Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思いやりのカタチ
 山を動かそうと思えばできたし、川を埋めてしまうことだって
できたのだ。要するに不可能なことなどない、元気があれば。

 いま、ぼくは食事を終え、あとかたずけをし、そう、洗濯もし、
いつも母がやっていたことをやらなければならないと思うと、気
が滅入ってしまう。こんな大変なことを高齢者にさせていたのだ
。申し訳なく思う。
 母はこのまえある病気の合併症で入院した。すこし長くなると
思う。3年ほどまえに母が癌になったときもそうだったが、大切
なひとがもしかしていなくなるのだと考えると、気が変になりそ
うだった。親孝行は早いうちにしなければ亡くなってからでは思
うだけの孝行になってしまう。

 よたよた歩いている母を見て、ぼそぼそ喋る母を見て、とろん
とした眼を見てぼくはいつもずいぶんつらくあたったものだ。ま
わりから見ると怒鳴りながら母の手をひくぼくのようなゴツい息
子はさぞかし思いやりのない親不孝の見本のように映っていただ
ろう。「さっさと歩いて!」「もっとしっかり喋れるだろう!」
こんな感じの叱咤しかできないぼくは病院内でも奇異な存在なの
か? ぼくは世界中でいちばん思いやりのある男なのに!

 ぼくにとって母はいつまでもあこがれの先輩で、母の働いてい
る姿を見ながら育ったから強い母のイメージがいつまでもぼくの
こころの中にある。てきぱきと業者に指示をする母、10kgの米
をひょいとかつぎ上げる力持ちの母、間違えていると思ったら上
司にでも噛みついていく正義感の強い母、そんなイメージしかな
い母はいま病室のベッドの上で寝息を立てている。どんな夢を見
るのだろう。

 頑張れ!と言われても言うことをきかない足と、腰と、腕も肩
も膝も、指先も、昔のそれとはちがう。あなただけはちがう!と
怒鳴っても母はもう昔の母ではない。そしてそんなことを言って
いるぼくだってもう昔のぼくではないのだ。「しっかりせぇ!母
さん!大丈夫だから!ほら!もっと真っすぐ歩いて!前を向いて
!ほら!そうじゃない!こっちこっち!」ぼくは周りのひとにな
んと言われようがいくら奇異な人に映ろうが、この叱咤のスタイ
ルは変えないだろう。それはいつかぼくが年老いて、身体が思う
ようにならなくなったとき、きっと天国にいる母から同じように
叱咤してもらいたいから。

 しっかりせぇ !  ほら!こっち!こっち!
真っすぐ歩いて!そうじゃない!ちがう!背中をのばして!
ぼくにしか聴こえないそんな叱咤を、ぼくはこころのどこで聴く
のだろうな。ぼくの想いを、また、この思いやりのカタチを母の
寝息のふもとまで届けたい。明日になればきっと今日よりも元気
な老人の眼にぼくはきっと勇気をもらうだろう。

 山を動かそうと思えばできたし、川を埋めてしまうことだって
できたのだ。要するに不可能なことなどない、元気があれば。



HOBO





スポンサーサイト
無題
たとえばどんなときに
どんなときに君は凹んだりするのだろう?
君は君らしく生きているか?
ぼくは君のどこを
どこを愛しているのだろう?
なにも知らない
ぼくは君の何も知らないのだ

ぼくは君の中にぼくをさがす
君はぼくの中になにをみるのだろう?

たとえばどんなときに
どんなときにぼくは笑ったりするのだろう?
いつも君がぼくのそばにいて
「大丈夫!」と言ってくれたら
ぼくは君の背中にもぐり込んで
一日中笑っていられるだろう
なにもいらない
ただ君がいればいい

ぼくは君のなかにぼくをさがす
君はぼくのなかになにをみるのだろう?
チェット•アトキンスはいい!
 トミー•エマニュエルのことを書いたらこの人を書かずに
いられなくなった。01年に亡くなったチェット•アトキンス
に影響されたギタリストは数えきれないだろう。マーク•ノップ
ラーと競演したCDなんかもぼくは好きだし、ブライアン•セッツ
ァーとかジェイムス•バートンとか、

 ぼくは、ライ•クーダーにしてもマーク•ノップラーにしても、
職人の匂いのする魂のプレイを聴いていると泣きそうになる。
残念ながら、エリック•クラプトンはその中には入らない。
J J•ケールのあのほうにぼくは惹かれるのだ。なぜかわからないが、
ぼくはあのほうに惹かれる。あのほうが好きなのだ。
齢をとっても、あのほうがいい。
ぜったい、
あのほうがいい。





 これと同じギターをAKKIが買いやがった!
このギターはHOBOが似合う。
まちがいない!
ミスター•ボー•ジャングル
泣かせるだろう?

 ありがとう!チェット!



HOBO
トミー•エマニュエルという表現者
 人としてあこがれた。この人は凄い。まるで少年のようだ。
ぼくはこんなアーティストになりたい。スタイルではない。
創り上げる世界にあこがれる。言葉はいらないだろう。





監視カメラの使い方
 ひとがやる気になるときというのはどういうときなのか?
また、やる気を失うときというのはどんなときか?あなたなら
どうだろう?そのことが解ればやる気のある社員を殺さなくて
すむし、やる気のない社員ももしかしてやる気のある社員に変貌
させることができるのかもしれない。

 まず、僕なら、信用されていると、また、あてにされていると
わかったときは俄然やる気満々気分上々。ぎゃくに、信用される
どころか、いつも疑われてばかりいるようなときはやる気どころか、
辞めてしまいたくなる。とくに男は(僕は)、「お前しかいない!
お前に賭けた!」なんて言われたら、たぶん、報酬そっちのけで、
寝ないで仕事をするぐらいの男気は持っている。上司に満足して
もらいたい。さらに責任のある仕事をしたいと思うだろう。だけど、
「お前はだめだ!信用できん!やる気がない!」と、毎日言われ続
けたら、そりゃあ凹むだろうし、失敗したら叱られると思うと、
トライする勇気も薄れてしまう。

 僕の知っている会社の地方営業所で、最近、社員を常に見張る
目的で監視カメラを導入した。信用と信頼はちがうなどとよく耳に
する台詞だが、僕にはそのちがいがよく理解できない。信用できない
人を信頼できるわけがないし、ぎゃくに、信頼できないひとを信用
できるかといえばできるわけがないのだから。例えば、何度も過ちを
犯したひとを更生させるためにあえて監視カメラを設置し、その意味
を理解させるという方法もあるのかもしれないが、あの刑務所ですら、
雑居房、独居房かぎらず、カメラなどは付けていない。なにか悪い
ことをして懲罰を受ける部屋ですら、めったにカメラなどは設置
しないときく。犯罪者にも人権があると思っているのだろう。
 ひとは、誰も見ていないと思えばさぼりたくなる弱い動物だ。
さぼらないように監視されると、僕ならぷっつん。それより、
飲んだ席ででもその放っとけないアブナい社員の肩に手をまわし
て、「信用してるよ、お前しかいない、、、」と、そっと耳元で
言ってあげたほうがよほどいい仕事をしてくれるような気がす
るのだが。

 監視カメラの使い方。よくわからん。
僕なら信用できないひとは使わない。信用して間違えたら、
それは僕の見る目がないから。その目を鍛えるほうがとても
健康的なのではないかと思う。


HOBO
丸刈りという美学
 きのうは9mmにした。これはHOBOの髪の長さのことで、この
微妙な長さの違いで気分の乗りがちがってくる。本当は3mmとか
1mmとか、そんな長さが好きなのだが、さすがにその長さになる
と世界がちがってくるらしい。ぼくは以前ロンゲだった。しかし、
ネクタイをしめて仕事をするようになってからは丸刈り、もう20
年はこのスタイルだ。京本政樹でもあるまいし、同じ髪型を何十年
も、HOBOという男は平成の『山下清』と呼ばれている。「ぼ、ぼ
、ぼくは、お、おにぎりが、す、好きなんだな」なんて、丸刈りに
アラン•ミクリのメガネなんか最高だと思いません?


 仕事が忙しくて、心の臓がいっちまった。疲れと怒りとハーレー
と。心の臓はとても大事。「電池を入れるぞ!」と医者に言われ、
「さあ!殺せ!」という気分。ぼくの身体はぼくだけのものではな
いらしく、友は「いかん、いかん!」と言ってくれ、母は「みかん
、みかん!」と騒いでいる。むかし、ぼくが小学のとき、風邪をひ
いて学校を休んだりしたとき、母はいつもみかんの缶詰と漫画の本
を買って枕元に置いてくれた。ももやパイナップル、フルーツポン
チなんかも好きだったが、なぜかぼくはみかんの缶詰の想い出があ
る。いまでもみかんの缶詰は母の味だ。「みかんの缶詰買ってきた
から食べなさいよ」と母はぼくに言った。ぼくは9mmのアタッチ
メントをバリカンにつけジ~ンジ~ンの真っ最中。「あれ?仕事、
休むんじゃなかったの?」と、母。「いや、やっぱり行くことにし
た、薬、飲んだし」と言って。


 ぼくは、冷蔵庫の中にあるみかんの缶詰を取り出し、ギコギコと
開けていると涙がこぼれてきた。何十年たってもぼくは母の子供。
ぼくが具合が悪いと思い母はみかんの缶詰を買ってきてくれた。
「漫画はいいでしょ?お前、もう読まないよね」と母が言うと、ぼ
くは「ありがとう」と言うのが精一杯。いつまでたっても子供のよ
うな丸刈りをやめないぼくの美学とは、ん~、わからん!


ぼ、ぼ、ぼくは、
み、みかんの、か、缶詰が、す、好きなんだな

涙が止まらんわ!ちくしょうめ!




HOBO


オーバーホール必要
す、す、すみません、体調が、、、、、
みなさんにコメントも返せないでいます。
しばし、、、

すぐ復活しますから。


HOBO 制服LIVE 画像なし

HOBO、困っています。
 わけのかからないコメントだかなんかがこちらのほうのブログに
一日100件も200件も入ってきて困っています。消しても消しても
どんどん、かけ流しの温泉のように入ってくるのです。すべて外国語
のものばかりです。なんとかならないものでしょうか?ぼくは正直、
コンピューターは全く使えず、このブログの記事を書くのもやっと、
未だに写真のUPもできないぐらい未熟者です。困ったものです。
悩んでいます。


HOBO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。