Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天井を眺めていたら飛んでしまった。
 書店をぶらついているとYMO(イエロー•マジック•オーケストラ)
の3人が写っている表紙の雑誌をみつけた。とくべつ彼らのファン
ではないのだが、彼らの歳のとりかたが素敵だなと思いながらHOBO、
雑誌を手に。坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣、このひとたちはとても
お洒落だと思う。坂本氏のかけているメガネはおそらく英国のカトラー
&グロス、幸宏さんがかけているのはおそらくアメリカの老舗ブランド、
アメリカンオプティカルのものだと思われる。彼らはもの選びにも決し
て妥協せず、選ばれることの素敵さを知っている。だから音楽にも強い
オリジナリティを発揮できるのだろう。

 美しいものを追求すると『ヴィンテージ』に行き着く。これはぼくの
個人的な意見ではあるがヴィンテージは素晴らしい。素晴らしいのだ。
ぼくは代官山にある古着屋で初めてヴィンテージに触れた。24歳の
ぼくはリーバイス501のXXのデットストックを何時間も眺め、インデ
ィゴの匂いを嗅いだ。当時、501のAやSはたまに見かけたが、XXの
皮パッチのデットなどはまず出てこないレアものだった。まだブームに
なる前だったので20万円ぐらいで買えた。ぼくはジーパンに20万円
もかけられる身分ではないと思ったが、結局作ったばかりのJCBカード
で購入。W34インチL31インチ、いまはちょっときつくてはけないが。
それからは557のGジャンやオール綿糸のリーバイスをアメリカまで
行って探したり。洋服だけじゃなく、時計、カメラ、車、バイク、ヴィ
ンテージの虜になったHOBO。物欲のそれとはちがう、世界を知ってし
まったのだ。

 古い真空管のアンプやJBLのスピーカーをチョイスした店を創ろうと
計画実行中のHOBOだが、そこは店ではなく世界なのだということを理
解してもらえるだろうか?マネーがあれば買えるヴィンテージだが、お
そらく金持ちはこの手のヴィンテージは買わないだろう、しかし金がな
ければ買えないのだから厄介だ。だからずっと今まで投資してきた。
ヴィンテージのある暮らし。ぼくの暮らしのなかにあるヴィンテージは
決して高級なものではない。新車のトヨタを買おうと思えばワーゲンの
バスぐらい買える。古くなったらまた買えばいいという考えはぼくには
ない。壊れたら直して使おうじゃないの。ヴィンテージにはそんな哀愁
がある。中古のそれとはちがうのだ。古くならないものがいい。人間も
最初から古いひとがいいな。本質を抱きしめて歩くひとはとても古い。

 ぼくはいま頑張っている。ぼくの世界を創るために。ぼくは店は創ら
ない。世界を創るのだ。そしてこの世界に集まるひとは世界のなかのぼ
くについてくる。ぼくが人として、まっすぐ歩けるようになったら、こ
の世界はぼくの暮らしになるのだと思う。ぼくは必ずぼくになる。ぼく
がすこし痩せたら34インチのリーバイスをはこう。ペンドルトンのシ
ャツを着てワーゲンのバスに乗るのだ。


HOBO
スポンサーサイト
日常
 さっき北海道マラソンの選手たちがHOBOのうちの前を
過ぎていきました。最初ぼくは10階のバルコニーから眺め
ていましたが、次から次へと来る選手たちを上から眺めるの
もちょっと失礼かなと思いましてね、サンダルをひっかけて
下まで降りていきました。あいにく30度ちかい中の島通り
はわんさわんさと熱気にあふれて。マンションの1階にある
ラーメン屋の主人の悲壮感にあふれた顔もそこにありました
がすぐ店の中に、ぼくはといえばトウモロコシをゆでている
ことを思い出しエレベーターに駆け込んだり。日常のなかに
紛れ込んできた爽やかな光景にこころ動くこともなくぼくは
ゆであがったトウモロコシをかじりながらキーボードの前で
あくびをしているのです。
あー、胸が悪い、吐きそうだ。
 まあ、こんなことを言うと叱られるかもしれないが、
この5人の顔をみているとだんだん気分がわるくなり、
HOBO吐きそうになってしまった。とくに前原さん、
鹿野さんの目つきの悪さには吐き気以上の不快感。
なぜ、人間、エラくなるとキモくなるのだろう?
表現ではないんだ、本当に吐き気が。
HOBO、政治のことで記事なんか書いたことありません
よね?でも、マジ、吐きそう。


ウマいアイスコーヒーを飲みました。
 毎日のように顔を出す喫茶店のオーナーがウマいアイス
コーヒーを出してくれた。アイスコーヒーは濃ければいいも
んでもないし、ニガければウマいわけでもない。やはりおとし
たてが一番なのだと思い知る。まとめておとして冷蔵庫にスト
ックしているものはコクにも風味にも欠ける。缶コーヒーに
とても近い。悪いがほとんどの喫茶店は缶コーヒーをただグラ
スに注いだと思うほど味気ない。

 オーナーは豆をたっぷり挽いてざっくりとおとす。そして
ステンレスの器にいれ氷の上で混ぜ短時間で冷やす。「氷の入
らないキンキンに冷えたグラスにいれて飲むとウマいだろうね」
とぼくが言うと「そうそう」とオーナー。「ストレートの豆で
やったらいい」と教えてくれた。何日もまえから「風味の強い
コクのあるアイスコーヒーをいれる方法はないものか?」と
ぼくがしつこく言うものだからオーナーは教えてくれたのだ。
これはウマい。いれたておとしたてがウマいのはアイスも同じ
なのだ。ちまちまおとすのはオーナーの性格、考えかたでは
ないようで、たくさんの豆をザクっとおとし、ザッザッザっと
冷やす。ウマいウマい、これはウマい。最高で~す!


HOBO
さあ、行こう!
函館に行ってきます。何日か。
谷地頭にある赤い湯の温泉にでも寄ってくるか。
300キロの道のりだ。
熊さん、鹿さん、キツネさん。
こんにちわの反対の反対の反対なのだ!
バカボンのパパなのだ。


HOBO
 こんな映像魅せられたら、
バンドやりてぇ~!
ロン•ウッドのギターも、キースのゆるい感じも最高!
あ~!バンドやりてぇ~!
バンドメンバー募集するけん。
だれか一緒にやろうよ!ずっと。死ぬまでさ!

あいむのっとらがーまんそーりー。
 ぼくは今、北見市にいる。きのうは網走、おとといは帯広、
その前の日は阿寒、旭川。どうだい?こんな社会人いると思う
かい?あいむじぷしーなう。充実というかハードというか、
こうして仕事ができるんだHOBO、感謝、感謝の毎日だ。なう。

 北見市は今、胸の厚い短髪の男たちがいっぱい。聞くと社会人
ラグビーの試合だか合宿だかがあるらしい。ぼくの泊まっている
ホテルにも短髪胸厚男がいっぱい。なにやら汗のにおいが漂って
きそうな気配。やれやれ。
 ここのホテルは天然温泉が完備されていることでHOBO、いつも
定宿に。今日はうちの社員と電話で喧嘩もしたし、髪の毛も5ミリ
でマルガリータ、ケンドーコバヤシのようなそりも入れた。いや
ちがう最初から入っていた。ひげも剃ったし洗濯もした。綿100
パーセントでノンアイロンのシャツがブルックスブラザーズから
発売され、洗ってパンパンやれば乾燥もアイロンもいらないのだ
からホテルの洗濯機でいけてしまう。ありがたい。
 その洗濯機が大浴場の横にあるのでぼくは風呂に入って洗濯
が終わるのを待つことにした。脱衣場で服を脱いでいると、中から
わいわいがやがや、いるいる胸厚短髪男が!まいったなあ、
なんかこう雰囲気がごつ過ぎてHOBOの芸術的な匂いとは別世界、
だと思うでしょう?ところが、ぼくが浴場に入った途端に、浴場内
の雰囲気が一変したのだ。みんなはどこかの社会人チームの偉い
監督と勘違いしたようで、けらけら笑っていたラガーマンたちがその
場で直立不動、「あ、ザス!」「あ、ザス!」。ぼくは驚いてしま
ったがそこは千両役者HOBO、役作りは完璧。「おう!ご苦労さん!」
「元気だったか?」「青春してるか?」わけのわからないせりふを
連発。たしかにぼくの胸は厚い。しかし、腹はもっと厚い。
逆三角形の彼らを直立させたまま正三角形のぼくは、「まあ、楽に
してくれたまえ」とかいって腹を湯船に隠すHOBO。52にもなって
こんなぼくでごめんなさい。ちょっと首を傾げながら浴場をあとに
するラガーマンたちを手を振って送るHOBO。あいむのっとらがー
まん。明日の朝、朝食の時間にはち会わなければいいが。

 明日はどんな子供たちに会えるのか、楽しみだ。しかし、
子供たちの目をまっすぐ見れないような嘘はいけないな。
あいむのっとらがーまんそーりー。ぼくはラガーマンちゃう。
むにゃむにゃ。明日天気になあれ!
あ、ザス!


HOBO
すこし離れて見てみよう、自分。
 みなさんご存知だとは思いますが欧米などでジャパニーズカリー
が人気のようで、また、フランスなどでは日本のウイスキーが賞を
もらったりで、日本もまんざらではないなとユーチューブの映像を
眺めながらこの盆休みをアキレス腱と過ごすHOBOであります。
『山崎』なんかウマいらしいですね、フルーティーで。日本人なら
日本のウイスキーを呑めよと叱れそうだがあいかわらずマッカラン
を好み人に勧めたり、愛国心が足りないぞHOBO、しかし、やっぱ
りウマいものは美味いのです。
 札幌では『スープカリー』が大流行り、どこもかしこもスープカ
リーの看板が。好きかキライかと訊かれれば、ん~、いまいちかな
あ。ぼくは、ほら、変人なもんですから、むかしの、ほら、おばあ
ちゃんがつくったような、表面に膜ができる、カレー粉をフライパ
ン炒めて、そんなカレー?今はありませんね、そんなライスカレー
。ラーメンでもなんでもベーシックからかけ離れて、新しいものば
かりが評価される時代なんでしょうかねぇ。新鮮さをどこに見いだ
すか?音楽でもなんでもベーシックのなかにそれがあるように思え
てなりません。基盤がないのに講釈をならべるにわかアーティスト
みたいなものですこし腹立たしいのだとぼくのアキレス腱は言う。
「だから切れたのかい?」と訊いてみたが「切れてはいないさ」と
即答。そんなことで切れたりはしない。って言うか意味がちがうの
です、と。

 行啓通りにお気に入りのスープカリーの店があったのですが、い
つのまにか閉店。札幌でも有名な老舗だったのですが時代の流れに
は勝てないのか?とても残念なHOBOであります。ブームの発端は
スパイシーなスープそのもを楽しむものでしたが、だんだんとそれ
が進化じゃなくて変化し、普通のルーカリーをゆるくしたような、
そしてトッピングの節度がくずれ、まったく新しい食べ物になって
しまったのです。やはりスープとして最後まで楽しめるその絶妙さ
が醍醐味だったのに、なんてことでしょう。ビフォー&アフターで
ございます。
 じつはその老舗が出ていったあとにまたカレーショップが入った
のです。HOBO、どんなもんかと思いましてね、行ってきましたよ
。改装してカウンターのみのこじんまりとした店に。「いらっしゃ
いませ」と言われ席につこうとすると、「あっ、食券機があります
ので」と主人。「あっ、はい」とか言って食券機を食い入るように
眺めてもこの店のメニュー内容がわからないHOBOであります。す
こしあたふたしながらしょうがないのでカツカレーのハーフだかの
食券を購入。この段階でHOBO、不満だらけ。主人に訊いてみまし
たよ。「どうして食券機なんですか?」って。「ひとりでやってる
んでねえ」と主人。「ひとりでやってるんだったらなおのこと対話
が大事だと思いますがねえ」とHOBO。大きなお世話みたいな顔を
される。ぼくは食券機がどうこう言ってるのではないのですよ。
どんなメニュー内容なのか初めて来る客にはワカラナイと言ってる
んですよ、言わなかったけど。全部店本意。そちらの事情。ぼくな
ら食券機は置きませんね。まずは座ったお客様に「本日はありがと
う」でしょう?そうして「当店のメニューはこのようになってます」
でしょう?言わなくてもわかるように提示してくださいよ、ファー
ストフードみたいでも我慢しますから。そして注文をいただき「あ
りがとう」じゃないのかなあ。なのにひとりで管理できないので食
券を買ってくれ。なにがいいのかは想像してくれ。これじゃリピー
トは期待できないですよ、ご主人。どういった商品があり、なにが
おすすめなのかわかりやすく提示してください。思いやりを持って
ください、もっと。お金を使いにきてるのですから!食券機なんか
ぼくは従業員の不正を防ぐ止むを得ない管理対策だと思っています
。オーナーがひとりでやっている店でそりゃあないでしょう!客と
対話できるチャンスをもっと活かさないと!

 ご主人、大きなお世話で申し訳ないですね。じつはぼくも近くひ
とりでできる店をめざしてるんですよ。流行る店じゃなくてもいい
と思ってるんですね。しかし、満足を売れないなら意味がないと思
いますよ。すこし離れて自分の姿を見てみるといい。生き方そのも
のが店の存在だと思うんですがねぇ。勉強させてもらいました。あ
りがとう!ご主人!


HOBO
HOBO、汚れちまったかな。
 HOBO、汚れちまったかな?
寝転んでいる場合じゃないかもな。

頑張れ!がんばれ!
福島ガンバレ!がんばれ!頑張れ!がんばれ!
ありがとう!


まちがいないと言われてもねえ。
 HOBO、アキレス腱が切れるかもしれません。
「まちがいなく切れますよ、このままだと!」とドクターに言われち
まったです。ドクターがまちがいないというのだから、まちがいはない
んだろうと思ってますよ。あ、はい。急に運動をしましてね、歳なのに。
キュッとひねったらバキっという音がしましたからねぇ、「やった!」
と思いましたよ。レントゲンとったらカカトも変な形。老化ですって。
馬鹿にしやがって。ふん!なんでも老化老化。そりゃそうですよ、
悪かったわね。耳毛ものびるし鼻毛ものびる、首とかにへんなイボ。
眉毛も異常発育。もの忘れ、とくに最近のことが。昔のことは、特に根
にもってることは鮮明に覚えていたりする典型的なイヤな人。ぼくって
イヤな歳のとりかたをしていますよ、悪かったわね。

 きのう阿寒町に行ってきましたよ。釧路市阿寒町。摩周湖とか近い
んですよ、けっこう。布施明がいたりして。襟裳岬には森進一。知床に
は加藤登紀子。阿寒町の生徒さんは素直でいい子でしたよ。やはり、
マリモようかんを食べているからなのかなあ。顔がすこし緑色に見えま
してね、たぶん気のせいだと思いますが。昔、顔が緑色の人がいまして
、その人は肝臓だか腎臓だかが悪い病人でしたが、

 健康あっての喫茶店経営。アキレス腱を切っている場合ではないので
す。急な運動は駄目です。温めてほぐすんですって。そして湿布。
ドクター!あなたに「まちがいない!」と言わせるその自信にありが
とう!その自信が気絶するほど憎たらしい。ぼくは切れない。切れたら
どうしよう。温めてほぐそうと思う。温めるのに湿布?なんか変じゃね
えか?


HOBO
コンビニの店員も安くみられたもんだ!
 静内に行きましてね。ちいさな町。それこそ、まったりしてるんですよ、
町全体が。活気もないし若者の目がドロンパ。それでもマクドナルドがあ
りましてね、喫茶店を探したが見つからなかったのでまあしゃあないな、
炭水化物でもとマクドナルドのドアを開ける。そしたらいきなりドロンパ
が3人も椅子に座って「あ~、暑い!暑い!」を連発。クーラーきいてん
じゃん!どこが暑いの!?こいつらアホかっ!頭悪そうなガキだなあと思
ったが、まあここは静内だ、ごめんね静内のみなさんみんながそうだとは
言わない、だがまず非常に印象悪し。

 まあ、こんな感じのイメージを抱いて生徒のお家に伺いますと、やはり
ドロンパなおばあちゃんと生徒の母親。「まあ、うちの子は高校なんて行
かんくてもいい、そこのコンビニの店員でも魚の加工場でもいいのよ、女
の子だから勉強なんかそんなもの、わしらもキライだったしな、いい旦那
を見つけて結婚できれば、がははは!」ですって。あのね、おばあちゃん、
あんたはそれでいいかもしれないが本人はどうなのよ本人は?と、本人に
訊いてみると、本人、「加工場はイヤだ、クサいから」と言った。
 ぼくは思いますよ、このばあちゃんコンビニの店員でいいと言う、とい
うことはコンビニの店員なら中卒でもできるっちゅうことでっか?いや、
中卒でもいいんです、べつに。だけどコンビニってけっこう大変ですよ。
たぶんこのばあちゃん、コンビニはあーだのこーだの店員どうし仕事中
にお菓子でも喰いながらくっちゃべって楽な仕事だと思ってるんでしょう
かね?っていうかやっぱり田舎なんですわ、そういう感覚が。困ったちゃ
んだなあ。あのねおばあちゃん仕事はみんな同じ。どんな心持ちで仕事を
するかということなんですよ。こんなに海に近い静内の町、津波がきたら
どうするんだろう?まったりして、競争意識もない、備えるということも
せず、親たちは子供に努力することも教えず、いい旦那を見つけるだと?
笑わせるんじゃねぇ、たたっ斬ってやる!ももたろう侍HOBO怒っちまっ
たぜ!ったく!だいいち、コンビニは楽だとか加工場なら誰でもできるな
んて甘い気持ちで仕事をしている女にいい男が寄ってくると思うのかなあ
。どうせ同じような考えのなにもとりえのないドロンパ野郎が。きっと似
た者同志がくっくんだから、その子供たちが人の親になってもその考え方
を子に伝授することになる。幸福のレベルはこの時点で計られるのだ。

 親が子に伝えることはなんだろう?子供は夢見るドラえもんなのだから
、なんだってできるのだ!頑張ることを教えてほしい。親が子供の前で、
コンビニの店員でいい?コンビニの店員も安く見られたもんだ。父よ、母
よ、一度コンビにの店員をやってみるがいい!そして本当にお客様に感謝
できるこころを思い出してほしいな。

 みんな、泣きながら仕事をするんですよ、嬉しくてね。


HOBO
まったりしてる場合じゃないのです。
 わたくし、きのう北見市から帰ってきて今日は静内まで。北海道民は
まったりしてるので、10日すぎたらお盆モードになります。子供たち
は夏休みを終え新学期へと突入ですがぜんぜん緊迫感がありませんねぇ、
まったりして。本来、いちばんシャキっとしなきゃならない時期なのに
逆ですものね。テストが終わったあとがいちばん大切。そしてテスト前
は余裕をもって。仕事でも体調管理でも普段のおこない、心構えが大切
なんよ、親が子供に教えてくださいね。ビールを飲んでタバコをすって
、黒光りした顔をして、つまようじをくわえて「あ~、暑い暑い!」。
休みは、そうだなあ、なんかこう目標っていうんですか?後半いいスタ
ートがきれるように備えたり反省したりする時期なんだと思うんですよ
、あ、はい。

 わたくし、車を買いましたよ。今の仕事車がついに30万キロを超え
ましてね。仙台に1ヶ月も放置したり、鹿と衝突したり、もうお疲れさ
まです。車庫に眠っているワーゲンバスやタイプ3は仕事では使えない
のでまたゴルフにしました。古いやつ。88年のゴルフの2型を見つけ
ましてね、走行1万キロの。まあ、詳しいことはそのうち書こうと思い
ますが、この2型がいちばんオモロい。やっぱ、好きな車に乗って仕事
をしなきゃ。変わってるでしょ?わたくし、最新の車には興味が沸かん
とです。親友GONに話したら、「いいなあ」と言ってくれました。ずい
ぶん前、帯広から札幌までガソリンの生のニオイをふりまきながら、ハ
コスカでわたしを送ってくれた彼。俺たち53だぜ!ここからが差がで
る人生じゃけんのお。いまさらなぜゴルフ2なんですか?いや、今だか
らですよ。わたしたちも古くなりましたからねぇ。中古じゃなくてヴィ
ンテージになりたいですねぇ。なんかそんな気持ちです。どこかの街で
、ぼこぼこ走る白いゴルフをみかけたら手を振ってくださいね。まった
りしてちゃ駄目よ!常に備えて。古い車や古い人間には愛情を注いでや
りましょう。そしたら、まだまだ!ばりばり行けそうな気がするのです


HOBO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。