Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の五稜郭
 函館の朝は暖かく、雨にけむる五稜郭タワーが淋しそうだ。
早く起きて風呂に入り、五稜郭公園を散歩しようと思ったが、あいにく
の雨。しかたなくノートパソコン持参で公園内のCAFEで手作りのパン
と浅くひいたコーヒーで朝食だ。ホテルの朝食はどこか味気なくみじめ
になるのでテラスのあるこのCAFEにきた。ここでも喫煙者は片隅に追い
やられ、「外で煙草を吸ってください」と壁に貼り紙があった。
遠慮しながら吸う煙草はうまいのだろうか?

 函館山に登ってみたいと思いながら未だに登ったことがない。
そこから見渡す夜景は天下一品ですよ、と噂には聴いていたし絵ハガキ
などで見たことはある。きのう少し登ってみたが、途中お墓が見えてきて、
与謝野晶子がどうしたこうしたと説明の書かれた看板を見ていたら、
なんか怖くなったので急いで下りてきた。車一台通るのがやっとの山道、
ふと見下ろすとそこに絵ハガキに見たあの景色があった。

 自分のことは自分がいちばん見えず、間違いに気づけない自分を、
たまには遠くから眺める必要があるのかなと思う。当然と思うことの中に
間違いはあり、当然と思っているから結構その間違いは根が深いことも
多い。遠くから眺める自分を無責任な空の下にさらすこともときに必要な
のかなと考えたりする。

 悩み事や納得できない出来事もたくさんあるだろう。しかし、そんな
ものはとても小さいのだ。空の上から、五稜郭タワーの上からぼくたちが
見えるだろうか?ぼくのまゆげがゆがむのを誰が見つけてくれるだろう?
ちっぽけ、ちっぽけだな、なんてちいさい。遠くから眺めて、ときに
近くに寄ってみる。気づかなかった泪の跡を、見つけることができるかも
知れない。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/10(火) 22:24:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。