Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツの恋人
ぼくは車が好きだ
かたちの変わらない
古い車
新しいものは好きじゃない
古くなるから
だから 
ぼくは古いものが
いちばん
新しいと思っている
1966型
6ボルトの
フォルクスワーゲン
なんと頼もしい
我が良き友よ
いつも
おだてながら
キーをまわす
悪いもんじゃない

壊れたら
直して使う
ものは
直しながら
つき合うものだ
また
良いものほど
修理がきく
モデルチェンジを
頻繁に繰り返す
MADE IN JAPANは
ろくなもんじゃない

それにしても
ドイツ人の考えるものは
本当に
よくできていると思う
ライカにしても
ぼくのフォルクスワーゲンにしても
無駄がなく
シンプルで
飽きがこない
そして
なにより美しい!
もともと
道具というものは
伝統の名のもとに
語り継がれて行くべきもの
「道具」とは
単に
「物」ではなく
魂を入れることのできる
人生の伴侶だからだ

雪がとけたら
この愛らしい恋人と
ラベンダーの咲く
あの丘まで
旅でもしようか

思っている


HOBO
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。