Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の前で「しょうがない」って言うな!
 小沢一郎さんや貴乃花さんのことをあーだのこーだのって
言うのはおふくろに腹を割ってる証拠で、なんでも言いあえる
親子だと思うからあーだのこーだのって言うんだな。なのに
「しょうがないでしょうそういう人たちなんだから」
「ひとそれぞれだからしょうがないでしょう?」
これだもの! 

「しょうがない」っていうのはさ、使い方をまちがえると
けっこう傷ついたり。でもしょうがないか、そう言わせてるのは
俺だもの。もっと話を聞いてやればよかったと思う。おふくろが
「しょうがない」って言うのは、俺と話してもしょうがないという
意味なんだと思う。あきらめるとうことは終わりということか。
淋しいと思うが俺とおふくろは、もう「しょうがない」関係だと
いうことか。

「しょうがない」とは、もう自分たちではどうしようもない
という意味ならきついな。「しょうがない」とは自業自得
という意味か。本当に腹を割って話したことがあるだろうか?
あるならホントにしょうがない。すこし投げやりな、未練がましい
イヤな言葉だ。

俺の前で「しょうがない」って言うな!
小沢一郎はタヌキで、貴乃花は変な髪型だって言っただけじゃないか!

コメント
この記事へのコメント
相槌だと思って
HOBOさんの書き方はご立腹らしく聞こえますが、
読んでいるものにはなんとなく微笑ましく。
小沢一郎はタヌキだ、貴乃花の髪形は変だ、というのに、
「ほ~んとだよね!」「そう思うそう思う!」と
すごく熱心に賛同されても逆に腹が立つのでは?(笑)
「へえ」とか」ふうん」とかいうような、相槌の一種なのでしょう。
無反応、よりいいとお思いになって(笑)。

よく電車などで、お年寄りの会話を聞いているとおかしいですね。
相手の話に全く答えてない。
相手が嫁の話をしても、出てくる返事は、自分の家の庭木の話(笑)。
それに対し相手はまた嫁の話(笑い)
それでちゃんと会話した気分なんですから(笑)。
先日もバスの中で、老夫婦が乗り合わせていて。
おじいさんが、「ここは昔文房具屋だったんだ」という。
おばあさんは無反応。
お祖父さんはまた、、「ここは昔文房具屋だったんだ」
また無反応。
長い信号が変わってバスが動き出し、その店が見えなくなるまで、
おじいさんはその言葉を6回くらい繰り返していましたよ(笑)。

でも、若い人でもいますよね。
「しょうがないだろ。そんなの」
「しょうがないでしょ。知らなかったんだもん!」

これには腹が立ちますね。
私も基本的に、しょうがない、という言葉はあまり好きではありません。
でも、自覚しないでやっぱり使ってるんだろうな(笑)。
いや、どうだろうな(笑)。う~~ん(笑)。

あきらめてほしくないんですよね。まだ。
そのHOBOさんのお気持ちは、すっごくよくわかります。

まあでも、親子、夫婦の日々なんて、そうして淡々と過ぎて行きますよ。
しょうがないですよ(笑)

あ、怒る?(笑)


2010/01/16(土) 08:54:41 | URL | 彼岸花 さん #bKDOO.Zg[ 編集]
彼岸花さん
日本語というのはむずかしいですね。いや、言葉って奥深い。
活字になった面だけみて解釈できるものではないのかもしれないし、
こころをこめて伝えたらまるでちがう意味になったりする。
どこの部分で通じあうのか、思いやりのある聞き方、思いやりの
ある伝え方が会話なんだなとバアバを見ていて思います。

HOBO 、曲を創るスピードがとても遅く、創っては放置して、
遠くから眺め、そして近づいてまた放置する。そんなこんなですから
なかなか完成までいきません。お待たせしておりますが、しばし!


HOBO
2010/01/17(日) 11:26:05 | URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。