが商売を始
めたとき、初めてのお客が来たときもそうだったのかな?と思いますよ。う
れしくてね、普通は心から感謝の気持ちを伝えますよ。ね?だと思いません?
気持ちは態度や言葉に出ますからねぇ。忘れてしまったんでしょうね、初心。
モアイ様。何様。ホント、やめてしまえばいいのに。大きなお世話でごめん
なさい。でも、言わせてもらいますわ。

「感謝できんならやめちまえ!」

アホっ!


HOBO
コメント
この記事へのコメント
えらい店に
HOBOさん、こんばんは。
なんかまた、えらい(関西弁)店に入ったみたいですね。
やられましたなあ。

寂れた店で、けっこういい味を出しているところもあるのです。
だけど、寂れるには寂れるだけの理由もある。
そこのところをわかっていて、乙山などは、
あえて寂れた店に入ることがあります。

その後は……いい時も、悪い時もありますね!
2011/04/26(火) 00:02:58 | URL | 只野乙山 #-[ 編集]
いや~、乙山さん、
たいへんな店発見ですよ。ほんま。笑
モアイですよ、モアイ。
ダメ~っ、ですって。手をばってんにして。
ったく、ざけてますよ。
無愛想とまたちがいますものね。
まあ、いいですよ、教訓ですよ、教訓。
たぶんこの店は客に「こうなるなよ!」と、教える
ための存在する教育志向の店だと思えば、納得。
そうなんだ!『教育志向』なんだ!

乙山さん、
いつもどうもざす。

HOBO

2011/04/26(火) 08:12:37 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。