Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筋金入りのオヤジになろう!
 ただのオヤジじゃつまんないな。
どうせなら筋金入りのオヤジになりたいものだ。
HOBO、どっちかというとストーンズ派、ビートルズ
よりストーンズが好き。キースのテレキャスター見て
たら欲しくなっちゃうよな、テレキャス。
年末だから暇でYouTube見てたらいくら時間あっても
足りないな、次から次と飽きないもんな、ぜんぜん。
ディランの、Like a Roiiing Stoneをストーンズが演っ
てる絵を見つけた。効きすぎて往っちゃってるスネア、
ねちっこいベースの隙間に刺すようなキースのギター。
この不良たち。

あーっ!たまんない!
こんなの見てたら
ちきしょー、やりてぇーっ!
来年こそ、HOBO、バンドをやろうと思う。
かっこいいと思わないか?この筋金いりのオヤジたち!

ローリング•ストーンズだ!




いやーっ!
めんどくせぇ!
本家ホンモト、行っちまえ!
格好良すぎだぜ、このオヤジ!

ボブ•ディランだーっ!

スポンサーサイト
天才•ちあきなおみ
 ちあきなおみは天才だと思う。
ヴォーカリストとしての技術も表現力も、もしかしたら美空ひばり
よりも上かもしれないな。
 ぼくはジャンルを問わず歌の上手いひとが好きだ。歌唱力がいくら
あっても感じない歌しか唄えない歌手は上手いとはいえないと思う。
夜のすすきのにたまに飲みにいっても歌唱力にある人はたくさんいる。
でも所詮酒の肴。飲むのをやめて聴き入ってしまう歌の上手い人は
そうはいるものではない。

「声」も重要で、声のいい歌い手が好きだ。いい声とは綺麗な声という
意味ではなく、個性的な声、ほかにない唄い方ができる印象のある声。
桑田圭祐、ウルフルズのトータス松本、スピッツの草野、平原綾香、
松田聖子、吉田拓郎、みんな声がいい。ぼくは声をきいてすぐ誰とわ
かる声、また独特の唄い方に合った声、ポイントがとても高い。
天童よしみがいくら歌が上手くても美空ひばりにはかなわない。それ
はオリジナリティにかけるからだ。ごめんなさい。ちあきなおみの歌を
ヘッドホンをつけ、ヴォリウムをあげて聴いてみてほしい。じつに
個性的でとても歌が上手いのだ。

ちあきなおみ、このひとの唄う歌はある意味シャンソンなのかなと思う。
美空ひばりが唄う、吉田拓郎の「祭りのあと」をUPしようとしたが
貼り付かないのでやめた。t.grayさんのコメントを読み、この曲を皆さん
に聴いてもらいたいと思った。

 ちあきなおみは天才だ。


ただ泣きながら
 加川良さんの前歌をやったことがある。
1979年のことだ。
ぼくは恵まれていたと思う。人脈からいろんなシンガーと競演できた
から、それだけ想い出の歌もたくさんあるのだ。
 古井戸の仲井戸さんや、斎藤哲夫さん、とみたいちろうさんや、
いまはもう居ない高田渡さん。なぎらさんにもお世話になったし、
高田渡さんは唄いながら静かになったと思ったら寝ていたり、
楽しかったな。

 床を踏み鳴らしながら噛みしめるように唄う加川良さんのステージは
今も忘れない。とても礼儀正しく、周りに気配りのできるフォークシンガー。
ぼくは、この几帳面な唄い方が好きだ。汗を拭きながら、髪を振り乱し、
ふせ目がちに。人間•加川良。ぼくはカウンターの内側で、ビール箱に腰かけ
この歌を聴いていた。20歳のぼくは、泣いた。


継続することの意味
 おれたちの生きた時代。ふりかえると貧しかったが豊かな時代。
いつもそこには歌があったように思う。


 フォークソング全盛、小学のときGUITARを覚えたおれは青春のすべ
てを「歌」に捧げたと言ってもいいかも知れないな。2000円のガッ
トで古賀メロディーを弾いたのが最初、5年生の時だ。中学に入り、異
常にギターのうまい友人と出会い、おれはフォークソングの虜に。その
友人ともうひとりのメンバー、それが「はじめの一歩」のakkiだ。くさ
れ縁というか、今こうして連絡を取り合い300マイルも離れた街に行
ったり着たり、おたがいジプシーみたいだな、と言いながら。
 高校に入ると仕方なく丸刈りにした。野球部に入ったからだ。結局、
札幌の大学に行くから勉強するといって嘘をつき野球部を辞めたが、
勉強なんかするためにやめるおれじゃない。髪を長くのばしたかったか
ら、拓郎みたいに!
 フォークソングの虜になったおれは、ある日エレキを持たされキャロ
ルのカバーをやらされる。無理矢理おれを誘った男、そのキャロルのメ
ンバーのなかに、ほら、メガストーンライブで俺の横でギターを弾いた
GONがいたのだ!

 齢をとっても子犬のような眼をもった50歳の少年。
「なあ!俺たち50だってよ!」
今もなお、新しいものを追い求め、進化しようとする年老いた少年。べ
テランの少年なのだ!
 アノ頃はギターを弾く仲間がたくさんいた。みんなそこそこ弾けたし、
楽しかった。そんな時代だった。おれが言いたいのはねーーーーーー
始めたら最後までやろうということだ。懐かしむように眼を細め、「ア
ノ頃は良かった」なんて、なんだそりゃ!おれはこうして唄ってるよ!
新しいおれをいつも探している。懐かしむだけの今日にはしたくないん
だな。老け込むにはまだぜんぜん!
「おい!おれたち、まだ50だってよ!カッコいいだろ?」
ってね。


 ブログをすぐやめる人が多いな。おたがいにリンクしあい仲良くしよ
うと思ってたらいなくなっちまう。淋しいもンダ。簡単なんだな、決め
たことをすぐやめるなんて。「永遠」と呼べるものなんかないのかな?
決めたらおれならやめない。だから好きになったら死ぬまでだ!

愛するひとをずっと想い続けることができたら!

いつまでもね。

「継続は力なり!」

おれの好きな言葉。

野球をやめなきゃよかったな。


いまも
丸刈りの
HOBOでした。


そうだ、おれはこの人に憬れた。
このJ-45のワインレッド、カッコいいと思わないか?

生きているということ
最後はひとりなんだろうか?
生まれたときは祝福されただろうか?
母に抱かれたあの猿のような俺は幸せだろうか?
51歳の僕に本当に朝がくるのだろうか?
笑っちゃうぐらいの幸せは今日も続くだろうか?
引き出しやポケットの中にある命の予備は本当に使えるのだろうか?
病気でなんか死ねなく寿命でしか死ねないって本当だろうか?
ひとりぽっちになるって本当だろうか?
朝起きてもおはようの声は聞けないのだろうか?
当たり前のように来るふざけすぎた朝を拒絶してもいいだろうか?




へんな外国文字の
 コメントの少ないぼくのブログに最近へんな外国文字のコメントだか
嫌がらせだか宣伝だか、大変迷惑していますがなんなんでしょう?
「こころのサイト」にづけづけとよくもまあ!
配慮のない匿名野郎は来ないでくれ!匿名じゃなくても、すみませんが
外国語はHOBO読めませんので、ごめんしてね。ってな感じ。

 あのね、相手が言葉のわからない子供だとしたらですよ、その子供に
どうしても伝えたいという目的があるなら、わかりやすく、そうだな、
絵とか身振りとか、べーっとか、すこしは相手を尊重してもらいたいな。
と思うよ。
拒否っても来る外国文字の侵入者、懲らしめるには、べつに懲らしめな
くても来なくするにはどうすればいいのでしょうか?どなたか教えて!

外国語のわからぬ
HOBO
です。
ベテランの少年とは
 いつまでも少年でいたいと思うな。いくつになっても恥じらいを持ち、
照れのなかに男気をみせ、好きな女の前では頭が上がらず、それでも
「どんと来い!」みたいな。
 ベテランの少年になりたいと思うな。

 この女、ただものじゃないと思う。
そしてこの男、ベテランの少年だと思う。
彼女の書いたこの楽曲も素晴らしいと思う。


お知らせザス!
HOBO、入院することになりました。
とりあえず検査入院で、年明け、バサっといきそうです。
不摂生がたたり、後悔しても遅いって感じ。
更新はして行きますので、とりあえず。
って感じ。


HOBO
いたたまれない夜は
 金がすべてだと思っていたら大まちがいだ。もしもあなたが、金さえ払
えば人を動かせると思っている上司に使われていたとしたらとても不幸だ
と思う。すくなくとも俺はちがう。俺は金は大好きだが金がすべてとは思
っていないのだ。
 俺の生きる原動力になっているのは、「お前しかいない!」と期待され
ることで、それは上からだけじゃなく下からも、「期待してる!」と言わ
れたら、どんなことがあっても俺は頑張れる。金じゃない。金さえ与えて
おけば文句ないだろうと思っている経営者、それはちがう、ちがうと思う
よ。たしかに、金のためだけに働く人のほうが多いと思う。でも金がいく
らあっても期待される「想い」がなけりゃ、俺は仕事はしない。アマイと
言われるかも知れないが、俺はちがう。違うのだ。

 子供に一日十万円与えて、それも手渡しではなく振込みで、一度も連絡
することもなく一ヶ月が過ぎたとしよう、淋しくて淋しくて泣いて電話し
ても、面倒そうな声で「あんたには今月三百万円わたしたでしょう?なに
が不満なの?忙しいからあとでね!」なんて言われたら、俺なら自殺する
。自殺しなくてもそれぐらい切ない。金なんか充分に与えることのできな
い家庭だってある。だけど毎日、子供がなにに悩んでいて、どうしてほし
いのか親が気にかけてやれば、また、面倒なことにも手抜きせず、こころ
の奥をのぞいてやれば、子供は母の首にしゃぶりついてくるはずだ。

 俺は社長に「頑張れ!」と言ってもらいたい。そして俺は自分の部下に
、「頑張れ!」と言ってやりたい。「こころの底から愛しているよ」と、
こころの言葉でね。俺はそれだけで、どんな辛いことでも乗り越えること
ができるのだ。

 俺は金では動かない。


「おかげさま」という心持ち
 人間、一人じゃ生きていけないし、相手あっての人生なんだと最近
とくに思うんだな。500円玉ひとつ握りしめ今日をどうやって乗り切
ろうと、そんな時もあったのだから今の俺はずいぶん幸福で、「感謝」
という言葉もどこに放り投げたか、忘れたままのHOBOだ。

 先日、生徒のおウチに行ったらデカイ犬がいた。バーニーズ•マウンテ
ンドッグという舶来の犬。俺は猫好きだが決して犬が嫌いなわけではな
い、しかし、このデカさときたらおそらく100kgはあるだろう。
 ぺろぺろと俺の顔を舐め、メガネを舌で押しのけ、ついに俺のほっぺ
をかじりやがった。おれは戌年だが犬ではないので犬の気持ちは完全に
は解らない。だけどこの行為が悪意のあるものだとは思わないし、逆に
俺を歓迎してるのだなと思えば俺だってそのお返しをしなきゃと思った
りする。相手が猫なら、耳をかじったり肉球をつねったりできるが、
100kg越の強者ときてる、どうしたものかと考えているうちにバーニ
ー、あきてどこかに行ってしまった。

 人間エラくなると自分が見えなくなるらしく、というかどのレベルの
エラサなのか笑っちまう。不遇のときを乗り越えた苦労人でさえエラく
なると辛かったころの事を忘れちゃうんだな。いやだいやだそんな人間
になりたくねぇと、俺の人生省みる。ずいぶんモノにあふれ、そのわり
には友人が居ず、小言の数が増えていることに気づく。カタチのないも
のに憧れながら、じつはカタチあるものしか残せずにいた。出来高とい
う堂々としたカタチあるもの。それは収入であり、地位、すなわちデカ
イ椅子であったり。その影に隠れている「おかげさま」という想いは意
外にクローズアップされることはない。相手を思いやり、感謝する気持
ちを忘れなければ必ず幸福は訪れる。そう思うんだな。

 不景気に追い打ちかけて、すすきののテナントビルは廃墟のよう。し
かし、いつ行ってもハローワークは全国的に満員御礼。眼に汗を滲ませ
職を求める人、事務的にそれをこなす無表情な職員。俺は月に一度はハ
ローワークを訪れる。職を探すためではない、死にものぐるいで職を探
した、あの時の辛さを思い出すために。恵まれている、俺はとても恵ま
れていると思う。職のある事に感謝、食事の出来ること、唄えること、
君がいること、そして生きていられること。自分ひとりじゃ生きられな
い、「おかげさま」というこころを、この胸のなかに座らせたい。そう
思うのだ。

 バーニーズ•マウンテンドッグの鼻を舐めてやればよかった。相手のこ
とを想いやり、彼のほっぺをかじってやればよかったな、そう思ってい
る。「おかげさま」という心持ちで、俺は生きていけたらと思う。

 相手あっての俺だ。
「おかげさま」という心持ちで。


HOBO


顔の上で遊んでみよう!
 ぼくには妙な癖があり、じつは少し困っているが、そんな自分が
HOBO嫌いではない。だからこの癖、治らないのだ。
 なにかの記事で読んだが、Jackson Browneは同じGuitarを色違いで
何本も所有するという。彼いわくとても気にいったものがあり、それが手
に入りにくいものならなおのこと、無くなったときの淋しさに耐えられ
ないのだと。

 ぼくはメガネを100本以上持っている。ギターだってかつてはそのぐ
らいあった。車やバイクだってそう。カメラも時計も。周りの人からみると
それは異常な絵で、マニアと言われてもしかたない。ぼくは酒もタバコも
やらないし、賭け事やゲームなどもまったく興味がない。気分転換は自分
を高めるものでなくてはならないからだ。顔の上で遊んだことがあるか?
それは結構ぜいたくな遊びなのかもしれないな。
EFFECTOR」というメガネフレームをご存知だろうか?エフェクターと
いえばギターなどの音に表情を持たせる周辺機器で、いろんなものが存在
する。「ファズ」「ディストーション」「フランジャー」「コーラス」など、
これらの機器の名前を商品名にした画期的でロックなメガネフレーム、
それが噂のオプティカルテーラークレイドルという眼鏡店のオリジナル商品
なのだ。骨太でダサかっこいいと言われるこのロックなフレームは、
木村拓哉やMr.HOBOなど、芸能人たちの間ではとても使用者が多い。
Jackson Browneのように、このフレームなら同じものを色違いで所有して
みたい。おかげで、エフェクターの眼鏡だけで十数本になってしまった。
困ったもんである。顔の上で遊ぶ、それは究極の暇つぶしで、コーディネイ
トはこうでぃねいと、と言えばあまりにそれはオヤジなギャグであり、ダサ
カッコいいエフェクターにぴったりなのかなと、みょうに納得したりして。


「クリスタル•モア」という眼鏡屋をオススメする。
札幌厚別にあるこじんまりしたショップだが、商品のセレクト、また接客
も含め☆3つというところか。それは3人のスタッフが創るスペースという
意味で、フィッティングに対する気遣いなど抜け目がない。エフェクターは
HOBO,そこで買っている。店主がぼくと同じバイクに乗っていたり、米国
のシルバーアクセに傾倒するなど、個人的に趣味が合うことも、この店を
意識する理由のひとつか。チョイ悪おやじにかけてほしい、このエフェクタ
ーという眼鏡、会社でいやなことがあったり、理不尽かかえ溜め込んだスト
レスなど捨ててしまえ!もっともっと質の高いゲームをしよう!齢を重ねて
できた自信を、また、出来上がりつつある顔という勲章を、もっと尊重して
あげようじゃないか!
8mm厚の頑固なメガネをかけて風を切って歩こう!

もっともっと、顔の上で遊んでみようじゃないか!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。