Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FURCHを抱いた渡り鳥
 FURCHのguitarが好きだ。
Gibsonオンリーだったのに。
コレクターではないけどFURCHが4本になった。
MartinでいうOMより少し大きな「G」。カッタウエイのほうが、
トップがシダー、サイドバックがマホガニーだ。
カッタウエイのないほうが、シダートップ、ローズサイドバック。
G-23CMCT,G-23CRだ。
双子の兄弟といった感じだが性格はまったく違う。
ぼくはピックを使わないので固い音は好まない。
古くなった角のとれた弦の音をつねに求め、今のところ、
マホガニーのほうが温かい音がする。
ローズのほうは、ピアノのような単音、メロディーを弾くなら
こっちのほうが良いかもしれない。
つくづく思う、FURCHは素晴らしい!本当にスバラシイ!





 ちょっとデカイ「S」。
ポジション、持った感じがとても良く、弾きやすい。
色の黒いほうが,「S-23CMCT」。
シダートップ、マホガニーサイドバックだ。素晴らしい音がする。
出過ぎず、温かく、まるい。10年後が楽しみ、見えてくる。
それにしてもシダーとマホの相性は、good!good!good!
順番待ちで、Mファクトリーのピックアップに決めた。
待ちきれない、楽しみだ。
 色白美人は「S-24SRCT」。
スプルーストップ、ローズウッドサイドバック。
ツブだちの良い名器、大当たり!この品番のモデルは現在
生産してないらしく、シルバーメッキのペグに白いバインディング。
もっと焼けて、もっと枯れて、角のとれた大人になってほしい。





 このまえ、バイク屋のショーウィンドゥに見覚えのあるバイクが
置いてあるのを見かけた。古いHARLEY-DAVIDSONが泣いて
いるように見えた。それは知人が大切にしていたバイクで、
彼ははバイクを降りたのだという。糖尿病で、眼が見えなくなって!
 眼が見える僕は幸せだと思う。それなのに不平不満を並べ、
要求ばかりの僕は「馬鹿者」だとも思う。
「FOR SALE」の紙を横目で見ながら、僕は大急ぎで家に帰って
FURCHを思い切り抱きしめた。
少し増え過ぎた子供たちを眺めながら。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。