Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ザ•リバー」という名曲
誰にもある名盤。
こころの中にある名曲。
ぼくは何度も
この曲を聴いて泣いた。





ザ•リバー/ブルース•スプリングスティーン


俺がでてきた谷間の町ってのは
若い頃に「せめて父ちゃんぐらいにはなれ!」
そんなことを言われて育つところなんだ
俺とメアリーが出会ったのは高校のころ 彼女は17歳
俺たちは車で谷を下り草原まで行ったのさ

川に下りて 中に飛び込んだりもした
俺たちは川のところまで行ったんだよ


それから俺はメアリーをはらませてしまった
彼女がそう書いて俺に伝えたんだ
俺は19歳の誕生日に
組合員証とウエディングコートを手にいれた
役所に行き手続きを全てやってもらった
微笑みもなく教会の通路を歩くこともなく
花もなければドレスもない
その夜 俺たちは川に行き
川に飛び込んだのさ
川のところまで行ったんだよ


ジョンストン社で建設作業の仕事をもらった
でも近頃 不況とかのせいで仕事がないんだ
大切だと思って信じたものが
全部空に飛んで消えちまったのさ
俺は関係ないふりをして
彼女は気にしてないふりをするけど

俺たちは兄貴の車で走った
彼女の日焼けしたカラダを貯水池の土手の上に寝かせた
そして手をつないで眠ったのさ
夜中に目をさまし彼女の息づかいを確かめた
そんなことを思い出してるんだ 呪いのようにね

夢って叶わなければだだの嘘っぱちかい?
それとも俺にとっていちばん悪いことなのかい?

川が干しあがっているのはわかっていたさ
だけど俺はここにやってきた
彼女と俺
川のところまでやってきたんだ
やってきたんだよ

ああ!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。