Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポーツマンは爽やかじゃないと!

 HOBO、じつは野球少年だったんですね。中学まではピッチャー
でした。高校に入って1年間は野球をやったんですが、HOBO、どう
しても音楽をやりたいという気持ちが強く、というか、髪をのばし
たかったんですね、勉強に打ち込むみたいなことを顧問の先生にウソ
を言って辞めちゃいました。今になって後悔してますよ、辞めなきゃ
よかったと。途中で背をむけたチームメイトたちとの付き合いも
途絶えましたし、なによりリタイヤのうしろめたさは痛いですね。
こころの財産というか、誇りというか、そんなぼくが,やり続けること
の大切さを子供たちに伝える仕事をしているなんて不思議だな。
不思議だと思いますね。

 いつもYGマークの帽子をかぶって歩くほど巨人フアンだったHOBO
でしたが、あのころのジャイアンツはよかったと思いますね。絶対的な
オーラがありました。ん~、なんかちがうんですね、今回のドラフト
にしてもクライマックスの戦いかたにしても、なんかちがうんですよ
ねえ。まあ、あまり過激なことを言うと叱られますんでなんですが、
菅野投手ですか?原さんの甥っ子だかなんだか知りませんがね。日ハム
に行ったほうがいいと思いますよ。基本的には自分の好きなことをやる
べきだという考えはあるんですよぼくは、しかし、身内バカというか
、何様なんだというか、本人のためにならないことを平気でするン
ですから困ったもんですよね。あのワガママな顔と口のききかたなど
は仕付けの悪さ丸出しですもの。原監督は個人的に好きだったんですが、
やっぱりボンボンなんでしょうかねえ?
スポーツマンは爽やかでないと。
ドラフト制度がそうなってるんですから、まず指名されたことに感謝す
るべきしょうね。野球ができることに、健康な身体があることに。
そのことを教えてやらなければ。教育する絶好のチャンスだと思いま
すよ。もしも菅野投手がジャイアンツに入っていたら、ん~、どうだ
ろうなあ?周りのひとたちはシラケるんじゃないかなあ?まず、他の
選手が育たない、コーチがもっとイエスマンになるだろうな。本人も
周りに気を使うようになる、ならないか?かえって日ハムのようなチー
ムで結果を出してジャイアンツにくればいいのに。そう思うんですが
ね?みなさんどう思いますか?甘やかしちゃ駄目ですよ、いい人材も
駄目人材にしてしまいますよ。技術だけじゃないぞ、プロは人間性が
備わってないと通用しないと思いますがね。ごめんなさいね、菅野投
手の顔は爽やかではない。こころに響いてこないんですよ。でも
それは、ん~、どうかなあ、周りがそうしちゃったんじゃないのか
なあ?そんな気がしますね。スポーツマンは爽やかじゃないと!
原さん、若大将!
最近、爽やかじゃないですよ!
あ~あ、


HOBO
スポンサーサイト
ヘリコプターの音はハーレーの音だ。
 前回、東北出張のときこっそり買って来たバイクをこの冬、
仕上げようかなと考えている。浪費を厳しく批判されることを恐れ、
言わずにいたがもうそろそろいいだろう。岩手の店から陸送で、
1980年のHARLEY-DAVIDSON•FXS,いわゆるローライダーの
オリジナル。岩手で淋しそうに泣いていたから衝動買い。ショベルの
1340cc,赤というのも珍しい。この年式だとだいたいがシルバー
と黒のツートンだから、ん~、ほんとはね、初代ローライダーが
欲しかったHOBOだが、まあ、泣いていたから、というか運命的、
なにかの縁というか。じつはぼくが買わなかったら津波にもらわれて
いく運命だったから。ははは、だから、縁というか運命というか、
不思議だな、ホントに不思議だと思う。いま、ぼくのガレージで眠る
赤いローライダーは来春デビューする。

 まず、タンクの上のメーターを古いFLのものと交換しよう。この
時点でもうローライダーではなくなるのだからHOBOもずいぶん大胆な
ことをするものだと皆さん思うでしょう?でも好きなんだからしょうが
ない。そしてキャストホイールをスポークに換える。リア16インチ、
フロント19インチのまま。キャストをスポークに換えるなんて!
ローライダーからまた遠くなるじゃないいか!ははは、でも好きなん
だからしょうがない。シートはシングルの少し厚めのものを探している。
車高はリアが2インチ、フロント4インチのローダウン。この車高で
ドラッグバーで決められたらイチコロだ。もともとスーパーグライド
のイメージがHOBOの純情に響いているので、今回はこんな感じの
改造にふみきるつもりだ。ベルのヴィンテージジェットをかぶり、
ぼくはこのバイクにまたがってどこへ行こう?東北で泣いていたバイク
が北海道のアスファルトにデビューするのだ。
カッコいいと思わないか?

 ハーレー以外をバイクと呼んではいけない。オートバイとは生き方
がちがう。ごめんなさい、とても個人的な意見でありますが、ぼくは
ゆずらない。ハーレーほどオモロいバイクはない。いい悪いではない、
好きなんだからしょうがない。男がハーレーにまたがるということ、
ハーレーをチョイスするということ。ショベルであるということ。
この年式にこだわるということ。デッキーズの50インチのつなぎ
を着てガレージにこもるということ。センスという暮らしにあこがれる
ということ。生きているということ。

 少年は空を飛ぶ自衛隊のヘリコプターの音を聞いて、「ハーレーの
音に似ているね」と言った。バサバサという乾いた音だった。
1969年、キャプテンとビリーと一緒に旅した少年は53歳に
なっちまった。いつまでも、いつまでも純情を抱いていたいと思う。


いいか悪いかではない好きかキライかなんだよ。
 ぼくの家から歩いて5分ぐらいのところに古いオーディオ
ばかり売っている店がある。『HOBO's CAFE』で使うオーディ
オのことで半年ほどまえからここで相談に乗ってもらっているのだ。
店舗も決まっていないのに気が早いと思われるかもしれないが、
ぼくは自分の性格をよく知っていて、ふつうはカネが貯まってから
購入するものだと思うが、なにせCAFEで使うオーディオだけで
600万円を超えるのだからいっぺんには絶対無理、したがって
今月はC-20、来月はMC-30をひとつだけ、さ来月はMC-30を
もういっぱつ、みたいな買い方をしないと、持っていたらすぐ使っ
てしまうぼくの性格、やっとここまで、ついに最後のハーツ•フィ
ールドを買うだけに。オーディオのあとは店舗の決定、敷金礼金、
内装費、オーディオの2倍3倍はかかるだろう。
頑張って働かないと!明日は別海町まで行ってくる。峠は雪が降って
いるだろうな、生きて還ってきたいものだ。それこそ、キムタクが
出ている『南極大陸』じゃないがデカイ夢に向かっているHOBOだ。
どうして人は感動するのか?、、、、それは、純情に響くから。
いつまでもこころの奥に純情を!夢はいままさにそこにあるのだ!

 オーディオ屋の主人は80歳を超えているだろうか、でもきっと
誰よりも純情なんだと思う。古いJ B Lを鳴らすならこのアンプで
なければ駄目、プレーヤーはこれ、誰がなんと言おうがまったく
聞く耳を持っていない。ぼくが「C-22はどう思いますか?」などと
質問しても思い切りイヤな顔をする。「トーレンスはどうですか?」
なんて訊いたものなら鼻の上にグシャっとシワをよせてまたもっと
イヤな顔をするのだ。それぞれいいところがあるなどと絶対に言わ
ないところが主人のいいところなんだろうが、この極端さが純情に
響くからいい音なんだろうなと思ったり。やはり、いいか悪いかでは
ない、好きかキライかなんだなとぼくは思う。けして妥協せず、
好きなことをするべき。

 先日ぼくの後輩が「ハーレーを買おうと思うんですよ、壊れたら
いやだから新車にしようかなと思うんです、なにがいいと思います
か?」という質問ですよ。笑っちゃいましたよ。ぼくは思い切りイヤ
な顔をするオーディオ屋の主人のことを思い出した。壊れるとイヤ
ならハーレーなんか乗らないほうがいい。なにがいいとか悪いとか
じゃないんだよ、好きかキライかだ。好きなものに乗ればいい。
誰がなんと言おうが好きなことをやるべし!
ぼくかい?そうだな、今なら1970年式のFL、黒。サイドのバック
を残しバディシートだけを外してシングルのベタずけにするな。
1971年からはフロントがディスクになるからオモロくない。前後
のブレーキがドラム、スイングアームが丸型のショベルは1970年
だけ。アーリーだと値段がバカ高くなっちゃうから。誰がなんと言お
うが、いいか悪いかではない、好きなんだからしょうがない。しょうが
ないんだな。後輩は、壊れるとか快適だとか早いだとかみんなどう思う
かだとかそんなことが選択の基準になるらしい。オマエな、訊く人を
間違えてるだろう?オマエとは純情の鮮度が違うんだよ。好きなもの
に乗れ!好きなことをやろう!そしてこころの純情にマフラーの音を
響かせようじゃないか!

 明日、ジャスマックでやるライブ行けなくなっちゃいました、
社長ゴメンナサイ。HOBO、別海に行くことになりました。主催はオー
ディオ屋の主人。怒られちゃうな。とびきりのJAZZを響かせようと
思ったのにな、残念!
まあ、車中、マイルスでも響かせて別海まで行きますよ。
いいか悪いかそんなのどうだっていい。
好きかキライでいいんですね。
ぼくは純情の鮮度が違うんですよ。
だからびんびん響くのです。

びんびんですよ。


HOBO
Emならまだ憂鬱じゃない。
 病んだ人ばかりだ。自覚症状がないのだから厄介だな。
能力を超えた表現をしようとする自称詩人などは特にそうで、
みょうに突っ込んだ話をするとすぐにボロをだす。匿名を
駆使する正義感の強い少女はきのう舌をかんだ。自分の舌が
こんなにも分厚いんだとはじめて気づいたりする。
 サラリーマンは代理業務という言葉すら知らない。風は上
ばかりじゃない下からも吹くんだと、口の減らない賢者たちは
言う。自分の成長を自分で気づけないというのだから、すでに
死んでいる。

 自分が気ちがいだと知っている人は病んだりしない。かけっこ
をしても負けたことがないと男は言った。でも彼はいつも喉に
骨を詰まらせて、それはひどい咳をする。ぼくはその滑稽な
絵を額に入れて飾ろうとした。でも白い壁には大きな穴が二つ
あったのだ。きみはその穴の前に立って咳き込んでいる。
会議が始まるよと誰かが言った。彼は黒い血を吐いた。
 買ったばかりのスーツに猫がぶら下がっている。無礼なことを
するなと叱ってやった。無礼なのはオマエだと言われた。猫は
ぼくよりエラいのだ。きみは自分を変えられるかい?変わろうと
しないからだよ。認めてほしいならもっと腰をふりな!
明日はもっと素晴らしい一日になる。

 ぼくはひからびていく夢を見た。誰よりも先にぼくはひから
びていく。黒くなったぼくのようなものが見えた。屋根の上に
ぼくを見ているきみがいた。あこがれてきみは屋根になった
のか。『遊女と姦夫』という作品はぼくが書いたのです。
知らないでしょう?ぼくは病んでなんかない。ぼくは気が
狂っているだけなんですと、

 病んだ人ばかりだ。


HOBO
表現の自由。
ぼくの欲しかったものはなんですか?

表現の自由か。
こんな『流星』もあったんだな。






もう冬なんだなと。

 沖縄のアコギ好きの親父さんのブログなんかを眺めて
いますとね、沖縄にはいろんな店があるんですね。自慢の
アコギを持ち寄ってライブのできる店なんかが何件もあるら
しい。まあ、札幌にもないわけではないけど、とても個人的
な店ばかりで行く気にもなれない。沖縄に行きたい。べつに
唄いに行きたいわけじゃなく、ただ沖縄にちょっとだけ?
憧れているHOBOなのです。

 まあ、そんな店で客が唄ってる動画がアップされてましてね、
みんなが楽しそうに唄っているのがいい。たまにご夫婦で、ご主人
がギターを弾いて奥様が唄うというのもありましてね、いいなあ
と思いますね。ぼくはずっと一人ですからわかりませんが、まあ
そうしたくてそうしてきたのに今更なんて思わないでください、
この秋もすぎて冬に向かおうとしているとき、なんかね、人恋
しいときもありますよ。歌が上手いというか、女性の声に魅力を
感じるHOBOでありますが、ぼくの創った歌をワイフが唄う、
いいなあと思う、ほんとにいいなあと思うのです。

 女性はきっと男より強い。ぼくは自立した女性に魅力を感じま
すね。自分の言葉を持っていてぼくより頭のいい人がいいな。
ぼくがギターを弾いているとその和音にすこし目を丸くしたり
する。「新しい曲なの?」とぼくに訊く。「ああ、、」と言いな
がらまた新しいフレーズに進んでいく。すこし膝でリズムをとり
ながらワイフは楽しそうに笑う。
「早くできるといいわね、新しい歌、、」
ぼくはまた「ああ、、、」と言う。

 いつまで一人でいよう。
HOBO's CAFEは誰とやろう。
そんなことをいつも考えている。

そんな君に出会うためにぼくは生きてきたのかもしれないな。


HOBO
いい音いい味いい女。
わたくし、
函館に行ってきます。これから出ます。
あした少し時間があるので、気のきいたカフェなど探して
みようと思ってます。
HOBO、いい音いい味いい女にはちょっとウルサいのです。
ほとんどマニア。笑

さあ!
行ってきま~す。


HOBO
ぼくたちの存在とは!
カッコいいとかそんなんじゃないな。
この存在感にあこがれますね。
だけどぼくはぼくなんだと思うと、また
そう思わないと。
日曜は寝て過ごすなんて
今どきの中年のすることじゃないな。
輝いてますか?
ぼくたちの存在。
いてもいなくてもいいような
それはまずいだろう!



どんまい。
 勉強ばかりが人生ではない。もっと大切なことがある。

 セコい男にはなりたくないものだが、こすズルいというか、いっ
ぱいいるよ、そんな男。こすズルい奴。男だけじゃないな、女の
こすズルいのは困ったちゃん。もっとスパっと行こうじゃないの!

 まず、言い訳が多いな。他人のせいにする。ふてくされる。
ケツをまくる。こんな奴、あなたの友人や会社にもいないか?
みんなで頑張ろうとしているときにこんな奴がいたら首を絞めて
やりたくなるだろう?ぼくはなるんだ。そんなことはしないけどね。
勉強ばかりできても部活動の経験のない人だとかに多いこのタイプ。
部活動、とくにスポーツ部で鍛えられた奴らはいい奴が多いように
思う。多いと言っているだけで全てではないが。職場でもみんなで
頑張ってきたのに、ちょっと結果が思わしくないときにすぐ開き
直ってふてくされる人っているでしょう?他人のせいにして。
いさぎよくないというかセコいというか、いるでしょ?そんな人。
そしてまたそんな奴は理屈が多いのね。屁がつく理屈。




 先日、ぼくは回転寿司に行きましてね。悲惨な光景の目撃者と
いうか、ぼくは感動しましたよ。
 みょうに混んでましてね、でもとてもバランスの悪い店でした。
ふつうはカウンターの中に寿司を握るスタッフが何人かいてその
人にほしいものを注文するじゃないですか?カウンターの外にホール
スタッフがいたりして。でも、そこの店はカウンターの中に中年の
女性がひとりいるだけで握る人は奥の厨房にいるんですね。
マイクで厨房まで注文を入れ、出来上がったらピンポンとベルが
なり、その女性が厨房までとりにいき、それを客に届けるという
システムですわ。とうぜんその女性に負担がかかるじゃないですか?
なかなか寿司がこないのであちこちから罵声が飛ぶんですね。
だれか手伝えばいいのに誰も手伝おうとはしないのですよ。
「まだかよ!こっちが先じゃねぇのか?」
「あっ、すいません!しばらくお待ちください!」
「こっちが先だって!まったくどうなってんの?この店」
「申し訳ありません!すぐお持ちします!」
ってな感じなんですね。
慌てるもんだから商品を間違えたり皿を落としたり、そりゃあ
悲惨な光景ですわ。
でも、その女性は決して言い訳はしないんですね。髪の毛が汗で
額にぺたっとはり付いて、もうムンクのような顔をしながら頑張る
んです。「すみません、すみません」と言いながら。
 客のひとりが立ち上がって「誰かに手伝ってもらえばいいじゃない
ですか!ねえ?みんなそう思いませんか?」と叫んだのです。
「そうだよ、この人がかわいそうだ!」と叫ぶ人も。
ぼくはやり取りを聴いていたが、その女性は、
「これはわたしの持ち場なんです!頑張りますんで、もうしばらく
お待ちください!これはわたしの持ち場なんです!」って。
「持ち場はわかるけどさ、、、」
決して言い訳をせず頑張るムンクを見ながらすこしずつ店内の空気
が変化するのがわかりましたね。頑張るひとにはこころ打たれるのです。
「別にいそいでないからいいよ」
「俺たちも」
もう誰も怒る人はいなくなりました。
「わかった!いいよいいよ!待ってるから!」
「おれたちもいいよ、待ってるよ、そっちのお客さんに先に出して
やってください!」
みんな立ち上がって拍手ですよ。
HOBOびっくりしましたよ。こんなことがあるなんて!

 汗びっしょりの女性。Tシャツもエプロンもぺたっとはり付いて。
だれも手伝おうとしないこの店のスタッフをみんなで睨みつけながら
みんなカウンターのなかの女性に応援の言葉をかけるんですわ。
ムンクのようにくずれそうになる女性。でも女性は厨房と客の間を
何往復もするのです。
女性は動きながらなにか言ってるんですね。口が動いている。
なにを言ってるんだろう?HOBOじーっと口の動きを見ましたよ。

 ど•ん•ま•い

彼女の口は確かにそう動いたように思います。

 どんまい どんまい

何度も何度もつぶやくんですよ。


ぼくは最高に上手い、すこししょっぱいイカをほおばって。
価値のある100で買える満足。

「どんまい」か、、、


HOBO
B級の主張
 どこかメジャーになりきれない人とかモノっていいよね。
ゆずらない頑固さがあって、笑ってしまうほど真っすぐ。
損とか得とか、勝ち負けなんて「そんなの関係ない」 って感じ。
ひたすら自分であることにこだわり、主張する。
B級の主張。





 このたび、参入してきたエアーズ。
ベトナム出身のナイスガイ!
素晴らしい声の持ち主。色白。





 赤と黒の兄弟はBー25。
フォルヒG23CRが来た日からちょっとすねていた彼らも、
最近、とくに赤が枯れてきた。
枯れ具合がとてもブルースしてる。

 仕事でもなんでもそうだけど、一人じゃ何もできない。
ぼくの声があって奴らがいる。そして奴らがいたから曲がうまれた。
助け合って生きることにヤキモチをやく奴がいたら、
そいつは僕らB級の傘には入れないだろう。
真摯に向かう横顔をみて、「暗い」としか言えない奴に
バカヤロー!
邪気
これでもか!
これでもか!

顔を出す邪気を蹴飛ばして
ひしゃげた邪気の顔にツバを吐きかけたぼくは
凸凹した純情とみょうにツルンとした握手をしたりして

ぼくはきっとまたそこに戻り
顔の無い猫や名前をもたない犬のように生きるのだろうな
邪気はぼくの中心に居座り
ぼくという平気な無神経になるのだろうか?
いや もうすでになっていて
いや あきらめちゃないけどさ

ポイントはぼくがどこに倒れどこで朽ちてどこに流れていくのか
でもそれはぼくの純情と肩を組んだ邪気だけが知っていて

ポイントはぼくがどこに倒れどこで朽ちてどこに流れていくのか
でもそれはぼくの純情と肩を組んだ邪気だけが知っていて

ぼくはいま何合目ぐらいだろうか?


HOBO
夢の枕を抱きしめて。
 中標津町まで行ってきましたよ。ほとんど羅臼にちかい
北海道の東の果てですね。なぜ君はそこまでして、なんのために
走るのか?じつはですね、今日は函館まで行かねばなりません。
午後四時からの仕事なのでもうそろそろ出ないと間に合わない
のです。そして明日はまた釧路に。なんとかこの東の果てから
西の果てを通り越して南の果てというスジュールに立ち向かうに
はゴツい根性が。でもね、根性だけではできんとですよ。喫茶店
出店の夢があるからできるのです。でもぼくはその前に過労死
するかもしれませんね。
まちがいなく。

 山の道を走ってますとね、熊や鹿に出会うことがあります。
もう寒いですから裸足はきついでしょうね。でもぼくも頑張って
ますんで、どうかやさしくしてくださいね、噛んだりおどした
りはけしてしないでね。鹿はどうかしりませんが、熊はたしか
冬眠しますよね。いやー、じつはぼくも冬眠したいなあと思って
るんです。ポテチとかチョコだとかいっぱいコンビニで買い込
んで、どこか地震のこない山の奥で。春までゆっくり休んで
雪が溶けたらまたむくむくと仕事をしますよ。いいだろうなあ、
冬眠制度っていうんですか?役所とかに行って冬眠申請書を
出したらその間の給与は保証する、みたいな。

 アホなことを考えながらもう出発です。函館に行くには中山峠
を越えていかねばなりません。この前は吹雪になったそうです
からなんとかトライし、生きて還ってきたいものです。そして
明日はまた釧路ですって。身体あっての夢だもんな。ほんと、
冬眠したいですねえ。夢の枕を抱きしめて。そうなんだよなあ、
もう冬なんです。みなさん、頑張りましょうね。
さあ!


HOBO
がんばれ、自分。
寒いです、
今年の冬は厳しいぞ~!
マウンテンパーカーやワッチキャップ、ダッフルコートも準備
しよう。あー、こころが寒いとくじけそうになりますねえ。
夢だけはいつも磨いて、好きなことをしなくては!
ぼくはクジをひいてセンターに立とうとは思わないのです。
オマエじゃないと駄目なんだと言われたいのです。
誰でもいい、何でもいいじゃオモロくないのです。

がんばれ、自分。

ぼくはぼくになりたいのです。
ぼくに選ばれたオレンジのマウンテンパーカー。
オレンジのグローブトロッターにぼくを詰めて。
100%自分。
ものは全部ぼくがチョイスするのです。
愛する人だってそうなんです。
君でなければ駄目なんだと、ぼくの100%をぶつけるのです。

がんばれ、自分。

自分にこだわることは醜いことでしょうか?
ちがうと思いますよ。
他人の幸せを祈るなら、まずは自分を磨くこと。
寒いです。
でも大丈夫。
ぼくに選ばれる人は幸せだ。
100パーセント、君でなければダメだから。
君に失礼じゃないぼくであるために、
君にふさわしいぼくであるために、
ぼくは自分を磨くのです。
せっせせっせと
磨くのです。

寒いです。
でも
大丈夫です。


HOBO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。