Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OMというカタチ
169_convert_20080507135454.jpg


 ちいさくても滲みわたる声がある。
このブログのサブタイトルだが、ギターにもサイズがあつて、
ちいさくても心に響く音、目立たないが、その控えめな存在、
んー、参ってます!
 僕の在庫から5本処分して、CollingsのオールコアのOMを
手に入れました。これから育つオールド楽器のような、奥深
さを感じてます。もっと硬いと思っていましたが、意外に丸
く、芯のある音がします。やったー!という感じでしょうか。


・?convert_20080508111354


 じつは、MartinのOM42という僕のお気に入りがいるのです
が、性格がまったくちがいます。太さではMartin、繊細さなら
Collings、ってな感じで。さらにもう一本のFURCHのOMも、
ぐっと肩をいれ参入するだけあって音では負けませんね。笑
1/5のプライスなのにFURCHは凄いぞ、甘さでは群をぬく。
 世の中にはちいさくても凄いものが沢山あり、適材適所とい
うか、使い分けをする楽しさこそが、妙であり、やめられない
「贅沢」といったところか。言えるのは、指で弾いた音を録音
するのなら、OMがいいのではと実感です。近々、「家族」と
いう曲を皆さんに披露できると思いますが、そのギターの音は
FURCHのOMで録りました。どこかナイロン弦を思わせる、そ
れはそれは甘い音です。いつかCollingsが育ち、沢山の曲の中
で、自分らしさを主張し、ともに生きてもらいたいと、ちょっ
と遠くから眺めては、にやけて、連休の最後を楽しんで。
 さあ!「明日から君たちと遊んでる暇はない!」と言いなが
ら、仕事もそこそこに家路を急ぐHOBOの図。笑





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。