Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IZONという名の犬をだいて。
 疲れ果てて帰る途中、信号待ちでぼーっとしていると、横断歩道を
犬を抱いて歩いてくる男性がいました。街はさっぽろ祭り、さすがに
歩き疲れた顔をして。よく見ると抱かれている犬も疲れた顔をして。
みんな疲れた顔をして。犬はけして小さくない中型犬、おそらくパグ
だと思いますが「おいらも疲れたよ~」と言う声がきこえそうなぐら
い、飼い主の腕のなかでぐったりとしているのです。そして気持ちよ
さそうに。
 信号を渡り終え飼い主は犬を舗道におろしました。犬は極端に不愉
快そうな顔をして舗道にピョコンと寝てしまったのです。その光景が
おもしろくHOBO笑っちゃいました。だってホントにコテンっと横に
なったのですから、人ごみのなかで。
 飼い主は必死に犬を歩かせようとして、つなを引っ張ったりなだめ
たりするのですが、犬は前足をパンっとつっぱらかして抵抗。数十秒
のこの光景、すみません、ぼくは笑っちゃいました。疲れて抱いても
らったのがとてもラクチんで、歩くのがいやになったんですね。だだ
をこねる子供のように。依存というものは恐ろしいなと思いました。
ぼくはふりかえりながら発進しましたがまだ犬は足をつっぱらかした
まま。なんか可愛くもあり、切なくもあり、ぼくの依存はもっと深い
のかなと考えながら家路を急ぐHOBO。コーラのカップが欲しいばか
りにマクドナルドに通う意志の弱いダイエット志願のぼく。思ったら
何が何でもというぼくの意志の強さを、ダイエットに向けられないも
のか!辛いことを避けて通り、ほしいものは必ず手にいれる。ぼくは
最低の依存男です。

 ぼくはさっき見た前足をピンっとつっぱらかした犬に『IZON』とい
う名をつけました。ラクチんが身についたぼくのような犬。
あのナマケモノの犬は放置して帰るべし。「どうかそうしてください
!」と、こころの深いところで涙をながすHOBOでした。



HOBO
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/18(金) 23:53:08 | | #[ 編集]
ナマケモノの犬。(笑)
時々見かけますよね、そんな犬と飼い主の格闘。
どんなに重くとも、そうさせてしまった飼い主の責任。(甘やかし放題。)
そう思って本人は抱っこしているのかもしれませんが、肥満過ぎる犬などを
見ると虐待のようにしか思えなかったり・・・・。

キチンとした体重コントロールと犬の体格にあわせた適度な運動・・・。
それはあくまでも理想ですが、のほほんと生きたい犬もいるかもしれない。(笑)
私も犬好きなので、どんな犬でも可愛いなぁと許してしまいそうですが
やっぱり五月蠅く吼えまくる犬にはイライラします。

総合:ある程度のしつけは大事です。
2010/06/19(土) 00:06:08 | URL | そらまめ #-[ 編集]
そらまめさんへ
コメントありがとうございます。
自己管理能力のある犬がいたらこわいでしょうね。
この犬はもろにいやな顔してましたから!なまけものの犬め!
舗道に寝転んで、「さあ!殺せ!」みたいな。飼い主はやはりやさしい眼を
していましたし、それが苦痛ではない顔をしているぐらいですからね。
メタボの犬。ずるい眼をした犬。ぼくは戌年ですからねえ、わんわん!
糖尿病は犬にもあるのでしょうかね?インスリンとか、透析だとか。
こわいですね、なんか。はは
いつもどうもです、そらまめさん。


HOBO
2010/06/19(土) 23:54:13 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。