Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなバンドがやりたい!
 わかり合っている仲間とバンドをやりたい。
歌が好きで好きでしょうがない、そんな仲間たちと
音数の少ない隙間だらけのシンプルな音を創れたらな。
言葉を大切にして、呼吸を合わせて、楽しみながら!

 ジャック•ジョンソンのバンドのベーシストは
カッコいいな。そして少し後ろにベン•ハーパーがいる。
こんな素敵な仲間がいたら楽しいだろうな。
確実にキープする安定感のあるベース、隙間隙間に光る
ベンのシンプルなリフ。思わず唄いだしでニヤつくジャックの
気持ちがとってもわかるんだな。

 機材を古いシボレーに積み込み、風をきって走りたい。
パンとコーラを買い込んで、次の街まで。
そんな旅がしたいな。ジプシーのように!

 それにしてもベン•ハーパーのラップスティールはすばらしいな。
んー、すごくカッコいい !
そしてジャックのジーンズのオーバーサイズと腰履きがカッコいい!
MATONのドレットノートがまたカッコいい!
要するに全部カッコいいのだ!
はは!
 


スポンサーサイト
頭いかれちまった
ちょっとHOBO
頭がいっちゃったみたいです。
脳の入れ替えかオーバーホールが必要と、Dr。

しかし僕は知っている。
そんなじゃない、原因は他にあることを。
強烈なマイナスを受け過ぎて、HOBO、疲れました。
桁外れのマイナス発想は僕の頭の上から降ってくる。
しかし、そんなものがあるから戒めの歌が生まれるのか!

大嫌いなやつがいる。
そんな環境を良しとするか?
HOBO、頭、完全にいってます。


健康マニア
 今日は久々の休みだったので、行きつけのカイロに
行ってきましたよ。1時間のうち45分は骨の周りの筋肉をほぐし
ます、そして最後の15分は先生といわれる怪しいひとが現れ、
ボキンボキンとやられるのです。
「あー、これはひどい!全部くるってる。これじゃあ疲れが
ぬけないわけだ!」などといってまたボキンボキン。
首なんか折れてとれてしまうのではと不安になるが、なぜかファン
になる、まったく怪しい先生だ。

 健康には気をつけましょうね、みなさん!
それにしても、すすきののなんとかっていうラーメン屋の「溜まり醤油」
を使ったラーメンは絶品だな。健康マニア志望のHOBOとしては
命取りともいえる作品を口にしてしまった。はげちゃびんAICだかが
「8」のHOBOは後悔したがすでに遅し、夜はさすがに魚と野菜を
チョイスしたのです。
 好きなことをしたいなら、まず健康ですよ、みなさん!
健康なくして自由はない。そうなんですよ、しかし、長沼のジンギスカン
は美味いのです。

 ずっと歌を唄っていたいなら、健康第一!青汁飲んで歌を唄おう!
有酸素運動だといって自転車で会社までいくのは素晴らしい。しかし、
帰りがタクシーなら何もならんのです。
 サウナで汗を流すんだといってスポーツクラブに入会したのは
素晴らしい。しかし、サウナで30分頑張ってビールを2本飲んだら
何にもならんのです。スポーツクラブは一度しか行かなかったし。
HOBOは意志が弱っちょいのです。
 ミュージシャンは貯金はしてはいけないのです。HOBO、
それだけは守ってます。さようなら。

 健康マニア、HOBO。
死んだら駄目だ!
加藤和彦が死んだ。
死んだら駄目だ。
駄目だと思うな。

んー。



もうすぐだから
 窓をすこし開けると、すぅーっと冷たい風が入ってきた。
「今年の冬は寒くなるね」と母が言う。灯油が高いから去年は10月
いっぱいストーブをつけずに我慢したけど、今年はついに今日、スト
ーブに火をいれた。「やっぱり温かいね」と母が嬉しそうに笑った。
 ぼくは、あと何回このストーブに火をいれ、あと何回母が笑うのか
なと考えた。ふたりで笑いながらストーブを囲み、灯油の値について
愚痴ているうちはまだいい。もしもぼくがひとりになったら、無精な
ぼくのことだ、ステンレスのストーブの上にはおそらくホコリがかぶ
り、味気ない発火作業をするのかなと思うと、なんと切ない。

 今年2月にガンの手術をした母の経過はすこぶる良いようで、右側
のおっぱいが無い母はバランスの悪さをいつも嘆いている。寒くなる
と傷口が痛むと言い、可哀相だと思うがぼくにはどうしてあげること
もできない。
 ぼくがまだ小学生のころ、歯が痛くて夜中に騒いだことがあった。
歯を磨いても正露丸をつめても痛みは増すばかりで頭のてっぺんまで
ズキズキ痛んだ。ひどい歯痛だった。母は上っ張りをひっかけて、車
で隣町まで薬を買いに行ってくれたのだ。ぼくの町には薬局がなく、
40キロ離れた隣町まで車で薬を買いに行ってくれた母。真夜中に薬
局のシャッターをたたき、やっとの思いで母は薬を手にいれた。しば
れる2月の夜に、ほっぺたを真っ赤にして帰ってきた母は、水ではな
くてぬるま湯でその薬をぼくに飲ませてくれた。
 40年も前の出来事だ。その夜もストーブがしゅんしゅん鳴ってい
た。母はぼくの肩に毛布をかけてくれ、「もうすぐ痛みはとまるから、
すぐだから」と笑った。


 母はずいぶん小さくなった。この老いた背に、ぼくは育てられたの
だ。ガンの傷が痛いという母に、ぼくはこう言ってあげたい。
「もうすぐ痛みはとまるから、もうすぐだから」
 水ではなくぬるま湯にぼくの願いを混ぜて、母に飲ませてあげよう
と思う。


自由って。
 なにになりたいかと訊かれたら、ぼくは「自分になりたい」と答える
だろうな、きっと。むかしはトッポジージョになりたかったし、タイガ
ーマスクになりたいと思ったこともあった。やりたいことをやればいい
とみんな簡単に言うが、本当にやりたいことを、また、やりたかった仕
事に就いているひとなんかいるのかなと思ったりする。
 内申点をとらなければランクが上がらない。だから点数をとるための
勉強をする。将来勝ち組に入るために遊ぶ時間もけずって勉強勉強、寝
不足の中学生。本当にこれでいいのかなと思う。反面、子供は大らかに
、勉強がすべてではないと豪語する一見ものわかりのいい親たちのほと
んどが、点数が落ちてきてからあせって塾や家庭教師をさがしたりして
。自学の習慣づけができていないのでますます自分でできない何でもひ
とを当てにする自立できない子供にしてしまい、典型的な無計画銭失い
状態にはまりこむ。どっちもどっちだが子は親を選べない、だから親の
考え方が子の人生を決めるのだと言える。子供の人生は子供の人生だか
ら子供の好きなようにさせる、でも好きなことをやるには学歴が必要だ
と宣告されたら、しかたないから勉強しようという、そんなライフにな
ってもしょうがないのかなと思いながらHOBO、子供たちの親と今日も
戦い続けるのだ。
 子供はもともと夢見るドラえもんで、最初からやる気のない子供なん
かいないのだ。ぼくが言いたいのは「現実」を目の当たりにすると、人
間デカイことを言わなくなって行く。いつまでもデカイことを言うから
子供であり、自信を失い、デカイことを言えないどころか何に対しても
消極的で、口数の少ないなで肩の子供なんか子供とは言えないな。ここ
でいう「現実」とは「点数」のことで、いつまでもデカイことを言って
のける夢のある子供にしたいなら、まず、親が夢のある生活をすること
、そして、大らかにデカイ心を育てたいなら、小さな頃から「自学」
習慣づけだけはさぼらないでほしい!1日30分でいいから!


 最近とくに思うがぼくは自由になりたいと空ばかり眺めている。とい
うことは自由ではないということになるな。先日、ある街の小学校の教
頭をしている古い友達に会った。坊さんをやっている友達もいる。それ
ぞれがそれぞれのライフスタイルのなかで、それぞれの悩みを抱きなが
ら生きているのかなと思うとなんか目頭が熱くなってしまった。おでん
をつまみながら笑う彼らの眼は、少年のころと何も変わらない。ぼくは
彼らの眼をまっすぐ見られる心を持っているのかと自身に問うた。
 自由になりたい。ぼくはぼくになりたいと思う。自分の書いた詩に自
分で曲をつけ、自分で演奏して自分で唄う。こんな自由ってほかにある
だろうか!ぼくはそれができ、それに賛同しともに生きる友がいる。や
りたい仕事に就くことが幸せなのか、不自由と感じる中から生まれる自
由が尊いのか、それは究極の選択だ。

 ぼくは恵まれている。自分の歌たちに囲まれて。
究極の選択を横目で見ながらぼくはこれからネクタイをしめて仕事にい
くところ。カーステレオから流れるぼくの「自由」に、ぼくの「自由」
に、ありがとう!

OLD SONG
22歳の時に書いた作品です。
声が若いというか未熟というかお恥ずかしい!
こんなHOBOもありでしょうかね?
演奏、歌、全部当時のままです。
古いカセットテープからakkiが復活させてくれました!





MY HOME TOWN
  詞•曲•歌 Mr.HOBO


仕事が終わりベルが鳴ると
あの娘の待ってる店へ行くのさ
作業着のポケットにしまい込んだ愚痴たちを
今夜あの娘の前で一つずつ消していくんだ
あの娘の笑顔で

オイラの働く小さな工場は
街のはずれの川のふちにある
ここではオイラも動く機械のネジさ
社長の顔色を気にしながら生きてる
貧しい心で

このままじゃイミテーションの指輪も買えない
ささやかな夢さえ押しつぶされる場所さ ここは

I'm going out of my mind
いつかここからきっと
I'm going out of my mind
さよならだね my home town



あの娘はオイラの夢の叶う日を
自分のことのように待ち続ける
だからボス!オイラはそこにはもう戻らないよ
あんたの子分どもにヨロシクと伝えてくれ
貧しい心で

このままじゃイミテーションの指輪も買えない
ささやかな夢さえ押しつぶされる場所さ ここは

I'm going out of my mind
いつかここからきっと
I'm going out of my mind
さよならだね my home town

このままじゃイミテーションの指輪も買えない
ささやかな夢さえ押しつぶされる場所さ ここは

I'm going out of my mind
いつかここからきっと
I'm going out of my mind
さよならだね my home town

さよならだね my home town

さよならだね my home town

さよならだね my home town






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。