Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺のチーム
 言いたいことが伝わらないのってつらいな。
本当はそうじゃないのに、そんな意味じゃないのに!
「こうなってもらいたい!」という想いから、どうも俺は相手に
求めすぎる感があるな。反省。重要だと思うことでも、相手が
そう思ってないとか、また、その逆とか。
 難しいな。落ち込んでます。はい。
特に女性の心理はややこしい!すぐ泣くからな。きっと口惜しい
んだと思うが、すぐ泣く。仕事とは責任を覚えることだと思うんで、
どしても、仕事=責任の話になる。だけど気づいてはいるが、
正論を言って反感をかったり、ましてや泣かれたりする場合、
正論を言っている側に問題がある場合が多い。
「あんたに言われたくない!」状態だな、要するに。
 いやー、参ってます、はい。

 ついに出来上がったCDの話を書いたばかりだが、曲づくりと似てる
かなと感じる。とくに自分以外のひとが書いた詩に曲をつけ、演奏し、
歌う。詩にはそのひとの、作ったひとのリズムがある。イメージとか。
曲づくりにもリズムがある。イメージも。
 相手の気持ちとか、想い、イメージを形にするのはとっても難しいな。
そして聴くひとに喜んでもらうなら、なおさらだ。企業の人づくりが曲づくり
と同じとは言わないが、どちらもやりがいがあるな。んー。
 曲づくりや歌唱の才能があるかどうかは周りが判断してくれると思う。
しかし、ひとの心をまとめる力はないな、俺には。ごめんなさいだ。
おれの姿勢、考え方、それを映し出しているのが、俺のチームだ。
中身の向上、人として、俺がしょぼくれていたら、かわいそうだ。
いや、失礼だな。レベルアップだ、俺の!

 おれは「家族」を知らないが、このまえ泣かした事務員も、教務の先生、
指導員、みんな俺の家族だもんな。厳しいことも言うが、それは幸せに
なってもらいたいからだ!幸せになろうね!俺、でっかくなるからさ!
仕事ができることに感謝して、一緒に居られることに感謝して、生きて
いることに感謝して!
 俺は今、一番幸せだ。明日はもっと幸せだろうし、あさってはもっともっと
幸せにちがいない!ブルースを唄いながら、幸せにできなかった人たちの
ことを思い出している。いまの自分を、裸の自分を唄い続けることがHOBO
な生き方なんだと、またFURCHを抱きしめて。
 俺は幸せだ。
 だって、「俺のチーム」があるんだもの!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。