Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Collingsはガリ勉野郎か
 Collingsのコアの音が変わってくるのを目の当たりに
して、わくわくの毎日。ブリッジの弦の溝の作りの良さ
にはビックリしたな。リングの収まる位置が正確で、い
いいかげんさが全くない信頼のおける楽器だ。音が硬い
という評を耳にするが、かっちり作られた隙のない道具
の宿命か!遊びがないカタブツ、それがCollingsだ。
 遊びを知らないガリ勉野郎はつまらない。逆に遊びが
一流でも知的さのないオバカさんはもっといらない。色
気のない安全そのものの恋人もはたしてどんなものかな。

 どうだろう?Collingsはつまらない相棒なのか?カタ
ブツで、隙がなく、まして頭が角張っている。コレクト
する楽器でプロは使わない。そんなイメージのGuitar。
僕は、硬質ではあるが単音で弾いたときの、ピアノのよ
うな乾いた音、粘りのある中域、きらきら感。弾けば弾
ほど育つ感じ、僕は好きだな。塗装が少しテカり過ぎの
ようにも思うが歳を重ねると大丈夫だろう。いまが僕の
青春と思えば、いつになるのやら、焦る。笑。

 だれかオールマホのOMかOサイズのCollingsをお持ち
なら、どんなもんか教えてください。いま非常に興味が
あるのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。