Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりGIBSONがいいな
 指で弾いた時の音がすごくいい。世間ではGIBSONはストーク向きとい
う声が多いと思うが、甘く、太く、とくにこのブーミー感は類をみない。
指の肉で弾くととにかく甘い。FURCH,Collings、Martin,もいいのだが、
僕はやっぱりGIBSONかなと最近思う。あまりカチっと作られてないから、
風が通るようなゼーゼーという音がする。
 僕はウンチクはわからないので印象しか語れない。58年のJ-45は僕と
同じ歳だから買った。でも僕のお気に入りは山野楽器の最後のモデル。赤
と黒のJ-45。それにJ-50。この3本はアジャスタブル。サンバーストの
J-45はワンリングのノーマルブリッジ。このタイミングの作品は山野楽器
のこだわりか、指板が少し短い。GIBSONジャパンになってからの作品は
サウンドホールに際まできていてカッコ悪い。しなるような印象のネック
は決して弱くないようで、とても、僕好みの枯れた音をだす。
 
 最近、YAMAHAで出したヴィンテージのような音を目指したLシリーズ。
吉川忠英さんが使っているLJ26に興味があり取り寄せて弾いてみたが、そ
れはそれはお粗末なものでガッカリした。いろんなデータにもとずいて、
努力したのだろうがまったくYAMAHAらしい。メーカーにいくらもらった
のか知らないが、加藤和彦のあの「素晴らしい」という讃辞の言葉には耳
をうたがう。僕はそう思う。人は知らない。
 ジーンズも革ジャンも加工して古く見せても年月経てでる雰囲気は出せ
るわけがない。ニセモノだ。僕は嫌いだ。人は知らない。オールドの音が
欲しいならオールドを買う。でも新品がいいなら妥協する。まったくYAM
AHAらしい。家具も作るし、バイクも作る。ユニットバスや便器、タレン
トまで作ってしまうのだから!。ポリシーのないメーカーだ。
 YAMAHAに楽器を見に行くと、僕はいつもがっかりさせられる。自社の
楽器の説明を口につばをためて語る熱いスタッフがいないからだ。僕が夢
にまでみた初代のLシリーズ。あこがれのミュージシャンが使用したものと
同じモデル。僕はYAMAHAが好きなんだ。ホントはね。

 僕の部屋に古いYAMAHAがある。赤ラベルのFG-180。合板で作られたシ
ンプルなギターだが、新しい高級YAMAHAよりもずっといい音がする。僕
はそう思う。人は知らない。僕のFG180があたりなのかもしれないが、僕
のGIBSONとダブってしまう。40年も経つ古いYAMAHA、2006年の新
しいGIBSON。つい手がのびていまうギターこそが、そう、僕の友達だ。

 GIBSONがいい。僕はそう思う。人は知らない。
 古いYAMAHAがいい。僕はそう思う。人は知らない。
 
 




コメント
この記事へのコメント
又、ギターに触れるとは思ってなかったけど
何故か それなりに手元にあるのが 笑えます
もう弾く事はそうないだろうと 手放したが
結局 又増えてくる... 切ても切れない関係のようです☆
自分は000 か OM 路線が良いかなと...思ったけど
やっぱり俺はGibson派なのかも知れないと
つくづく思います なのにあれだけあったGibsonが
一本もないというのは 心もとないです...
ハミングバードかDOVE そのうち又縁があったらと 思います
J45B 似合ってるよ! 高価なギターは自分には似合わないと 気がついてるのですが 一本は弾き倒したいですな~☆
普段もって歩くのはOnationにしてます 何故なら
過去に懲りたからです 生きた木はあまりに辛そうで...
車とかに置いとけないでしょ!だから こいつは犠牲者です☆ 
2009/07/23(木) 00:20:51 | URL | 四葉のクローバー #-[ 編集]
そうだ、ギブソンはいいのだ!
やはりakkiにはハミングバードで、ちまちま弾かず、
ダイナミックに。チャボがかつてそうだったように、
おおざっぱなリフでね。
おれもさ、どうも技巧派は合わないようで、ビブラートのない
ストレート歌唱が似合うようだ。シンプルに、カポをしっかりして、
フォークソングを唄おうと思う。
シンガーソングライターだからな!笑
2009/07/24(金) 01:22:12 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/24(金) 23:26:54 | | #[ 編集]
何か言わせて…
う~~ん
YAMAHAは確かに何でも作るね!
でも 本当は職人気質あふれる
メーカーだったのさ なのさ・・・
エンジンサウンド どこか共通するものも
あったりする! 過去のトヨタ2000GTが
もっとも良い例だし 最高の技術屋集団
だと思う ただ 職人さんが
どんどん成長し外へ飛び出してゆく
それは どこの世界も一緒だと思う
一時竹ギターなるもの製作したり
新しい何かに挑戦する姿は これからも
必要だし 古き良き物だけを賞賛するのは
どうも 自分には出来ない ビンテージに
素晴らしい物がある でも どうしようもない
ビンテージ物もあるように
そんな事は お互いわかってる事だけどね
何か書かないとつまらんしね★
まあ 良いものは 良い 
職人気質が好きな国民でもある
又、新しいものにも 弱い国民でもある
機械化されたものが 悪いともいえない
職人一人一人の個性が出されているギターは
魅力があるし ただ 最近は弟子が作っているのが
ほとんどで本人が最後まで手を掛けるギターは
少数派だってことだし コストも高いですね
安くてよいギターは今や増え続けているし
今日 技術はどんどん 海外に流出 又
逆に流入され続けているわけだから
良いことなのでしょう 当時最高と云われるのは
マーチン以外認めなかった アメリカ と 云う時代は
終わったって事でしょう☆
後世に伝えようとする ルシア-が増えている事が
職人気質を高め続ける
結局 新 旧 延長線上だと思う
古きよき物をとるか 新しきよき物をとるか
さて 使い手 次第ということなのかな?
結局 何が言いたいのだろう?
結論
どっちも 欲しいという 欲望だけである★
ここの 二人は それに 違いない★ だな
2009/08/07(金) 01:01:00 | URL | akki #-[ 編集]
akki へ。
 YAMAHAは好きなんよ。
SR500というバイクに乗ってたんだ、むかし。
いいバイクでね、単気筒の。腹がタンクにぶつか
るんで、ハーレーに替えた。笑
 
 テリー中本氏がいたころはなにか特別だみたい
なことをいう人がいるが、じつはね、おれ、塗装
に関しては今のほうが数段よいと思うな。ネック
のヒールのところに水飴のようにラッカーがたま
ってたもの、むかしのYAMAHA。拓郎が嬬恋のと
き使ったFGサンセットがまだ北見のタケダ楽器に
あってね、気になってたり。FGで弾き語りなんて
のもカッコいいと思わないか?

 好きだよ、YAMAHA。
2009/08/07(金) 04:56:28 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
そう思ってたよ
明日これるといいね!!

mac OSX10.6導入の件だけど
問題ないと思うよ
ただ互換性心配なら現行にしておいて
様子を見てUPdate したら良いのでは?
2009/08/07(金) 20:55:18 | URL | akki #-[ 編集]
ギター談議。
私もギターの話になると黙ってられない性質(たち)でして。といっても病気してて手が思うように動かなくなってしまったので、ケースの中で眠っていますが、辛うじて曲を作る時用に一本だけ、スタンドに立ててます。
HOBOさんはコレクターではないとのことですが、それでも沢山お持ちですね。羨ましいです。
私のギターも自慢させてもらいましょうか。といっても写真は無いので、言葉だけになりますが。
まずは、ジョン・グレーベン作のDtype、デラックス・ヘリンボーンというやつで、サイド・バックがハカランダ、トップはジャーマン・スプルース。グレーベンは押尾コータローが持っているのでご存知かもしれませんが、フィンガーピッキング用の良く鳴るギターです。でも押尾君はサンライズで音を拾っているから折角の良さが伝わりませんけどね。
次は、フィールズという本来はクラシックギターを制作している日本人ビルダーの作。これは、Ftypeという少々小ぶりのカッタウェイモデル。これもサイド・バックがハカランダでトップはジャーマン・スプルースです。シンプルですが、個性的なデザインが施されていて作り手のこだわりが、うかがえる一品です。
もう一本は、スタンドに立てかけたままで、埃まみれになっている、オベーションで、レジェンドというモデルです。オベーションは、分厚いピックでガンガン弾き込んだので、かなり鳴ってくれます。とまあこんなものですが、このように書くと、私がかなり腕が立ちそうですが、実はへたっぴーでして、はっきり申しまして宝の持ち腐れでございます。
2009/10/04(日) 15:17:50 | URL | トクベー&キーボー #Nvwgs0qU[ 編集]
トクベー&キーボーさん
 トクベー&キーボーさんはヒロさんに出入りして
おられるのでしょうね。フィールズもグレーベン
もとてもいいギターですものね。グレーベンは
歌の伴奏に使ってるひとも最近多いですし、匂い
が、まだ人を受け入れる隙間があるギターかなと
思っています。あのおじいちゃんが作った楽器は
もう手に入らなくなるのでしょうね。OMをむかし
持っていましたが今はありません。べつに押尾さん
が嫌いとかそんなんじゃないんですよ。笑
 フィールズは実際弾いたことがないので何とも
いえませんが気にはなってました。

 ギターはぼくにとって声と同じで、個性的な
出音のものを好みます。ですからたとえば
ローデンのギターなんかはいいと思います。
ラリビーはつかむところが無いように思いますし
マーチンも枯れてない新しいものは雰囲気に
欠けるように思います。
Sumiさんのギターは指で弾いたとき独特な音が
するので下手すると持ってかれそうです。
すこしハスキーな声のギターはないものか、
いつも探しています。それは楽器屋をめぐると
いう意味とはちがい、聴こえてくる音を探すの
です。最近ではジャックジョンソンのギターが
とても乾いていてハスキーかなと。
トクベー&キーボーさんが言う通り、エフェクト
の多用はいただけませんよね。「素」がいい。

 
 いやいや申し訳ありません。ぼくも止まらない
汽車になりますので今日はこのへんで!
どうもありがとうございました!

HOBO
2009/10/05(月) 09:15:51 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
ギター談義2
いやー、参りましたね。
やはり、ヒロさんのことご存知でしたか。
ひょっとしてとは思ったのですが。

だけど、もうかれこれ20年近く行ってないので、完全に忘れられ

ているでしょうね。

>ローデンのギターなんかはいいと思います。

ローデンですか。残念ながらローデンは今まで生で聴いたことはないのですが、ベンスーザンが使ってましたね。でもあれは鳴ってませんよね、なんであれほどのギタリストがあのようなボコボコギターを大事につかっているのか分からなかったです。でもアレックス・デ・グラッシが使っているローデンは素晴しいと思います。彼の「Deep at night」で使用しているギターがローデンだとしたらですが、初めあの音はソモギだと思ったのですが、どうやらローデンらしいので・・・定かではありませんので、違っていたらスミマセン。

ラリビーですが、個人的には好きなギターで、初めてヒロさんに「ラリビーありますか」て聴いたら「あんなのアカンで」一笑されました。

マーチンは主にヴィンテージモデルなど20本ほどですが試奏してみて、良かったのはたった一本、それもヒロさんのところで、1945年製のOOO-28でした。あれは当時90万円でとてもじゃないけど手が出ませんでしたが、本当に凄かった。ジャラーンと軽く鳴らしただけで、まるで、ボディの中に共鳴弦が何本も張り巡らされているような音、思わずサウンド・ホールの中を覗きこんだほどでしたから。

スミマセン。Sumiというギターは知りませんです。
それにしてもハスキーな声のギターとは難しそうですね。

ということは、ソモギなんか眼中にないということですね。

あ、そうだ、あと好きなギターが、レオ・コッケが使っていたチャールズ・ホフマンがいいですね。といっても彼のレコードでしかその音を聴いたことがないのですが。

ということで、有難う御座いました。
2009/10/05(月) 13:42:03 | URL | トクベー&キーボー #Nvwgs0qU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。