Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事帰ってきました!
 HOBO,無事帰ってきました。
コメントくださった皆様、その他応援してくださった皆様、ご心配かけてごめんなさい。
なんかいまは胸がいっぱいで、ぎゃくにブルブル震えています。寝ようとして眼を閉じても、
ほんの少しの揺れや物音にもキュッっと反応してしまうHOBOであります。まるで刀を抱いて
眠る忍者のように。

 岩手県山田町船越湾の『安否リスト』というインターネットの映像にこの記事でも書いた
不登校の娘さんと母の名前を見つけました。見覚えのあるとてもやさしい名前でした。連名
で書いてありましたので、おそらく抱きかかえるようにして、また、手を取りながら丘の上まで
逃げたのでしょう。ぼくは今、こんなに温かな部屋の中でこの記事を書いています。なんの
因果かよりによって向こうは激しい雪が降る。船越湾から50メートルしかないあの家は
もうないはずです。その他、大船渡の、また、三陸町の、また、田老町の、また、気仙沼の
あの生徒さんとあの母とあの父の安否は!
 
 ぼくのことはもし書けるような心になれば書こうと思っています。だんだんよくなるどころか
だんだん不安のつのる毎日であります。自分たちの住む町がいつこうならないとは限らないの
です。ぜひ心を強く持って、協力しあい、なにより生きていることに感謝して。
 きょう北見市に行ってきます。また見知らぬ子供たちと、そしてその父母と会ってきます。
仕事をするということは、もしかして、人を好きになるということなのかもしれませんね。
やさしい気持ちになれたとき、本当に仕事をしているのだと。眼を吊り上げていたら駄目だと
思いますね。厳しさも辛さも乗り越えていかなければ生きているとは言えませんね。この災害から
僕たちはなにを学ぶのか。ぼくは今日も働いてきます。

 友人のメールや励ましの言葉に勇気づけられたHOBOであります。札幌に帰ってきて会社に
顔を出したあと、その友人のやる店に顔をだしました。ひとことだけお礼を言いたかったから
です。友人は来客があり忙しそうでした。ぼくは「お帰りなさい!」と言ってくれるのだと思って
いました。心のどこかにすがりたい気持ちがあったからでしょう。友人は「放射線は大丈夫?」
ですって。ぼくは「?」と思いながら友人のお店を出ました。友人からそのあと「こんな用事が
あるから」とか、「放射線のことで子供が心配だからこれから家に帰ります」とか、そんな
メールが届いたきりなんの連絡もありません。ぼくはもうきっとこの友人とは話さないでしょうし、
こころの狭いHOBOだと思われるかも知れません。この友人が悪いわけではなくそれほど地獄の
ような災害だったと思うことにします。

 復興というスタートをきっている今日、どんな気持ちで仕事をしよう。


HOBO
コメント
この記事へのコメント
No title
HOBOさ~ん、おかえりなさ~い♪

HOBOさ~ん、避難所とのギャップで困惑していませんか?

地獄のような災害に遭ってる人もいれば、軽い災害の地区もあり、、
みんなそれぞれ抱えている問題や困っている次元が違いますから、、
割り切った方がいいと思いますよ~!・・・なんてね。

こちらは昨日からまた雪が降り続いてて、冬に戻ったような感じです。
そちらもきっと冬ですよね。HOBOさんがいたあの仙台も。。。
なんか、暗くなってしまいましたね。
すみません。





2011/03/17(木) 23:00:55 | URL | MAYUMAMA #-[ 編集]
本当に感謝ですね。
お帰りなさい。
2011/03/17(木) 23:44:23 | URL | t・gray #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/18(金) 00:06:40 | | #[ 編集]
元気?
HOBOさん。少し元気が出られましたか?
このような経験のあと、平気でいろと言われても無理なこと。
胸の内に一人で溜めこまず、ばあっと吐き出してみるのもいいかもしれませんよ。
私、いつでもお聞きします。
ここを訪れる方皆、こころで繋がっている。そう思ってください。
こんな曲お送りします。

http://www.youtube.com/watch?v=u9S9CqNtnCE

道の先には誰かがいるよ。



2011/03/19(土) 10:55:14 | URL | 彼岸花 #5/xvoGAY[ 編集]
No title
HOBOさん、お帰りなさい。
HOBOさんの辛い気持ち、衝撃は私達には想像も出来ないことです。
だから、普通に暮らしている方々との気持ちのギャップに沢山の悲しみを
感じてしまうこともあるかもしれませんね・・・。

自分自身で気持ちを整理していくしかないのかもしれませんが、ゆっくり
する時間を大事にして下さい。
もしかしたら忙しく仕事をしている方がいいのかもしれませんが、どうか
自分の傷ついているココロにも優しくしてあげて下さい。


『良かった』って言ってしまって、ごめんなさい。
2011/03/20(日) 14:02:41 | URL | そらまめ #-[ 編集]
No title
HOBOさん、ご無事で本当になりよりでした。
お帰りをこんなに喜んでくれるお友達がたくさんまわりにいらっしゃること、横で見ていてもうれしく思います。
2011/03/23(水) 09:07:20 | URL | タロコ #-[ 編集]
MAYUMAMAさん
いろいろご心配おかけしましたがHOBO帰ってきました。
MAYUMAMAさんのところは大丈夫でしたか?
東北の真ん中に連なる山をも超えていきそうな津波でした。
ぼくが携わった生徒さんも亡くなったり行方不明の方がたくさん!
まるで地獄のような地震。怖いですね。ほんとに。
ぼくはがんばりますよ。MAMAもMAYUちゃんもお身体に気をつけて。
ありがとう!

HOBO
2011/03/24(木) 13:13:46 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
t.grayさん
帰ってきました。
まったく地獄でした。
しかし、僕たちの地獄と本当の地獄は悲しみの深さがちがいます。
僕たちの住む町にもこんなことが起きないとは言えないのです。
のんきすぎる自分に嫌気がさしましたね。今また不自由のない生活に戻ってますから!
ひとりひとりの心にあるものをカタチにするときだと思いますね。
それは『募金』です。心をカタチにできないなら願うことです。
体内の細胞にこころを宿して!

HOBO
2011/03/24(木) 13:23:15 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
彼岸花さん
ライの歌をありがとう!彼岸花さん。
帰ってきましたよ。よりによって初めての仙台長期滞在の時に!
地震は恐いです。ほんとに怖い。今ここから何を学べるのか、そのことが
大切かと思います。
今、卒業証書をもらい泣いている子供たちの映像が流れています。
こんなにうれしい卒業証書はないと泣いています。
どんなことにも感謝できる人間は美しいと思います。
ぼくはテレビの前で喋る偉い人たちに言いたい。
「行って見てこい!」と。
ふざけるなこのやろう!
野球なんかいつでもできる!
命があればなんでもできるんだ!

HOBO

2011/03/24(木) 13:35:52 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
そらまめさん
そらまめさん、ご心配かけちゃいました。
まだ身体が震えてますよ。地震というのは心を震わせるものだと気づきました。
まだ寒い東北の夜は長いでしょうね。ぼくは大丈夫ですよ。自分だけよければいい
人間だと気づきましたからね、今回。でも少しづつ優しくなりたいと思っています。
激しい歌を唄いたいと思います。それはきっと優しい人にだけできる『特別』なのか
なと思いました。そらさん、ありがとう!

HOBO
2011/03/24(木) 13:46:17 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
タロコさん
いつもどうもです、タロコさん。
帰ってきました!
そうですね、仲間っていいですね。
ぼくも誰かの仲間でいたいと思いますよ。
いま、日本で開催されている高校野球の選手宣誓をした少年の眼は熱かった。
「頑張れ!日本!」それだけで勇気が湧いてきました。
頑張りますよ~っ、タロコさん。

まだよく眠ることのできないHOBOです。
刀を抱いて眠る武士のように。

HOBO
2011/03/24(木) 13:54:39 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
お帰りなさい。
少し声を出す気になられましたか。
生徒さんもお亡くなりになられた方がいらっしゃるとお聞ききし、
言葉をなくしてしまいます。

HOBOさんの味わわれた悲しみの深さ、恐怖、そして慙愧の想い。
それはまだまだ癒えるのに時間がかかるだろうと思います。
でも、こうやって、少しずつ外に吐き出してくださいね。

何にともしれない憤怒の言葉でもなんでも。

そしていつか。また雄々しく立ちあがってくださいね。
HOBO 節をまた聞かせてください。

沈丁花もまた、歌いますよ。 
2011/03/24(木) 15:52:42 | URL | 彼岸花 #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん
彼岸花さん、。ぼくなんかぜんぜん、ぼくの悲しみなんかぜんぜん。
いままだ、まだこれから、途方に暮れるみなさんの悲しみにくらべたら、
いや、比べるなんて失礼だ。でもね、彼岸花さん、日本はいまチャンスですよね?
変わるチャンスだと思います。ペットボトルの水を買いだめする人たちの映像を
ニュースで観ましたが、避難所にいる人たちは食べ物をみんなでわけあっていますよ。
並んで順番を待つのです。自分の家族だけたくさん確保しようとする人などいない
のです。そこかな?そこがちがうところだと思います。なにもわかってない。
わかるはずがない。ぼくもわかってない人間のひとりだということです。
そんなものなのかな?と思ったりします。
ご心配おかけしました、彼岸花さん。
早く唄えるようになりたいなぁ。

HOBO
2011/03/25(金) 08:31:37 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。