Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FURCH
フォルヒ
先日、フォルヒのギターを手にいれました。
お気に入りの Gibson にサヨナラではなく
性格のちがう友達が参入してきたといった
感じでしょうか。
 きっとフォルヒのギターは歌の伴奏には
不向きなのか、音が出すぎる感があります。
ぶっきらぼうな ぼくの声に合っているかどうかは
わかりませんが、ひずまない少し湿っぽい太い音は
ぼくの言葉をつつみこむ やさしさと温かさに
満ちているのです。 きっと ブルースなギターに
育つでしょう。 素晴らしい!!
 ぼくのフォルヒはGタイプの
サイドバックがローズウッドのもので
OMタイプのマホガニーサイドバックのバージョン
はないものかと 「スタジオM」にきいたところ
特注でオーダーはできるという。
また頭の中で想像をふくらませ、すごす日々に
あこがれるのです。はい。
ギブソン


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。