Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 声は歳をとるのだろうか?
とると思う。
なんでそんな老けてるの?と思うほど年寄りのような声。
いつまでも少年のように張りのある声。
いろいろ。
 どんなんだろうね、声って。
内面、心のあり方、気の持ち方、などが声を作るような、
じゃないか。んー。
歳をとると声も出なくなるし、なんか歌も下手になるような
そんな歌手が多いように思うのですがどうでしょう?
どうしても全盛期に比べると声が、とか、よく言うもんね。
全盛時ってなんだろうね。いちばん良かった時期?
 ぼくは、今が全盛期で、明日はもっと全盛期。笑
声も歌も、内容も技術も、実は今がいちばんだと思ってるし、
っていうかそうありたいと思ってるというか、そのー。

 たぶんね、内側のありかた、これが重要で、気の若い老人は声も
若い。なんたっけ、麻生さんと一緒に総裁選に出た人、なんたっけ、
地味な声出す人、んー、イライラするぐらい地味な声でしゃべる人さ、
なんたっけ?迫力ないもんな。あれじゃ駄目だ。
 Jackson Browneだって凄いよね。上手いし。初期のアルバムの
声と何も変わらない、というか、今のほうが素敵だ。
おそらくジョンが生きていたら、やっぱりそうなんだろうなと
思うし。
 おじいさんになっても唄っていたいな。
 GIBSONを抱いて、ブルースを。
あくたれついて、捕まらないスレスレの楽しいことして!
イエー!
 
 おやすみなさい。
 ここは函館、湯の川でした。
 HOBO。
スポンサーサイト
がんばれ!今どきの若いモン
 北の国は寒くてね、厳しいね。
きのうガソリンスタンドに行った時の話なんだけどさ、
今どきの兄ちゃんと今どきの姉ちゃん、そして今どきの
オジさんと、雑談を打ち切って、
「いらっしゃいませ」と、覇気ののない声。
 街で見かける今どきの若いモンはやっぱり今日も
今どきの若いモンで、「やっぱりか」とあきらめのHOBO。
給油口にノズルを突っ込んで、ポケットに手を突っ込んで、
ぶるぶる震え「今どき君」。
 
 気がきかない、口のきき方も知らない、無関心、だらしない、
今どきの若いモンの印象はこんなだと思う。世の中どうなんだ!
日本の未来は?なんて嘆いたりして。
 だけどね、まんざらでもないなと思ったンダ。このスタンドで。
寒そうにぶるぶる震えて満タンになるのを待っている「今どき君」に
HOBOは声をかけたんだ。
「ガソリン安くなったね、いやー、寒いのに頑張るね」と。
この一言で「今どき君」ぱーっと人なつこい顔に。さっきまでの無関心を
どっかに捨てて、タイヤの空気圧がどうなの、ウォッシャー液がどうなの、
ゴミ捨てますか、だの。かえる時は嫌味と思えるぐらい深く頭をさげ、
手まで振ったりして。
 HOBO思うに、やっぱり、接し方なのかなと。なにげに無意識にかけた
言葉なのに、とても感じのよろしい「今どき君」。時代がどうだとか、
だれが悪いとか、そんなんじゃなくて、「こころ」は同じよ。
思い思われいつの時代も、その時の若いモンが「今どき君」で、
HOBOもじつは昭和の「今どき君」の代表で。なんか思ったさ、
バックミラーを見るといつまでも頭を下げる「今どき君」。
「頑張れ!」って。

 なあ?HOBO、大丈夫か?
今どきのオヤジに成り下がってんじゃねぇだろうな、おい!


早く君に届けたい
DSCN0334_convert_20081204153543.jpg
 

どうも集中できなくてイライラしてるから
いい曲なんてできるわけがない。困ったもんだ。
録音機材と楽器のみの部屋がほしい。そして時間と。

 JACKSON BROWNEの「時の征者」というアルバムを聴いたが、
やられました。かれの誠実さが伝わる絶品だと思う。乾いた音が
素晴らしく、特にギターは文句のつけようがない。しかし、
このアルバムがいいという人はそうとう変わった奴で、偏屈、
んー、酒が飲みたいな、そういう奴とは。
 デヴィッド.リンドレーとの「レイト.フォー.ザ.スカイ」が
ボーナストラックで入っているが、素晴らしいな。
ラップスティールではなくアコースティックギターを弾くデヴィッド。
テレキャスターではないと思うが . . . . .
本編のアレンジもシンプルで、海沿いの道を走る車の中で聴くと
ぴったりかなと思った。
 ザクザクと贅沢にひいたコーヒーの豆をたっぷり使い、ちまちま
おとさず、ザクっと。そんなイサギ良いイメージだ。

 15曲ぐらい楽曲がたまったらアルバムを制作し、そのための
ライヴをやろうと思っている。高いところを目指す僕にとって
JACKSON BROWNEのこの作品は充分、精力剤となるもの。
僕はもう、ディランではなく彼の色に染まろうとしている。
しかし、単に憧れでは終わるはずがなく、HOBOの世界を早くお届け
したいものだ。

These Days - Live 2006

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。