Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ日本人は勝てないのか?
 真央ちゃんが逆転できるといいな。キムヨナにも頑張ってほしいが、
やはり日本人として浅田真央を応援したい。
 先日、国母選手のことを書き「あの態度はけしからん!」とHOBO
言ったが、結局国母選手のパフォーマンスを観ながら「頑張れ!国母!」
と叫ぶ自分がいた。やっぱり俺は日本人なのだ。短足の。

 「オリンピックは参加することに意義がある」と、昔、どこかで聴い
たことがある。スピードスケートの長島選手や加藤選手、フィギャー
スケートの高橋選手おめでとう!その他メダルをとれなかった沢山の
選手たちにもご苦労さんといってあげたい。しかし、どうして日本人は
勝てないのだろう?
 先日、母がTVで競技をみながら「どうして日本人は勝てないのかねぇ。
韓国も中国も同じ顔して身体もちいさいのに凄いねぇ。日本人は根性
がないのかねぇ」と言った。煙草を吹かしながら。
 日本人は根性がないのだろうか?気合いと根性だけでメダルはとれるの
だろうか?HOBOの結論、まずは気合いと根性なのかなと思う。他を押し
のけてでも自分が、という競技では日本人は勝ててないじゃないか!ショ
ートトラックにしても前にでることができない。だから今回メダルをとっ
た選手たちはもの凄い根性の持ち主だということになるだろう。 これを
読んでいるひとは「馬鹿な事をいうやつだ」と思うかもしれない。しかし、
アスリートたちの「勝ちたい!」という気持ちが足りないのではないのか
とHOBO思うのだ。勝ちたいという気持ちがいくら強くても勝てない選手
はそこまでの選手。相撲という競技がもしもオリンピックにあったらきっ
と日本人のメダリストは出てこないだろう日本以外のどこかの国の根性マ
ンがメダルをかっさらっていく。がむしゃらに勝ちにいく日本人選手がい
ただろうか?俺のいう根性というのはひたむきな姿勢のことをいう。
くいしばる奥歯の強さをいう。

 日本人はお人好しでのんきだ。お国柄か、まったりして。
技術は練習で磨ける。そこに考え方や精神の柱をぶちこむ。カーリングなど
はまちがいなく技術不足。だから逆になんとかる競技。あとは真央ちゃんの
したたかさと器のでかさが本物なら逆転だろうな。でも風格はキムヨナに
軍配か?「あんたになんか負けないわよ!」って、キムヨナの顔をかっちゃ
くぐらいの根性があれば真央ちゃん、もっとカワイイのに。
 長野のときのジャンプには泣かされた。忘れはしない。
「船木~!」
船木はどこへ行ったんだい?おれはメダルをとっていい気になり、鼻が長く
なった選手ほどみじめなものはないと思う。個人的にかれに恨みもなにもな
いが結果だけでわかるというもの。挑戦し続ける姿勢がひとの心を打つのだ
ろうな。
 日本人の気質か。恵まれすぎている環境が根性低下につながるのか。
一歩さがって常に謙虚であれ。わびとかさびとか。ひとを押しのけてでも、
顔をかっちゃいてでも勝とうとする気持ちの強さが足りんのだと、母は言
った。


 そうなのかなと思った。






HOBO


 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。