Mr.HOBO
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツの恋人
ぼくは車が好きだ
かたちの変わらない
古い車
新しいものは好きじゃない
古くなるから
だから 
ぼくは古いものが
いちばん
新しいと思っている
1966型
6ボルトの
フォルクスワーゲン
なんと頼もしい
我が良き友よ
いつも
おだてながら
キーをまわす
悪いもんじゃない

壊れたら
直して使う
ものは
直しながら
つき合うものだ
また
良いものほど
修理がきく
モデルチェンジを
頻繁に繰り返す
MADE IN JAPANは
ろくなもんじゃない

それにしても
ドイツ人の考えるものは
本当に
よくできていると思う
ライカにしても
ぼくのフォルクスワーゲンにしても
無駄がなく
シンプルで
飽きがこない
そして
なにより美しい!
もともと
道具というものは
伝統の名のもとに
語り継がれて行くべきもの
「道具」とは
単に
「物」ではなく
魂を入れることのできる
人生の伴侶だからだ

雪がとけたら
この愛らしい恋人と
ラベンダーの咲く
あの丘まで
旅でもしようか

思っている


HOBO
スポンサーサイト
 こんな映像魅せられたら、
バンドやりてぇ~!
ロン•ウッドのギターも、キースのゆるい感じも最高!
あ~!バンドやりてぇ~!
バンドメンバー募集するけん。
だれか一緒にやろうよ!ずっと。死ぬまでさ!

馬車馬のごとく。
さあ!連休も終わり、今日からまた馬車馬のように
働くのかなと思うとイヤになりますね。おれはずっとこのまま
できれば休んでいたい。もっと本も読みたいし、ギターも
弾きたい。

 無理。

 しゃあないなぁ。
しょぼくれて仕事にいくHOBOでした。
また、ぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いしま~っす。
あ~あ。



HOBO
お知らせザス!
HOBO、入院することになりました。
とりあえず検査入院で、年明け、バサっといきそうです。
不摂生がたたり、後悔しても遅いって感じ。
更新はして行きますので、とりあえず。
って感じ。


HOBO
君の予備はない
 Jackson Browneの
「ソロ.アコースティック第1集」「ソロ.アコースティック第2集」を
みなさん、聞いたことがあるだろうか?
もともと「レイト.フォー.ザ.スカイ」とか「プリテンダー」
「孤独なランナー」のころからのファン、って言うか、
アイドルである彼のこの2枚のアルバム、最高ですね。最高!

「ピアノ弾き」というイメージの彼だが、彼の弾くギターは
本当に素晴らしい!普通の音、普通の弾き方、唄い方。
実に奥深い。テクニシャンとは思わないが、彼のギターの弾き方は
まるでピアノのそれで、ベースの入れ方が独特、こんな弾き方、
彼しかできないなと思うな。
 ギターを弾くひとなら解ると思うが、弾き過ぎない彼のプレイスタイル
は、ニールヤングと並び、んー、実にいい!
ノラ.ジョーンズや彼女のバンドの連中を見ても、弾き過ぎないもの。
「間」というか、「呼吸の確認」というか、
凄いひとは、多くを語らないし、控えめだ。


350.jpg


 古いGibsonを好むJackson Browneは同じギターを何本も持つという。
本当に好きなモノがあると、なくなったらイヤだから予備がほしいんだって。
実は、僕もそうで、Gibson J-45だけでも8本も持っている。
FURCHも4本、MartinだってOMだけで3本もある。
困ったもンダと思ってる。
 カメラに凝ったらカメラ。バイクに時計。浅く広くじゃないんだな。
深くて広いから手におえない。
彼女は、今度は「なに屋」を始めるの?と訊く。
「訊く」というのは「問いただす」という意味らしいが、
その通り、問いただされる日々。べつに物欲が強いとは思わないが
んー、Jackson Browneの記事を読んで、気持ちは良く理解できると。

 モノ選びのセンス、これは重要だ。
人はモノじゃないが、友達や恋人を選ぶのも、同じことだと思う。
Jackson Browneのアルバムを聴いて、言葉にふれて、そのセンスの
良さに脱帽する。シンプル。実に素晴らしい!
 彼がどんな男なのか知らないが、彼の着る白いシャツはおそらく
洗剤の匂いがかすかにするだろうし、彼のはくヴィンテージジーンズは、
いつも洗いざらしで、インディゴの藍の隙間に吹く風は限りなく透明に近い
んだろうな、と。

 君が居なくなったら、どうしようかな?
君の予備はないからね。
僕の周りにある増え過ぎたモノを眺め、君はあきらめたように笑う。

 そう、君の予備はない。
「困ったなぁ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。