Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わかってるってこんな感じだ
 「わかりあう」ということは大切なことで、バンドをやるなら
そんなメンバーでやれたらいいなと思う。音数の少ない隙間だらけ
の、「わかってるよ!」とうなずく音が聴こえてきそうな。その
緊張感がたまらない。

 Bonnie RaittとNorah Jonesの競演、ちょっと意外だったが、
じつに素晴らしく、しびれてしまった。Norahのヴォーカルは天才
だと思うが、Bonnieのギターはもっと素晴らしい。しっかりと主張し
ながら決しておたがいを邪魔しない。それどころかなくてはならない
和音のような関係なのだ。
 ぼくのいうバンドというのはそんな関係、ヴォーカルは周りを引き
立てる、周りはヴォーカルを引き立てる。だからとても愛している。
好きで好きでたまらないから一緒にやる。誰でもいいわけではない
のだ。いくら上手くてもそこに温めるものがないと意味がないんだな。

 もともとNorah Jonesのバンドは素晴らしいと思っていたが、
ジャンルなんか関係ないんだと思ったな。わかりあうってこんな感じ
かな?おそらくNorahの弾いているのはローズだと思うが、最近、
この永遠の名器「ローズ」が復刻された。とても欲しい。73鍵の
赤いやつ。また、Bonnieが弾くでかヘッドのストラトもじつにカッコ
いいな。

 「わかりあう」ってこんな感じだと思うよ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。